Home / Google / Googleハングアウト / Googleアカウントでチャットができる!「ハングアウト」の特徴と使い方

Googleアカウントでチャットができる!「ハングアウト」の特徴と使い方

※本ページにはプロモーション(広告)が含まれています

メッセージが保存される

 ¸

LINEは、古いメッセージは自動的に削除されてしまいますが、Googleハングアウトはやり取りしたメッセージがGmailに保存されるようになっています。

いつでも過去のメッセージを見返すことができるため、プライベートだけでなく、ビジネスの重要なやり取りに使っても安心です。

音声通話の質が良い

LINEでも音声通話ができますが、Googleハングアウトの方が通話品質が高いと評判です。

また、有料通話に関しては、LINEのコールクレジットは1分あたり14円かかりますが、Googleハングアウトの場合は1分あたり9円程度で済みます。

Googleアカウント同士の通話の際は無料なので、通話料の節約が期待できます。

多彩なアニメーションやステッカー

Googleハングアウトでは、特定のワードに連動するアニメーションや100種類以上のポップなステッカー(スタンプ)が用意されています。

コミュニケーションを盛り上げてくれるGoogleハングアウトならではのサービスであり、コストをかけなくても豊富なステッカーが利用できます。

「ハングアウト」の特徴

無料で使える

ハングアウトは無料で使えるチャットサービスです。

チャットでやり取りを気軽に楽しむこともできますし、音声通話やビデオ通話でコミュニケーションをとることも可能です。

このように色々な事ができるハングアウトですが、お金はかかりません。

通常の電話回線に通話をかける場合は料金が発生してしまうなど一部例外はありますがほとんどのコンテンツが無料で使えるようになっています。

必要な物はGoogleアカウントのみ

ハングアウトを利用するために必要なものはGoogleアカウントのみです。

Androidユーザーの方ならハングアウトアプリは標準搭載されていますし、Googleアカウントも所持しているはずなのですぐに始めることができます。

もちろんiOSユーザーの方やパソコンでも利用することができます。

アプリをインストールしてGoogleアカウントを作れば準備は完了です。

相手へ招待を送って相手とのコミュニケーションを楽しみましょう!

多人数でコミュニケーションをとれる

一対一の会話はもちろん最大150人まで同時に参加可能のも大きな特徴の一つです。

仲の良い友人が集まったり、オンライン上の軽い会議など、用途は様々です。使いこなせば便利なツールになること間違いありません。

マルチデバイス対応

ハングアウトはスマートフォンアプリとブラウザ版が提供されています。

状況に応じて好きなデバイスから利用することができるのもありがたいですね。

もちろんパソコンからスマートフォンに通話もできますし、スマートフォンからも同様です。

デバイス間による差もほとんどありませんので同じように利用することができます。

出先でも柔軟に状況対応

スマートフォンにアプリをインストールしておけば、出先でも気軽にメッセージをやりとりすることができます。

状況が変化したときでも柔軟に対応することができるのでもしもの時も安心です!

通常の電話回線にも通話をかけられる

ハングアウトの音声通話は、基本的にハングアウト利用者同士でやることが多くなっていますが、通常の電話回線にも通話をかけることができます。

その際は電話料金が発生してしまいますが、通常の電話料金よりも安くなる特徴もあります。

ハングアウトを利用していない相手に通話をかけたい時は役立つかもしれませんので手段の一つとして覚えておくと良いかもしれません。

【スマホアプリ】「ハングアウト」の基本的な使い方

ここでは、メッセージや画像・動画の送信、音声通話などの基本的な操作方法について紹介しています。

メッセージの送信

Googleハングアウトでメッセージを送信する際は、以下の方法でおこないます。

メッセージの送信

  1. Googleハングアウトアプリを開きます
  2. 画面右下の「+」マークを選択し、「新しい会話」をタップします(グループチャットの場合は「新しいグループ」をタップ)
  3. 連絡先一覧が表示されるため、メッセージの送信相手を選択します
  4. 「メッセージを入力」欄に相手に送るメッセージを入力して、紙飛行機マークをタップすれば送信できます

