Home / google / どう収益化する?2大リスティング広告、Yahoo!広告をGoogleと徹底比較!

どう収益化する?2大リスティング広告、Yahoo!広告をGoogleと徹底比較!

Pocket

1b5fcfbdd7f17aa436565c1a14d508c4_s

Yahoo!JAPANが提供するYahoo!プロモーション広告をご存知でしょうか。

Yahoo!プロモーション広告を利用すれば、SEO対策をしてなくても興味のあるユーザーに対して効果的に広告配信ができます。ここでは、2大リスティング広告であるYahoo!プロモーション広告とGoogle AdWordsを比較しながら解説しています。

効果的な広告配信を検討している方は、ぜひ参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.リスティング広告、Yahoo!プロモーション広告とは

0742e91a56165dd88071d324855b9126_s

Yahoo!JAPANが提供しているリスティング広告「Yahoo!プロモーション広告」とはどのような広告なのでしょうか。ここでは、Yahoo!プロモーション広告の基本的内容や特徴・種類について見ていきましょう。

リスティング広告の基礎知識

リスティング広告とは、ユーザーがキーワード検索をしたときに連動して表示される広告のことです。Yahoo!であれば、検索結果表示画面の上部や右側に広告が表示されます。検索キーワードに連動するため、興味のあるユーザーに対して広告を表示できるのがメリットです。

Yahoo!JAPANの「Yahoo!プロモーション広告」やGoogleの「Google AdWords」があります。

Yahoo!プロモーション広告とは

Yahoo!プロモーション広告は、Yahoo!が提供するリスティング広告であり「スポンサードサーチ」や「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」「Twitter広告」などの種類があります。

スポンサードサーチ

スポンサードサーチとは、検索キーワードに連動して表示されるリスティング広告のことです。SEO対策をしなくても画面上部など、ユーザーの目に留まる部分に表示されるため、効果的に訴求することができます。広告はクリック課金のため、クリックされた際に広告料金が発生します。

広告料金はキーワードごとの「入札価格」となっていますので、選択するキーワードによって料金が異なります。出稿の際・出稿後は、広告文の作成やキーワード設定などを自動で運用できる「広告運用ツールらくアド」や自分で運用をする「広告管理ツール」で設定・運用をおこないます。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)

Yahoo!ディスプレイアドネットワークは、「以前該当WEBサイトを閲覧したことがある人」など、広告をアプローチしたいターゲット属性の条件ができ、条件に該当するユーザーが見ているサイトに表示できる広告のことです。

画像付き広告を表示することも可能で、Yahoo!ニュースなど多くのサイトに掲載できます。年齢や性別、地域などでユーザー層を絞って配信ができ、料金はクリック課金型、予算は自由に設定ができます。事前に設定した予算以上に配信されることはありません。

Twitter広告

Twitterユーザーのタイムラインや検索結果、おすすめユーザー欄に広告表示ができます。興味・関心カテゴリやフォロワー、キーワードなどでターゲティングが可能で費用はクリック課金型です。リツイートによって拡散し、多くのユーザーへ広まる可能性があります。

2.2大リスティング広告、GoogleAdWordsとYahoo!を徹底比較

0f4bc1920de79d5a3f6e15e89d8ba1c3_s

2大リスティング広告とも言われるGoogle AdWordsとYahoo!プロモーション広告ではどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、マッチタイプにおける表記や広告配信地域、使用できる記号など、主な項目について確認していきましょう。

①キーワードのマッチタイプにおける表記

Google AdWords・Yahoo!プロモーション広告とも、キーワードのマッチタイプの種類は「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」「絞込み部分一致」の4種類で同じです。ただし、完全一致とフレーズ一致についてはキーワードの入力方法が異なりますので注意が必要です。

②広告配信地域

Google=アメリカの企業、Yahoo!JAPAN=日本の企業ということもあり、Google AdWordsは日本だけでなく海外にも配信が可能で、Yahoo!プロモーション広告は日本国内のみに配信ができます。どちらも、都道府県・市町村などを指定することが可能です。

③広告で使用できる記号

Google AdWordsとYahoo!プロモーション広告では、広告で使用できる記号に違いがあります。使用できる・できない記号を把握しておかないと入稿できない場合があります。

ただし、Google AdWordsの場合は「この記号が使えません」というような表記がないため、1度入稿して使える・使えないを確かる必要があります。

たとえば、「【】」はGoogle AdWordsでは使用OKですが、Yahoo!プロモーション広告では使用NGです。「!」の2つ使用はGoogle AdWordsではNGですが、Yahoo!プロモーション広告ではOKなどの違いがあります。

④広告グループ、キーワードにおける上限

Google AdWordsとYahoo!プロモーション広告では、キャンペーンの広告グループ、キーワードの上限数も異なります。Googleの場合はキャンペーンが10,000個、広告グループはキャンペーン毎に20,000個、グループのターゲットはグループ毎に20,000個まで可能です。

Yahoo!プロモーション広告については、キャンペーンがスポンサードサーチは100個、YDNも100個まで、広告グループがスポンサードサーチはキャンペーン毎に2,000個、YDNは1,000個までとなっています。

また、スポンサードサーチのキーワードが広告グループ毎に2,000個、YDNは広告が広告グループ毎に50個までとなっています。

⑤広告の表示オプション

Google AdWordsは、サイトリンク表示や電話番号表示、住所表示、レビュー表示、コールアウト表示、アプリリンク表示などのオプションがあります。Yahoo!プロモーション広告はクイックリンク表示やテクスト補助表示、電話番号表示などのオプションが可能です。

3.Yahoo!プロモーション広告で配信するべき広告の特徴

4015b5519a0b8bb759b0903e94610915_s

Yahoo!プロモーションではどのような広告を配信すればいいのか、主な特徴について確認していきましょう。

①PCサイトでの広告

調査によっても異なりますが、PCサイトではGoogleよりもYahoo!JAPANを利用している人が多い傾向もあるようです。スマホではGoogle検索を利用する人が多いため、利用者の多いPCサイトでYahoo!プロモーション広告を使うと効果的です。

②女性向け広告

Yahoo!JAPANは男性より女性の方が利用していると言われています。そのため、女性向けの広告をYahoo!プロモーション広告で配信すると高き効果が期待できます。

③美容系・医療系、ギャンブル系の広告

Yahoo!プロモーション広告のYDNでは、さまざまな分野の広告のリマーケティング配信が可能です。Google AdWordsでは、美容系やギャンブル系、医療系などのリマーケティング配信ができませんでは、Yahoo!プロモーション広告でなら対応できます。

まとめ

Yahoo!プロモーション広告を利用すれば、狙った属性のユーザーに対して効果的な広告配信が可能です。

いくつか種類があり、Google AdWordsなどもありますが、PC向けや女性向け広告などは、1度検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

信頼度アップ!メルカリで取引メッセージに役立つフレーズ8選

メルカリでは、出品者・購入者で …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です