Windows Livemailのダウンロード手順

LINEで送る
Pocket

win58-1
出典:Microsoft atLife

Windows標準のメールソフトはいくつかの変遷を経てきました。過去にはOutlook Expreess、Windows メールとWindowsに標準で搭載されていました。

でも、Windows7以降では標準ではデスクトップメールソフトがインストールされていません。その代わりに、Windows Essentialsが公開されています。

Windows7以降では、Windows Livemailを含むいくつかのアプリケーションを1つのパッケージにした、Windows Essentialsをインストールすることができます。

Windows Essentialsは「フォトギャラリー」、「Windows Live Writer」、「OneDrive」、「ムービーメーカー」、などと共に、Outlook Expressの後継となるメールソフト「Windows Livemail」などから構成されています。

Windows Essentialsのシステム要件では、対応OSはWindows7またはWindows8となっていますが、Windows10でもインストールできて稼働します。

スポンサーリンク

1.Windows EssentialsのダウンロードとWindows Livemailのインストール

Windows Livemail はWindows Essentialsの一部として提供されています。まずは以下のサイトからWindows Essentialsをダウンロードします。

win58-2
出典:Microsoft Windows Essentials http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/essentials

ダウンロードしたファイルを実行します。

win58-3

ここで、「Windows Essentialsをすべてインストール(推奨)」を選択すると、Messengerを含むすべてのアプリがインストールされます。

Windows Messengerは、2013年4月に廃止されて今ではSkypeに移行しています。つまり、使い道のない常駐アプリをインストールすることになってしまいます。

ここでは「インストールする製品の選択」を選択します。「メール」だけを選択して「インストール」ボタンをクリックします。

win58-4

以下の画面が表示されたら「閉じる」ボタンをクリックします。

win58-5

2.Windows Livemailの起動

Windows Livemailが「すべてのアプリ」に「Windows Live Mail」として表示されています。

win58-6

または、「wlm」で検索します。Windows10なら「Windows」キーを押して「wlm」をキー入力します。

win58-7

表示された「Windows Live Mail」をクリックして起動します。

「マイクロソフト サービス アグリーメント」が表示されますので、確認してよければ「承諾」ボタンをクリックします。

win58-8

Windows Livemailが起動します。

win58-9

3.デスクトップにWindows Livemailのショートカットを配置する

いちいちすべてのアプリや検索で起動するのは面倒です。ショートカットは自動で作成されませんので、手動で配置します。

起動で確認したWindows Live Mailで右クリックして「ファイルの場所を開く」を選択します。

win58-10

検索だとメニューの順番が少し違うかもしれません。

win58-11

「Programs」フォルダーが表示されたら、「Windows Live メール」のショートカットでデスクトップまで右ドラッグして、デスクトップで手を放します。表示されたメニューから「ショートカットをここに作成」を選択します。

win58-12

今回はショートカットからショートカットを作成していますので、「ここにコピー」でも結果は同じですが、ファイルやフォルダーを右ドラッグしてショートカットを作成する方法は便利ですので、覚えておいて損はありません。

ノートパソコンのトラックパッドなどでマウスを使っていないと、右ドラッグは少し難しくなります。その場合は「Alt」キーを押しながらドラッグしてショートカットを作成するか、「Ctrl」キーを押しながら「C」キーを押してデスクトップを選択して「Ctrl」キーを押しながら「V」キーを押してコピーを作成するかします。

まとめ

どうやらMicrosoftは今後標準のデスクトップメールアプリを提供する予定はないようです。いわゆるストアアプリで押し通すつもりなのかもしれません。

しかし、標準でインストールされているストアアプリの「メール」では、対応していないPOP(Post Office Protocol:インターネットメールの一般的なプロトコル)メールもあります。

あまり余分なアプリケーションはインストールしたくなくても、何らかのメールソフトをインストールする必要があります。そんな場合に今は、サードパーティや個人が作成したメールソフトをインストールするか、Windows Livemailをダウンロードしてインストールすることになります。

現在Windows Livemail(が含まれるWindows Essentials)のアップデートは停止しているようです。今後もMicrosoft標準のデスクトップメールソフトが提供されないことを見越して、そろそろ別の方法も考えておく必要があるのかもしれません。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です