Home / Apple / iPhone / iPhoneのキーボード入力を楽にする方法とiPhoneにBluetooth接続できるキーボード

iPhoneのキーボード入力を楽にする方法とiPhoneにBluetooth接続できるキーボード

英数で、大文字を連続入力するとき、どうされてますでしょうか。一文字ごとに↑キーを押すの面倒ですよね。「Caps Lock」をオンにすると便利です(たぶん、デフォルトでもオンになっていると思います)。

【CapsLockをオンにする方法】

  1. 1.ホーム画面より設定アプリを起動します。
  2. 2.「一般」(歯車のアイコンです)を開き、「キーボード」を選択します。
  3. 3.「Caps Lockの使用」をオンにします。

CapsLockを有効にしておくと、英語キーボードの↑をダブルタップ(素早く2回タップする)と、↑にアンダーラインが入ります。この状態だと、入力した英数字は全て大文字になります。これ、知らない方も案外多いと思います。密やかに便利な機能です。

「予測」をオフにする

「予測」機能は、iPhoneが正しい英単語の予測をして変換候補を出してくれる機能です。英語を入力する時には確かに頼もしいのですが、日本語(ローマ字)だと、勝手に違うものに変えられてしまうことがよくあります。下記の例をご覧ください。「しんのすけ」さんなのに「しょうのすけ」さんを第一候補に挙げてきています。これだけならいいのですが、この状態でreturnを押すと、”shonosuke”に変換されてしまいます。

人のお名前を間違えてしまっては大変失礼ですので、予測をオフにしておきましょう。

【予測をオフにする方法】

  1. 1.ホーム画面より設定アプリを起動します。
  2. 2.「一般」(歯車のアイコンです)を開き、「キーボード」を選択します。
  3. 3.「予測」をオフにします。

なお、「予測」は英語キーボード上からでも簡単にオン/オフできます。地球のボタンを長押しするとキーボート切替のメニューが出てきます。その一番上に「予測」の項目があり、ここで素早くオン/オフできます。
(写真)
iPhoneも以前よりは随分よくなって、日本の地名などの固有名詞はかなり正確に対応するのですが、人名やマイナーな日本語にはまだまだ弱いみたいです。

「ピリオドの簡易入力」をオンにする

「ピリオドの簡易入力」機能は、英語キーボードに限られますが、スペースをダブルタップすると”.”(ピリオド)と空白(スペース)を入れてくれます。使えると便利なので、オンにしておきます。

【ピリオドの簡易入力をオンにする方法】

  1. 1.ホーム画面より設定アプリを起動します。
  2. 2.「一般」(歯車のアイコンです)を開き、「キーボード」を選択します。
  3. 3.「ピリオドの簡易入力」をオンにします。

iPhone用おすすめBluetoothキーワード

スマホのキーボード入力にどうしてもなじめない…という方は、iPhone対応のキーボードを使うのも一つの方法です。iPhoneはBluetooth対応ですので、ここで紹介するキーボードは全て問題なく使用することができます。iOSが古いとダメかもしれませんので、詳細は各ページを参照してください。

バッファロー(iBUFFALO) Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード BSKBB24BK

コンパクトキーボードにありがちな一枚板状態ではなく、各キーが独立していますので隣のキーを押してしまったりといったトラブルはなく、快適に入力できます。バッテリーは内蔵/充電式です。iPhoneだけでなくWindowsやMacなど、幅広く対応しています。

アップル(Apple) Magic Keyboard MLA22LL/A (US配列)

Apple製ですのでiPhoneとの相性は全く問題なく、統一感は抜群です。サイズは最小クラスとなっています。バッテリー内蔵式で、Lightning経由で充電でき便利です。ただし、キーの配列がUSモードであることと、サイズの関係でテンキーはありませんので、多少の慣れは必要かと思います。また、iPhone/iPad/Macには使えますが、Windows等へは正式対応していません。併用をお考えてであれば他の製品がよいかもしれません。

エレコム(ELECOM) キーボード Bluetoothワイヤレス接続 TK-FBP052BK

電源が乾電池式なのがちょっと…ですが、古いタイプのBluetoothに対応できるのでちょっと古めのパソコンと併用したい場合はよいかもしれません。さらに、Winwos/iOSモードをキー1つで切替できるので便利です。

ロジクール(Logicool) Bluetoothマルチデバイスキーボード K480

特徴的なのは「スタンド機能」が付いていることです。といってもキーボード上部に溝があるだけなのですが、ここにiPhoneやiPadなどを立て掛けて画面を見ることができ、便利です。カラーはブラックとホワイトがあります。キー自体が少し小さい感じなので慣れは必要かもしれません。

マイクロソフト(Microsoft) キーボード Universal Mobile Keyboard P2Z-00023

タブレット(スマホ)用スタンドを兼ねた蓋付きで、カバンの中に入れるときに気を遣わなくてすみます。作りもしっかりしているのですがその分重くなってしまっているようで、悩ましいところです。

まとめ

iPhoneのキーボード入力を楽にする方法と、iPhoneにBluetooth接続できるキーボードについて紹介しました。入力作業はどうしても頻繁になりますので、iPhoneのキーボードを適切に設定しておくとストレスを感じることが無くなります。もっとも速い入力方法はやはりフリック入力であることに間違いありません。最初は慣れが必要ですが、一旦覚えてしまうと、他の入力方法には戻れなくなるくらい便利です。
キーボードについては、導入することで普通のパソコンのように使えるのが利点ですが、スマホでそこまでヘビーな文書作成などはあまりしないと思いますので、iPhone専用に購入するのはどうかと思いますが、タブレットも持っている方にはよいでしょう。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneにインストールされているアプリの一覧を確認する方法

iPhoneにインストールされているアプリの一覧を確認する方法

iPhone(アイフォン)を使 …

Facebookでのご購読が便利です。