Home / Microsoft / Windows / Windows Livemailのダウンロード手順

Windows Livemailのダウンロード手順

Pocket

win58-1
出典:Microsoft atLife

Windows標準のメールソフトはいくつかの変遷を経てきました。過去にはOutlook Expreess、Windows メールとWindowsに標準で搭載されていました。

でも、Windows7以降では標準ではデスクトップメールソフトがインストールされていません。その代わりに、Windows Essentialsが公開されています。

Windows7以降では、Windows Livemailを含むいくつかのアプリケーションを1つのパッケージにした、Windows Essentialsをインストールすることができます。

Windows Essentialsは「フォトギャラリー」、「Windows Live Writer」、「OneDrive」、「ムービーメーカー」、などと共に、Outlook Expressの後継となるメールソフト「Windows Livemail」などから構成されています。

Windows Essentialsのシステム要件では、対応OSはWindows7またはWindows8となっていますが、Windows10でもインストールできて稼働します。

スポンサーリンク

1.Windows EssentialsのダウンロードとWindows Livemailのインストール

Windows Livemail はWindows Essentialsの一部として提供されています。まずは以下のサイトからWindows Essentialsをダウンロードします。

win58-2
出典:Microsoft Windows Essentials http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/essentials

ダウンロードしたファイルを実行します。

win58-3

ここで、「Windows Essentialsをすべてインストール(推奨)」を選択すると、Messengerを含むすべてのアプリがインストールされます。

Windows Messengerは、2013年4月に廃止されて今ではSkypeに移行しています。つまり、使い道のない常駐アプリをインストールすることになってしまいます。

ここでは「インストールする製品の選択」を選択します。「メール」だけを選択して「インストール」ボタンをクリックします。

win58-4

以下の画面が表示されたら「閉じる」ボタンをクリックします。

win58-5

2.Windows Livemailの起動

Windows Livemailが「すべてのアプリ」に「Windows Live Mail」として表示されています。

win58-6

または、「wlm」で検索します。Windows10なら「Windows」キーを押して「wlm」をキー入力します。

win58-7

表示された「Windows Live Mail」をクリックして起動します。

「マイクロソフト サービス アグリーメント」が表示されますので、確認してよければ「承諾」ボタンをクリックします。

win58-8

Windows Livemailが起動します。

win58-9

3.デスクトップにWindows Livemailのショートカットを配置する

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

prt scより使いやすい!snipping toolの3つの機能

スクリーンショット用のソフトと …

Facebookでのご購読が便利です