Home / Apple / Mac / Macのディスクユーティリティーを使用してディスクの修復をする手順

Macのディスクユーティリティーを使用してディスクの修復をする手順

Mac ディスクユーティリティー 修復する手順

今回は、Macのディスクユーティリティーを使用してディスクの修復をする手順について紹介いたします。

Macでは、ディスクユーティリティーを使って簡単にディスクを修復することができます。

検証や修復する場合も本当に簡単な作業でおこなうことができますので、いままでディスクの検証や修復をおこなったことがない方、また、ディスクユーティリティーの存在自体を始めて知った方は、それらの手順方法などを紹介していますので、ぜひ、お時間ある際にでもご覧ください。

Macのディスクユーティリティーを使用してディスクの修復をする手順

ディスクユーティリティーとは

ディスクユーティリティーはディスクイメージを作成したり、作成したディスクイメージにファイルをバックアップができる機能です。

ハードディスク・ドライブなどの初期化をおこなったり、パーティションの区分管理やUSBメモリなどの初期化もおこなうことができます。

ディスクに修復が必要なエラーが生じていないかを検証し、問題が発生している場合には修復作業をしてもらうことができますので、アプリケーションが突然シャットダウンしたり、ファイルが破損してトラブルが発生している場合などは、ディスクユーティリティーをまず使用してみるのがおすすめです。

ディスクユーティリティーを開く手順

Macでディスクユーティリティを開く手順は次の通りです。

  • Spotlight検索を表示
  • diskと入力
  • 表示される「ディスクユーティリティ」を選択

また、既にファイル破損でMacが正常に起動できない状態にある場合は、下記の手順で開くことも可能です。

  • Macの電源を入れる
  • 直後に「command」+「R」キーを長押し
  • MacOSの復旧ユーティリティー画面が表示
  • 「ディスクユーティリティ」を選択

ディスクユーティリティーを使用してディスクの修復をする手順

ディスクユーティリティーを使用し、ディスクを修復する方法について紹介していきます。

ディスクユーティリティーで破損ファイル等を修復するためには、まずディスクの「検証」が必要になります。

検証作業は次の順番で行い、問題が検知されたら修復作業を行うようにしてください。

  • ディスクにマウントされているボリューム
  • ディスクのコンテナ
  • ディスク本体

検証作業は各対象を選択して「First Aid」ボタンを選択すれば開始されます。

ディスクに問題がある場合は検証後に問題が表示されますのでこのタイミングで「ディスク修復」を選択してください。

特にディスクから問題が検出されなかったり、ディスクが修復された旨の表示がされれば、ディスクの修復は無事に完了です。

ディスクの修復に失敗した場合

もし、万が一ディスクを修復できなかったり、もしくは「基になるタスクが失敗したことが報告されました」というエラーになった場合は、ディスクかパーティションをもう1度修復してみる必要があります。

スムーズに修復ができないときは、可能な限り多くのでデータのバックアップをし、ディスクをもう1度フォーマットをして、OSを再インストールしてバックアップデータを復元することが必要になります。

また、「エクステントアロケーションが重複しています」というエラーが報告された際は、複数のファイルのうち1つ以上が破損している可能性があるということです。この場合はリストが表示されますが、そのリストのファイルのエイリアスが、ディスクの「DamagedeFiles」のフォルダにありますので、ファイルをもし置き換えすることができる場合は、そのファイルを削除するようにしましょう。

また、削除できないような必要情報などがファイルに入っているときは、1度ファイルを開いて、データが破損していないかを確認します。

FusionDraiveのデータを失くさないようにするために、バージョンが10.8.5より以前のバージョンの場合は、Macに接続しないようにしないといけませんのでご注意ください。

ディスクユーティリティーでDVDをコピーする場合の手順

1 2

Check Also

Appleの純正ルーターAirMacExtremeとは

生産終了が惜しまれるAppleの純正ルーターAirMacExtremeとは

AirMac Extremeは …

Facebookでのご購読が便利です。