Home / Apple / iPhone / iPhoneユーザーなら試してみたい裏技10選

iPhoneユーザーなら試してみたい裏技10選

iPhoneの標準カレンダー表示を西暦から和暦にすることができます。設定変更方法は次の通りです。設定アプリから、一般を開きます。次に、「言語と地域」を選択し、カレンダーを選び、「和暦」にチェックを入れます。これにより、カレンダーの表示が和暦になり、メモや写真、メールアプリも日付表示がすべて和暦に変わります。和暦になるだけで雰囲気が大きく変わりますので、気分転換にもおすすめです。

iPhoneを持ち上げるだけでスリーブ状態を解除する方法

iOS10〜iPhoneを持ち上げるだけで、スリーブ状態を簡単に解除することができます。設定方法は、設定アプリから「画面表示と明るさ」を選択し、「手前に傾けてスリーブ解除」をオン設定にすれば完了です。iPhone6以前の機種では使えず、iPhone6s以降の機種で使えます。iPhoneを持ち上げるだけでスリーブ状態を解除できますので、すぐに操作することができるようになります。

カメラのシャッター音を無音化する方法

iOS10のカメラのシャッター音を無音化することができます。設定方法は、設定アプリより一般を選択し、「アクセシビリティ」を開きます。「アクセシビリティ」画面が表示されたら、「Assistive Touch」を開き、「最上位メニューをカスタマイズ」を選択します。選択すると複数のアイコンが表示されている画面になりますので、画面下の「◯個のアイコン」の「−」をタップし、「カスタム」アイコン1個のみにします。

「カスタム」アイコンをタップし「消音」を選択し、ホーム画面で 「Assistive Touch」を押せば画面に「消音」と表示され、カメラで撮影してもシャッター音が無音となります。ボリュームボタンを触ると、元のシャッター音に戻ります。

ロック画面から緊急電話をかける方法

大きな裏技ではないですが、必ず知っておいた方が良い方法です。パスワードを解除することができないiPhoneでもロック画面でパスコード入力画面を表示させ、画面左下の「緊急」をタップすることで、110番(警察)や119番(消防・救急)などに緊急電話をかけることができます。また、メディカルIDも確認することができます。緊急時には自分のiPhoneだけでなく、人のiPhoneからも緊急電話をかけることができます。

パスコードを4桁に戻す方法

iOS9以降パスコードが6桁になりましたが、4桁に戻すこともできます。設定方法は、設定アプリから「TouchIDとパスコード」を開き、「パスコードを変更」を選択します。古いパスコードを入力した後の、新しいパスコードの入力画面で、「パスコードオプション」をタップします。

タップすると、メニューが表示されますので「4桁の数字コード」を選択すると、4桁のパスコードに変更することができます。「4桁の数字コード」ではなく、「カスタムの数字コード」を選択すれば、1桁や2桁のパスコードに設定することもできます。

まとめ

今回、iPhoneユーザーなら試してみたい裏技10選について紹介いたしました。どの裏技も簡単に覚えることができ、iPhoneをより便利にしてくれるものばかりです。iPhoneには、たくさんの裏技が存在しますので、多くの技を知り、興味のあるものはどんどん使っていきましょう!そうすることで、より快適に楽しくiPhoneを使っていくことができますし、技によっては大きく時間を短縮してくれる可能性もあります。iPhoneの気になる裏技があれば、ぜひ、使ってみてください!

1 2

Check Also

iPhoneで撮影した写真をパソコンに転送する方法

iPhoneで撮影した写真をパソコンと共有・転送する方法

Appleが販売するiPhon …