Home / Apple / iPhone / iPhoneと相性抜群のマイク付きイヤホンのおすすめ商品

iPhoneと相性抜群のマイク付きイヤホンのおすすめ商品

iPhoneと相性抜群のマイク付きイヤホン

テレワークが増え、オンライン会議やオンライン飲み会の時、デバイスにマイクとスピーカーもしくはイヤホンが必要となります。ノートパソコンであればマイクもスピーカーもついている場合が多いと思います。もし外出中に手持ちのiPhoneで、会議や、取引先に通話をしなければならなくなった時に、あなたのiPhoneではどんなアクセサリーを使用していますでしょうか?

今回は、iPhoneと相性抜群のマイク付きイヤホンのおすすめ商品について紹介いたします。Apple純正のマイク付イヤホンも便利ですが、他メーカーのイヤホンも非常に高性能でありながら、カッコよく、iPhoneとの相性もピッタリなものがたくさん販売されています。

おすすめのイヤホンを紹介していますので、これから、マイク付イヤホンを検討している方は、ぜひ、ご覧ください。

マイク付きイヤホンの使い方

普段、iPhoneで通話をする時には、本体を持って話しますが、マイク付きイヤホンを使えばハンズフリーで通話することができます。

プライベートであれば話しながらランニングやストレッチができますし、ビジネスであれば相手の声を漏らすことなく歩きながらでも会話をすることができます。

マイク付きイヤホンの種類

マイク付きイヤホンには、接続方法や、イヤホンのタイプ、操作方法など、いろいろな種類があるので、ご自身の使用用途を想像して検討してみましょう。

接続方法で選ぶ

iPhoneではiPhone7以降イヤホンジャックがなくなってしまっているため、有線接続であれば「Lightning」「USB Type-C」での接続となります。現在の主流は無線接続となる「Bluetooth」タイプになってきています。

ワイヤレスは充電が必要ですがコードが無い分スッキリと使うことができます。音質については、ワイヤレスも進化していますが、有線接続の方が音の劣化が少ないため高音質を希望するのであれば優先も検討してみましょう。

装着方法で選ぶ

耳の奥までしっかり密閉するため遮音性の高い「カナル型」、耳穴にかぶせるように装着するので軽い着け心地の「インナーイヤー型」、耳にひっかけて安定される「耳かけ型」があります。ワイヤレスには、左右が独立した「完全ワイヤレス型」、落とすことが不安な方向けの「ネックバンド型」もあります。

両耳がふさがる心配のある方には「片耳型」もあるので、試してみるのもよいでしょう。

機能で選ぶ

まわりのノイズを減らしてくれる「ノイズキャンセリング機能」、スポーツ使用で安心の「防水機能」、より高音質を楽しみたい「ハイレゾ対応」などがあります。

「マイク付き」も機能のひとつです。マイク付きイヤホンの購入であれば、マイクが付属しているかどうか、しっかりと確認して購入しましょう。

マイク付きイヤホンのおすすめ商品紹介

OL
マイク付イヤホンの中でも特におすすめの商品を紹介していきます。

Beats by Dr.Dre

AppleStoreでも販売されている大人気のメーカー Beats by Dr.Dre(ビーツ バイ ドクタードレー)。Apple製品と同じく、品質の良さとデザイン性の高さから、多くの音楽好きから絶大な支持を受けるブランドです。

2006年創業で、商品開発には、アーティストも参加しており、音質も非常にクリアで精細なサウンドを体感することができます。音漏れも防ぎながら、高音質を実現しています。2014年にAppleの子会社となったことから、iPhoneシリーズにより相性の良い製品を生み出しています。

カッコイイ見た目でありながら、iPhoneのマイクも付いているため、音楽を聞いている時も、マイクで話しているときもさりげなくカッコ良く、様になります。皆が持ちたいと思うブランドです。

