Home / Apple / iPhone / iPhoneから別のiPhoneへアドレス帳のデータを移行する方法

iPhoneから別のiPhoneへアドレス帳のデータを移行する方法

iPhoneの機種変更をお考えの方、アドレス帳や写真データ動画データの移行方法はご存知でしょうか?ガラケーのように店頭でデータ移行サービスは行っていませんので、機種変更前に、とても重要なアドレス帳のデータ移行方法を準備しておきましょう。

アドレス帳のデータを移行する方法は、iCloudを使う。iTunesを使う。という2種類の方法があります。

簡単に分けると・・・
Wi-Fi環境が整っている、またはパソコンがない場合はiCloud
Wi-Fi環境が整っていないがパソコンがある場合はiTunes
をオススメします。

それでは、iCloudとiTunesを使ってアドレス帳のデータを移行する方法を詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

iCloudを使ってアドレス帳を移行する

iCloudとは、アドレス帳はもちろん、写真、音楽などさまざまなデータを保存するApple公式のクラウドサービスです。5Gバイトまでのデータを無料で保存することができ、保存されたデータへiPhoneはもちろんパソコンからもアクセスが可能です。

iCloudにアクセスする時、大量のデータをやりとりすることになりますので、Wi-Fi環境で行うことを推奨します。それでは、iCloudを使って、iPhoneから別のiPhoneへアドレス帳のデータを移行してみましょう。

iCloudの初期設定を行います

iCloudの初期設定を行い、iPhoneとiCloudを同期させましょう。iCloudの設定をすでに行っているユーザはこの手順は不要ですので、2に進みましょう。

  1. Apple IDを取得します
  2. すでにApple IDをお持ちの方はこの手順は不要です。
  3. 「設定」>「iCloud」をタップします
img1
img2
  1. 「Apple ID」と「パスワード」を入力します
  2. 1で設定したApple IDとパスワードを入力します。
  3. 「サインイン」をタップします
  4. 「同意する」をタップします
  5. 利用規約の内容を確認し、「同意する」をタップします
  6. 「結合」または「結合しない」のどちらかをタップします

結合とは、iPhoneのデータとiCloudに保存されたデータを結合する。という意味です。このメッセージは表示されない場合もあります。

iPhoneのアドレス帳のデータをiCloudに保存します

  1. 「設定」>「iCloud」をタップします
  2. 「連絡先」をオンにします

「オフ」から「オン」に変更するとき、結合するかの確認メッセージが表示される場合があります。「結合」をタップすると同期します。

img3

iCloudに保存したアドレス帳データを新しいiPhoneへ移行します

データ容量にもよりますが全てのデータが移行するまで20分ほどかかると考えてください。途中で充電が切れないよう、充電しながらの作業を推奨します。

  1. Wi-Fi環境、Apple IDの準備を行います
  2. 新しいiPhoneのWi-Fi環境を設定し、Apple IDを設定します。
  3. フォーマットを行います
  4. 「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を削除」をタップします。
  5. パスコードを入力します。
  6. 「iPhoneを消去」を2回タップします。
  7. これで全てのデータが消去され、iPhoneが再起動します。
img4
img5
img6
img9
  1. 新規設定を行います
  2. 再起動が確認できたら、新規設定を行います。
  3. 「日本語」>「日本」をタップします。
  4. 次に、位置情報サービスのオン、オフを設定します。
  5. そして、Wi-Fi環境を設定します。
  6. 「iCloudバックアップで復元」をタップし、AppleIDとパスワードを入力しましょう。
  7. 利用規約内容を確認し、同意したら作業は終了です。

iOSのバージョンによっては、多少手順が異なる場合がありますが、概ね同様の操作になります。

次ページ:パソコンのiTunesを使ってアドレス帳データを移行する

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneの「AirPrint」でプリントするための設定方法

iPhoneの「AirPrint」でプリントするための設定方法

一昔前は写真を撮る際はデジカメ …

Facebookでのご購読が便利です。