Wordで表を作成する方法と作成のポイント

LINEで送る
Pocket

c510ddf65c02e3c491603b589a96e06c_s

Word文書で作成するのはテキストだけではありません。より分かりやすくするために、表を載せた方が良い場合もあります。Excelでは簡単に表を作れますが、Wordではどのようにして作るのでしょうか。ここでは、Word文書上で表を作成する方法や、作成時のポイント、作成した後の修正方法などについて紹介します。

スポンサーリンク

1.表を作成する方法と作成のポイント

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-13-18-26-14

1.挿入→表の挿入から作成

この方法は、操作も簡単で素早く表を挿入できることから、Wordで表を作成する際に一般的な方法です。メニューの「表の挿入」から作成する方法は下記のとおりです。

  1. 「挿入」の「表の挿入」を選択します。
  2. 表のマス目が表示されますので、作成しようとする表のセル・マス目分を左上から右下へマウスを動かし選択します。
  3. 画面上には何行×何列選択したか表示されます。
  4. 希望のセル・マス目分の選択が済んだら、最後のマス目でクリックするとWord文書中に表が挿入されます。

これにより、Word文書上にExcelのような表が作成できます。

2.罫線→挿入から作成

Wordによっては、罫線メニューからも表の挿入が可能です。方法は下記のとおりです。

  1. メニューの「罫線」から「挿入」を選択して「表」をクリックします。
  2. 「表の挿入」画面が表示されますので、作成したい表の「列数」「行数」を入力します。
  3. 事前に表の書式を設定しておきたい場合は「オートフォーマット」をクリックします。
  4. 「表のオートフォーマット」画面が表示され、「表のスタイル」ではサンプルの表が確認できます。画面下にサンプルが表示されますので、問題ないようであれば「適用」をクリックします。
  5. 書式を設定する対象を「タイトル行」「1列目」「最後の行」「最終列」から選択もでき、該当するものにチェックを入れれば、表に反映し挿入されます。

3.罫線を使った自分で表を作成

マス目などを選択して表作成する方法ではなく、自分で罫線を引いて表作成することも可能です。複雑な表は行や列の多い表であれば作成に時間がかかりますが、簡単な表であれば素早く作成することができます。「罫線」から「罫線を引く」をクリックして作成します。

4.Excelの表を挿入

Wordで直接表を作成するわけではありませんが、Excelで作成した表をWord文書に挿入することができます。方法は下記のとおりです。

  1. Excelの表を挿入したいWord文書の場所にカーソルを合わせます。
  2. Wordのメニューの「挿入」のなかの「オブジェクト」を選択します。
  3. 「オブジェクトの挿入」画面が表示されますので、オブジェクトの種類を「Microsoft Excelワークシート」を選択します。

これにより、該当するExcelで作成した表が、Word文書に挿入されます。

5.表の中に文字を入力する

Word文書に表を作成・挿入したら、表の中に文字を入力します。文字入力する際は、Tabキーを使うと便利です。マウスを使ってマスを移動するよりも、Tabキーを押すことで、すぐ右のマス目へ移動できます。マス内の文字入力は、通常Wordで文字入力する際と方法は変わりません。

6.表を削除したい場合

不要な表を削除したい場合は、メニューの「罫線」から「削除」を選択して「表」をクリックします。また、表ではなく表の中のデータを削除したい場合は、Deleteキーで削除できます。

7.表を分割したい場合

繋がっている表を何らかの理由で分割したい場合は、分割したいマス内にカーソルを合わせて、メニューの「罫線」の「表の分割」を選択します。これにより、間に空白が入り表が分割されます。

8.表の行や列を削除したい場合

作成した表の行や列が多かった場合に、途中で削除することも可能です。方法は下記のとおりです。

  1. 削除したい行をクリックして、メニューの「罫線」から「削除」を選択し「行」をクリックします。
  2. 列の削除の場合も同様で、「削除」を選択し「列」をクリックすれば、行と列のそれぞれが削除できます。
  3. もしくは、削除したい行を選択したうえで、右クリックで表示されたメニューから「行の削除」をクリックしても削除できます。

9.表の行や列を新たに挿入したい場合

作成した表に新たに行や列を挿入することも可能です。方法は簡単で、挿入したい表の行もしくは列を選択し、メニューの「罫線」から「挿入」を選択し、「列(左)」「列(右)」「行(上)」「行(下)」などから該当するものを選択すれば、行・列が新たに挿入されます。

10.表のセルの結合をしたい場合

2つ以上のセルを1つのセルにする「セルの結合」は、ExcelだけでなくWordでも可能です。セルを結合したい場合は、次の方法で行います。

  1. 結合したい2つ以上のセルを選択します。
  2. メニューの「表ツール」の「レイアウト」から「セルの結合」をクリックします。

これにより、セルが結合され1つのセルになります。

11.表の罫線を他の種類に変えたい場合

表の罫線を好みに合わせて変えることができます。罫線を変えたいセルを選択したうえで、「表ツール」を選択して「デザイン」をクリックし、「ペンのスタイル」から希望の罫線を選択します。選択が完了すると、該当の罫線の種類が変更されます。

2.表作成にも役立つWordの使える小技

ここでは、Wordで表作成や、表を用いた文書作成をする際に役立つ、ちょとした小技を紹介します。

1.辞書機能を使う

表を作成する際に、難しい単語や漢字などが現れたら、辞書機能を使って意味や読み仮名を調べましょう。Wordには辞書機能が搭載されていて、「Shift」+「F7」を押せばすぐに使えます。

2.パスワードをかける

文書や表に企業秘密などが載っている場合は、セキュリティの観点からパスワードロックをかけるようにしましょう。パスワードをかけることで、パスワードを知っている人でしか編集や閲覧できないようにすることができます。パスワードをかける場合は、メニューの「ファイル」から「文書の保護」を選び「パスワードを使用して暗号化」を選択し設定します。

3.作成した表の横に文字入力する

作成・挿入した表の横に文字を入力したい場合は、下記の方法で行うとスムーズです。

  1. 「表ツール」の「レイアウト」を選択し「プロパティ」を選びます。
  2. 「表のプロパティ」画面が表示されますので、「文字の折り返し」を「する」にします。

これにより、表の横に文字入力しても、表の中に文字が入らないようになります。

4.文字サイズを変更する

文字サイズの変更方法も、マウス操作ではなくショートカットキーを使うことで、素早く行え、作業時間を早める可能性があります。サイズ変更のショートカットキー操作は下記のとおりです。

  1. ワンサイズ大きくする・・・「Ctrl」+「<」
  2. ワンサイズ小さくする・・・「Ctrl」+「>」

どちらのショートカットキーも、サイズ変更したい文字を選択したうえで行います。

まとめ

今回は、「Wordで表を作成する方法と作成のポイント」について紹介いたしました。WordでもExcelのように簡単に表を作成でき、多少の修正・変更も行えます。テキスト入力が多くはなりますが、内容によって表が必要な時もありますので、いつでもスムーズに作成できるように把握しておきましょう。Word上で表を作ったことがない方は、ぜひ1度試しに作ってみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です