画像や動画の送信

相手に画像や動画を送ることができます。

もし、その場で撮影した画像を送りたい場合は 「カメラ」のアイコン、動画の場合は 「ビデオカメラ」のアイコン をタップします。

撮影画面へと切り替わるため、その場で撮影した画像もしくは動画をすぐに送信できます。

また、「写真」アイコンをタップすれば、既に撮影した画像や動画から好きなものを送信できます。

画像・動画選択画面の右下にあるアイコンをタップすれば、保存先の選択も可能です。

画像や動画は、複数まとめて送ることもでき、簡単に相手と共有することができます。

音声通話

Googleハングアウトで音声通話する場合は、相手とのチャット画面で 「電話」マーク をタップするだけです。

また、トップ画面で「電話」タブを選択して、電話番号や名前で検索をして相手を見つけ、通話することもできます。

相手がGoogleアカウントであれば、通話料もかかりません。

位置情報の共有

Googleハングアウトで位置情報の共有をしたい場合は、メッセージ入力欄の下にある 「GPS」マーク をタップします。

タップすると、Googleマップが開くため、位置を指定し、相手に送信をします。

位置情報を送ると、チャット画面にはGoogleマップが表示されます。

また、相手から「どこにいるの?」とメッセージを受けた場合は、「現在地を共有」のアイコンが表示されるようになっており、アイコンをタップするだけですぐに位置情報が送れます。

【パソコン】「ハングアウト」の基本的な使い方


バソコン版ハングアウトはブラウザサービスとなっています。

こちらのリンク を開けばパソコン版ハングアウトへアクセスすることができます。

メッセージの送信

最も基本的なメッセージの送信です。

メッセージを送信するには相手の連絡先を登録する必要があります。

ここでは「連絡先の登録」と「メッセージの送信」の二段階に分けて解説いたします。

連絡先を登録

連絡先を登録

  1. 画面左上の 新しい会話 をクリック
  2. 検索ボックスに ユーザー名 メールアドレス 電話番号 を入力
  3. ユーザーが表示されたらクリック

以上の操作で招待を送ることができました。

相手が承諾すれば連絡先の登録が完了します。

以降はメッセージの送信を始めとしたあらゆるコミュニケーションをとることができるます。

メッセージの送信

メッセージの送信

  1. 画面左上の 新しい会話 をクリック
  2. 連絡先一覧から 送信相手 をクリック
  3. メッセージを送信フォーム をクリック
  4. メッセージを入力して Enterキー を押す

メッセージを送信することができました。

自分のメッセージが右側に、相手のメッセージが左側に表示されます。

画像や動画の送信

ハングアウトでは画像や動画を送信することができます。

メッセージウィンドウより行えますので手順を見ていきましょう。

画像や動画の送信

  1. メッセージウィンドウを開く
  2. 画面右下の 写真アイコン をクリック
  3. 送信したい画像・動画ファイルをドラッグ&ドロップ
  4. 送信をクリック

音声通話

Googleハングアウトでは音声通話をかけることもできます。

音声通話

  1. 画面左側メニューより 電話アイコン をタップ
  2. 連絡先一覧から 通話相手 をクリック

以上の操作で通話をかけることできます。Googleハングアウトを利用している相手であれば無料です。

検索機能から電話番号を検索とすると通常の電話回線へもかけることができますが、その際は電話料金が発生します。

位置情報の共有

パソコン版では位置情報共有機能はありません。

スマートフォンアプリ専用の機能となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

GoogleハングアウトはLINEと同じようにチャットや通話、ビデオチャットなどができるチャットサービスです。

複数端末でのアカウント利用や、複数アカウントを持って切り替えて使用することもできるなど、LINEとは違った使い方も可能です。

LINE以外のチャットサービスに興味がある方は、ぜひ検討してみてください。

1 2