完全ワイヤレスで手ごろな商品であれば「Beats Studio Buds – ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン」いかがでしょうか?ハンズフリーにも対応した、オシャレに決めたい場合におすすめの商品です。
Beats Studio Buds – ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン

ケーブル付きの方が安心という方向けには「Beats Flex ワイヤレスイヤフォン」もお手軽価格です。ユズイエローといった発色のよい黄色が目を引きます。
Beats Flex ワイヤレスイヤフォン

オーディオテクニカ カナル型マイク付きイヤホン

優先接続の、オーディオテクニカATH-CKD3C はカナル型のマイク付きイヤホンです。iPhoneではUSB Type-Cの端子に接続して使用します。有線接続ですので音質は高音質、クリアな音を提供してくれます。

ケーブルの途中にマイクの他、リモコンもついており、曲の再生や一時停止、ボリューム調整など、音楽を聴いている途中に電話が入ってもすぐに対応が可能です。さらに、個人個人の耳の大きさに合わせて4つのサイズがあるため、フォット性の高いものを選ぶことができます。
オーディオテクニカATH-CKD3C

USB Type-Cの端子接続ではなく、Lightning 端子との接続がしたい場合は、ATH-CKD3Li モデルとなります。
オーディオテクニカ ATH-CKD3Li

ラディウス カナル型イヤホン ノイズ低減機能マイク付

ラディウス カナル型イヤホン HPNEL11 はiPhone用Lightning接続として商品化されています。音質は低音をきかした設計となっていいます。特筆すべきは、ノイズ低減マイクを搭載している点です。相手に、まわりの雑音を取り除き、あなたの声をキレイに届けてくれるので、外で使用していても、聴き取りやすくなります。

ブラックや、レッド✕ブラックといったシックなカラーリングがありますが、ほかにもホワイト✕ピンク、ホワイト✕シルバーといったかわいいカラーリングがあるのも嬉しい商品です。

ラディウス HPNEL11

プラントロニクス 片耳型 マイク付きヘッドセット

片耳タイプのご紹介です。プラントロニクス VOYAGER LEGEND は、イヤホンというよりはヘッドセットと言う方がしっくりきます。Bluetooth接続です。

ヘッドセットを装着しているかどうかの状態を感知して、自動的に接続を開始し、着信や再生が始まります。

マイク部分には3つのマイクが搭載され、まわりの雑音を減らし、伝える側にも、聴く側にもストレスがない自然な音声通話が可能となっています。

テレワークの会議や、ハンズフリー通話にもってこいの商品です。

プラントロニクス VOYAGER LEGEND

エレコム 片耳型 マイク付きヘッドセット

エレコム社製の片耳タイプのご紹介です。エレコム LBT-HS40MMP は、Bluetooth接続です。マルチポイント対応のため、2台のスマホを接続して待機できるので、会社用と個人用のどちらからの着信にも対応可能です。

マイクにはノイズキャンセル機能搭載し、クリアな通話が可能となっています。イヤーフックがあるので耳から落ちにくいのもおすすめな点です。カラーは現在、黒と赤のみ。2015年の商品で2000円以下で購入できるため、在庫があればラッキーです。

エレコム LBT-HS40MMP

エレコム社の現行モデルでおすすめは、LBT-HSC20PC の片耳モデル。丸っこい LBT-HS40MMP とは異なり、角型の「それっぽい」デザインとなっています。小さいので、カバンにいれておいて持ち歩きにも便利。連続通話時間約6時間、再生時間約5時間あるので、仕事での会議、通勤中の音楽、であれば、1回の充電でもつと思われます。

黒だけでなく、赤や青、ゴールド、シルバーと、色を選ぶ楽しみもあります。

エレコム LBT-HSC20PC

Bose QuietComfort Earbuds マイク付きイヤホン

1 2

Check Also

解約したiPhoneの便利な使い道

意外とまだまだ使える?解約したiPhoneの便利な使い道

今回、解約したiPhoneの便 …

Facebookでのご購読が便利です。