Home / ネットワーク・IT / Wi-fi / 快適な生活には不可欠!自宅でWiFiを使う方法4選

快適な生活には不可欠!自宅でWiFiを使う方法4選

ソフトバンクエアーやauのSpeed WiFi HOMEなど、コンセントにつなぐだけで利用できるWiFiもあります。このタイプであれば、インターネット回線の工事も必要なく、製品が自宅に届いたその日からインターネットの利用ができます。

選び方

コンセントにつなぐだけで使えるWiFiは、別途ソフトバンクやauとプランの契約が必要ですので、月額料金が発生します。提供元によって価格が異なるため、極力負担の軽いものを選ぶのも1つの方法です。

また、住んでいる地域によって電波の強さが異なるため、事前に電波が入りやすいかを確認するようにしましょう。

メリット

メリットは、何と言っても手軽さです。工事不要で難しい設定もなく、コンセントにつなげるだけで高速でインターネットアクセスが可能になります。仮に引越しても、またコンセントにつなげばすぐに利用できるなど、利便性が高い製品です。

デメリット

デメリットとしては毎月の利用料金が安くはないこと、そしてモバイルWiFiのように外出先で利用できないことです。プランにもよりますが、毎月4,000〜5,000円程度の料金がかかってしまうため、人によっては大きな負担になってしまいます。

インターネット回線 + WiFiルーター

自宅にインターネット回線がない場合は、インターネット回線を引けば、設置型のWiFiルーターを使うことができます。

選び方

固定回線はフレッツや光など、さまざまな種類がありますので、エリアや料金体系を確認して選ぶようにしましょう。自宅に固定回線を引く場合は工事が必要になり、工事が実施されるまでに1ヶ月程度待たなければならないこともあるため注意が必要です。

そして、WiFiルーターも通信速度や同時接続台数、料金などが異なります。自宅の規模・通信エリア(電波が入りやすいか)、料金によって合ったものを選びましょう。

メリット

インターネット回線を引きWiFiルーターを利用することで、自宅内では快適なインターネット利用が可能になります。また、同時に契約をすることで料金が割引になるキャンペーンを実施している場合もあるため、割引を受けられる可能性もあります。

デメリット

デメリットはコストがかかる点と、自宅でしか利用できない点です。インターネット回線を引くための工事費用や毎月の利用料金、WiFiルーター費用など、ある程度のコストがかかってきます。

また、自宅では高速でインターネットが利用できるかもしれませんが、外出先ではモバイルデータを使うか、公衆WiFiのあるところでしかインターネット利用ができません。

まとめ

既に自宅にインターネット回線がある場合は、WiFiルーターを用意すればインターネット回線を活用することができます。

インターネット回線がない場合は、モバイルWiFiやコンセントにつなぐだけのWiFiで快適なインターネット利用が可能です。また、インターネット回線を引いてWiFiルーターを使うこともできます。

どの方法でも、自宅では高速インターネットが利用できますので、動画や音楽、ゲームなど、快適なインターネット生活を送れます。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

SQLサーバーの種類と役割、代表的な製品の特徴

SQLサーバーの種類と役割、代表的な製品の特徴

SQLサーバーをご存知ですか。 …

Facebookでのご購読が便利です。