Home / Apple / iPhone / iPhoneの初期化方法と注意点

iPhoneの初期化方法と注意点

iPhoneの初期化方法と注意点

今回は、iPhoneの初期化方法と注意点について紹介いたします。iPhoneがうまく作動しない場合や故障のような状態のときはiPhoneを初期化することで状態が改善される場合があります。また、iPhoneを人に譲ったり売却する場合は、自分だけでなくアドレス帳の個人情報の漏洩等を防ぐためにもiPhoneを初期化は必要です。

本記事では、iPhoneを初期化する方法と、初期化する際に必ずおこなっておかなければいけない注意事項について解説いたします。iPhoneを初期化予定の方は、必ずご確認ください。

iPhoneを初期化するとなにがおこるのか

「初期化=工場出荷時の状態」をいいます。初期化をすると、今までにカスタマイズしてきた設定や、保存していた画像や音楽、後から購入したアプリ、全てが消去されてしまいます。 

なお、iPhoneのiOSのバージョンは初期化しても変わりません。

iPhoneを初期化をする状況

iPhoneの動作が不安定になってきたり、電源がよく落ちる、といった状況になっていたら、初期化をすることで解消される場合があります。

また、iPhoneの買替で、今まで使用してきたiPhoneを人に売る・譲る場合にも初期化は必要です。iPhoneには多くの個人情報が蓄積されています。安全な下取り先に出す場合を除いて、必ず初期化をするようにしましょう。

iPhoneを初期化する前に必ずおこなっておくべき注意事項


ここでは、iPhoneを初期化する前に必ずやっておくべきことについて紹介しています。何もせずにiPhoneを初期化してしまうとiPhoneのデータなどが消去されてしまい、とても困ってしまいます。

不安定な動作を解消するために初期化をおこなうのであれば、必ず以下のことをおこなったうえでiPhoneを初期化するようにしましょう。

iPhoneのバックアップを取っておく(iCloud・iTunes)

25e81d3e68153373b5ef95d9f379a872_s
iPhoneを初期化することでiPhoneのデータが消去されてしまいます。iPhoneを初期化する際には必ず事前にバックアップを取るようにしましょう。iPhoneのバックアップを取る方法は2つあり、iCloudを用いた方法とiTunesを用いた方法です。

iCloudを利用したバックアップは自動でできるなど非常に簡単に実行できますが、すべてのiPhoneのデータをバックアップすることはできません。一方、iTunesで行うバックアップについては、時間はかかりますが、ほぼすべてのiPhoneのデータをバックアップで取得することができ、復元した時に元の状態に戻すことができます。

それぞれのバックアップの方法について詳しく見ていきましょう。

iCloudを用いてiPhoneのバックアップを取得する方法(パソコン不要)

8b697a9aac2f22374c708c1c820510ed_s
iCloudを用いてiPhoneのバックアップを取る方法は次の通りです。まず、iPhoneをwi-fiネットワークに接続しましょう。

wi-fiネットワークに接続しないとiCloudでバックアップを取ることはできません。また、iCloudでバックアップを取る場合は無料で保存できる容量が5GBまでとなっており、それ以上の容量が必要な場合は、iCloudを有料でアップグレードする必要がありますので、注意しましょう。

wi-fiネットワークに接続した後は、設定アイコンからiCloudを開きます。iCloudのメニュー一覧の中から、「バックアップ」を選択します。バックアップ画面になりますので、「iCloudバックアップ」をオン設定にし、「今すぐバックアップを作成」を選択します。

「今すぐバックアップ」を選択した後に、「iCloudストレージに十分な空き容量がないため、このiPhoneのバックアップは作成できません」と表示された場合は、iCloudの空き容量が少ないか、バックアップデータが5GBを超えている場合ですので、バックアップデータを少なくするかiCloudのアップグレードをおこないましょう。

容量に問題がない場合は、すぐにバックアップが作成されます。バックアップを取るデータを選択したい場合は、「iCloud」の画面で写真やメール、連絡先などバックアップを取るかどうかを選択することができます。

もし、iCloudの容量を増やすべくアップグレードをしたい場合は、「ストレージを管理」の画面でiPhoneを選択します。「容量」の画面になりますので「さらに容量を購入」を選択します。iCloudのアップグレードメニューが表示されますので、購入したいものを選択し画面右上の「購入」を選択するとアップグレードできます。

iTunesを用いてiPhoneのバックアップを取得する方法(パソコン使用)

e2bab8c7a4953e1f22240ad3a2ed66a3_s
次にiTunesを使ってiPhoneのバックアップを取る方法です。PCにあらかじめ「iTunes公式ページ」からソフトをインストールしておきましょう。iTunesをインストールしたら、ソフトを起動し、ケーブルを使用してパソコンにiPhoneを接続します。接続が完了すると、パソコンの画面にiPhoneのマークが表示されるので、クリックしてiPhoneを開きます。

iPhone側のメニューになったら、「バックアップ」項目の「このコンピューター」を選択し、「ローカルバックアップを暗号化」にもチェックをいれておきましょう。初めてバックアップを利用する時にはパスワードを求められます。データを戻す時に必要になりますので忘れずメモしておきましょう。

「今すぐバックアップ」をクリックします。すると、すぐにバックアップが作成され、画面上部にAppleロゴマークが表示されれば、iPhoneのバックアップ作成が完了です。

バックアップしたデータを確認したい場合は、パソコン画面左上のメニューアイコンをクリックし、設定を開きます。設定画面の中の「デバイス」アイコンを開き、「デバイスのバックアップ」欄でバックアップ内容を確認することができます。iCloudでもiTunesでもiPhoneのバックアップを取ることができますので、やりやすい方法でおこないましょう。iCloudの場合はアプリがバックアップされませんので、注意が必要です。

 

iPadの場合はIMEI情報を取得する

cf669731d6d0407dc52feb81d4575434_s
iPadを初期化する場合には、初期化後にiPadのシリアル番号であるIMEI(製造番号)を求められることがあります。そのため、初期化をする前に端末のIMEIをメモしておくようにしましょう。IMEIは下記の順で確認することができます。

・「設定」→「一般」→「情報」→「IMEI」

上記をメモに保存しておく、要求した時に入力できるようにしておきましょう。

iPhoneを探すをオフにする

1 2

Check Also

iPhoneの万歩計機能の活用

ヘルスケアに利用しょう!iPhoneの万歩計(歩数計)機能の活用方法

健康のためにウォーキングを始め …

Facebookでのご購読が便利です。