Home / Apple / Mac / うっかり削除しても大丈夫!ゴミ箱の中身を復元する神ワザ

うっかり削除しても大丈夫!ゴミ箱の中身を復元する神ワザ

【Mac編】削除してしまったデータの復元方法

Macの場合は、Time Machineを使ってデータを復元することが可能です。ここでは、Time Machineを利用した復元方法について見ていきましょう。

標準機能「Time Machine」を利用する

Macで削除したゴミ箱内のデータを復元したい場合は、Time Machineを利用して復元することができます。

Time Machineとは、Macに標準仕様で搭載されているバックアップのためのアプリケーションのことです。Time Machineを設定しておけば、24時間・1日・1週間ごとに自動でバックアップが作成できるため、万が一の際もスムーズに復元ができます。

Time Machineからファイルを復元する方法は以下のとおりです。

  1. Macの画面上部にある「時計」アイコンをクリックします
  2. 表示されるメニューから「Time Machineに入る」を選択します。もしくは、DockにTime Machineアイコンを表示している場合はアイコンをクリックします
  3. Time Machineのファイルが表示されますので、復元したいファイルが保存されている場所へ移動をします
  4. 希望のファイルを見つけたら選択し、「復元」ボタンをクリックします
  5. 「復元する項目のためのフォルダを選択してください」という画面が表示されますので、フォルダを選択して「選択」をクリックします
  6. すると、指定したフォルダに希望のファイルが復元されます

これにより、ゴミ箱内から削除してしまった大事なファイルの復元が完了です。ただし、Time Machineから復元する場合は、事前に初期設定をしておく必要があるため、まだ設定していない人は以下の方法でTime Machineのバックアップ設定をしておきましょう。

  1. Dockから「システム環境設定」アイコンを開きます
  2. 表示されるメニューから「Time Machine」アイコンを選択します
  3. Time Machineの画面が開きますので「バックアップディスクを選択」をクリックします
  4. バックアップディスクを選択して「ディスクを使用」をクリックします

これにより、Time Machineの初期設定が完了です。

削除したデータを復元できるフリーソフト4選

ここでは、削除したデータを簡単な操作で復元できる、フリーソフトを紹介しています。気になるソフトがあれば、試してみてください。

1.EaseUS Data Recovery Wizard Free

「EaseUS Data Recovery Wizard Free」は、Windows、Macどちらにも対応していて、サムネイル表示やプレビュー表示ができるため、ファイルを探しやすい復元ソフトです。

時間やファイルの種類など、探したいファイルを簡単に絞り込みができ、選択して「リカバリー」ボタンをクリックするだけで復元できます。写真や動画ファイルも探しやすくて便利です。

2.Recuva

「Recuva」は、ウィザード形式で復元したいファイルを指定・検索ができます。ドライブの指定や文字色による復元確率の表示など、ひと目で状況を把握できるのが魅力です。Windowsのみに対応している復元ソフトです。

3.Recoverit

「Recoverit」は、Windowsのみに対応しており、初心者でも使いやすいシンプルデザイン、ユーザーインターフェースが特徴です。ウイルス感染したファイルなどの復元も可能で、ファイルの形式や保存場所に関わらず、データ復元ができます。

4.Disk Digger

「Disk Digger」は、USBメモリーやメモリーカードなど、さまざまなデバイスに対応したデータ復元ソフトです。ほとんどのファイルフォーマットの検出が可能で、Windowsに対応しています。

ゴミ箱から削除したファイルを復元できる理由

ゴミ箱に入れたファイルを削除すれば、二度と戻ることができないと考えるのが普通です。

一方で、「ゴミ箱を空にする」動作をしても、すぐにパソコンの記憶領域から該当ファイルが削除されてしまう訳ではなく、作業の上書きをしない限りは元に戻すことも可能となっています。

復元ソフトなどは、パソコン内に残っている削除ファイルにアクセスして復元しています。もしゴミ箱を空にしてから作業を続けたり、電源のオンオフを繰り返してしまった場合には、パソコン内の記憶領域から完全に消えてしまいますので、この場合は復元ソフトを利用しても、ファイルを復活させることはできませんので注意しましょう。

まとめ

今回紹介したように、万が一、大事なデータを完全削除してしまった場合でも、復元させることが可能です。Windows・Macともに復元方法は難しくありませんので、ぜひ試してみてください。ただし、必ず復元できるわけではないため、そもそも誤って削除しないよう注意しましょう。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneをパソコンが認識しない時の対策

iPhoneをパソコンに接続しても認識しない時にするべき対応策

単体でもアプリで遊んだり、カメ …

Facebookでのご購読が便利です。