Home / Google / Android / Androidでisoファイルを再生する手順と必要な環境

Androidでisoファイルを再生する手順と必要な環境

著作権法が強化されてきた背景には、デジタル化されている昨今の映像データは、何度コピーしても劣化しない、というデジタル技術の普及があります。

そこで、2012年の著作権法の改正では、技術的保護手段の解除や回避というリッピング技術が違法とされました。

しかし映像データをアナログ的に「キャプチャ」して映像をバックアップし、私的に利用することはまだ違法ではありません。原理的には、モニターの前にビデオカメラを置いて撮影するイメージです。ただし、市販のDVD/Blu-rayを撮影することはコピーガードを迂回していることにもなり違法説もあるため、グレーゾーンといった方が正しいかもしれません。

リッピングではなく録画(キャプチャー)ですので、コピーガードの解除を行わずにコピーができます。

画像の品質は、再生デッキから出力される映像をそのまま同じ解像度でキャプチャ録画すれば、視覚的には画質の劣化を感じることは少ないでしょう。

しかし、あくまでもキャプチャーですので相応の劣化は覚悟しておく必要があります。この種の機器の代表的なものとしては、Internal社の「EzCAP HD」があります。

ゲーム実況が人気となっている今では、キャプチャー技術も進化しており、4Kなどの高画質商品もでてきていますし、機器の価格もさがってきています。購入を検討される場合は、商品比較をおすすめいたします。

まとめ

isoファイルを再生したいというニーズは、2012年の著作権法改正以後も衰えていません。

Android端末の能力も向上し、動画再生アプリの使い勝手も良くなっていますので、手持ちのisoファイルを最新のスマートホンやタブレットで再生するということであれば、定番ソフトをインストールすれば、簡単に再生することができます。

その一方で、少し古い機種の端末で扱うにはisoファイルはサイズも大きく、動作も不安定になりがちです。その場合、isoファイルをAndroidにプリインストールされている動画形式に変換することで、快適に映像を楽しむことができます。

ただし、これから新たに市販のDVDやBRからリッピングすると著作権法に触れます。刑事罰にはなりませんが、著作者への損害賠償とブツの差し押さえをされる可能性が高いです。あくまでも、過去にリッピングしたisoファイルを変換する目的でソフトを使用してください。

どうしても、手持ちのDVDなどをAndroidで再生したい場合、いったんアナログ的にキャプチャー録画して映像ファイルを作成し、Android用に変換するという手順も今のところグレーゾーンですが可能です。

この場合も、あくまでも利用目的は私的利用に限られますのでご注意ください。コピーガードをはずして使用目的で利用したら違法です。ルールを守って、モバイルライフを楽しみましょう!

1 2 3

Check Also

中学生無料勉強アプリ

スキマ時間を活用!中学生が活用すべき教科別の無料勉強アプリ15選

手軽さと性能の高さからあらゆる …