Home / Windows / WindowsUpdateが失敗する場合の原因と対処方法

WindowsUpdateが失敗する場合の原因と対処方法

Pocket

Windowsをアップデートしようとして、スムーズにアップデートできずに途中で失敗するケース、ほとんどの人が経験したことがあるのではないでしょうか。上手くアップデートできない理由や原因は本当に様々です。

マイクロソフトのアップデートに関するQ&Aを確認すると、膨大な数があります。全ての失敗する理由や対処方法をご紹介しようとするとものすごい数になってしまいますので、今回は、代表的な失敗した理由、アップデート中におこなった事柄をもとに、どんな対処方をすれば良いかという点をマイクロソフトの解説をもとにご紹介します。

また、それに関する細かい詳細、別の原因でアップデートが失敗している可能性がある場合には、マイクロソフト社のホームページをそれぞれご確認ください。

スポンサーリンク

更新プログラムをインストールしようとしたが、1つ以上の更新プログラムがインストールされなかった

windows_pc

更新プログラムを手動でもう1度インストールします。エラーの種類は、Webサイトがビジー状態であることや、インターネット接続の速度が落ちているなど、たまたま更新しようとした時間帯の回線状況によってタイミングの問題で様々な問題が発生したことも考えられます。このような問題は、更新プログラムのインストールを再試行することによって解決できる可能性があります。

インターネットの接続に問題があるか確認し解決する方法

Windowsアップデートをするには、インターネットに接続することが必須となります。接続に問題がある場合は、途中で更新が止まってしまい、更新プログラムをダウンロードできなかったことを示すエラーが表示されます。この問題の解決方法は次の通りです。

①「インターネット接続を確認する」

まずは利用しているパソコンがWi-FiやLANなどを通じて、インターネットに接続されていることを確認します。なんらかの原因でインターネット接続が難しい時は、発生するいくつかの一般的な問題を自動的に修復する、インターネット接続の「トラブルシューティングツール」などを使ってみるのもひとつの手です。

ネットワークに関するトラブルシューティングツールを開くには、画面の右端からスワイプして検索をクリックし、検索ボックスに「識別と修復」と入力した上で、「ネットワークの問題の識別と修復」をクリックします。

② 「しばらくしてからもう1度実行する」

多くの接続エラーの原因は、インターネットに関する一時的な問題が原因で発生します。こういった場合は、数分待ってから、手動でアップデートをもう1度実行してみてください。また、自動更新を有効にしている場合は、設定している更新スケジュールが実行されるまで待つこともできます。

③「トラブルシューティングツールを実行する」

まだ問題が解決しない場合は、「トラブルシューティングツール」を使用してみて、アップデートに関する一般的な問題を自動的に修復するのもおすすめです。

Microsoftソフトウェアライセンス条項に同意します

更新プログラムを使うには、まずソフトウェアライセンス条項に同意します。同意していない場合は、更新プログラムをもう1度インストールし、ライセンス条項を確認してから、同意してください。

パソコンに十分な空きディスク領域を確保する

861e9389349082f1ad114f3715f795b4_s

更新プログラムはパソコンのディスクに十分な空きがないと実行されません。まず、ご自分のディスクの空きを確認して下さい。

もし、ドライブの空き領域を増やす必要がある場合は、不要アプリの削除、溜まったキャッシュなどのインターネット一時ファイルの削除、長年使っていないファイルの削除を行った後、ゴミ箱を空にするなどの操作をしてから、再び更新プログラムのインストールの実行をして下さい。

ドライブに十分な空き領域があるかどうかをチェックし、どの領域を解放できるか確認するには、Windowsに組み込まれている「ディスククリーンアップツール」を使うことができます。

ディスククリーンアップツールは、デスクトップの画面の右端からスワイプして「設定」をタップします。マウスを使っている場合は、画面の右上隅にポイントを持っていって、マウスポインターを上へ移動した上で「設定」をクリックします。

コントロールパネルを開き、検索ボックスに「管理」と入力し、「管理ツール」をタップまたはクリックし、ディスククリーンアップをダブルタップまたはダブルクリックします。

インストール処理を中止するか、またはインターネットの接続を切断する

この操作を行った場合、オンラインに戻ったときのもう1度、更新プログラムをチェックし、取り消された更新プログラム、または中断されていた更新プログラムを全てインストールしてください。

ドライバーの更新プログラムをインストールする

ビデオカードのようなデバイス用のドライバーの更新プログラムは、インストールされたファイルが破損していたり、ご利用のWindowsのオペレーティングシステム(OS)に適切なファイルではなかったりしてエラーになってしまうことがあります。

また、アップデートでは、ご利用のWindowsオペレーティングシステム(OS)用の最新のドライバーを提供しています。ただし、アップデートからデバイスドライバーをインストールする際に問題が発生する場合は、相性によっては不具合が起こる可能性もありますので、不安な場合は、各デバイスの製造元に問い合わせる必要があります。

予定されたアップデート時にパソコンの電源が切れてしまった

更新プログラムのインストールをスケジュールに従って実行できなかった場合は、パソコンを再起動したときに、Windowsによって更新プログラムのチェックが行われます。

更新プログラムのインストールはすぐに実行するとことも、頃合いをみて後で実行することもできます。

次回に予定されているアップデート時に、パソコンの電源が入っていれば、そのときに自動的に更新プログラムがインストールされます。あた、パソコンのシャットダウン時に、利用可能な更新プログラムをインストールすることもできます。

アップデートを確認中またはインストール中にパソコンが応答しなくなる

たまにアップデートを確認中またはインストール中にパソコンが応答しなくなる場合があります。そのような場合は、次の手順で解決を試みて見て下さい。

アップデートを確認中にパソコンが応答しなくなる場合はもう1度「更新プログラム」を確認してみてください。確認しても解決しない場合は、「トラブルシューティングツール」を実行してみてください。さらにそれでも問題が解決しない場合は、マイクロソフトコミュニティWebサイトでフォーラムを検索するか、質問してみてください。

再起動した後の更新プログラムのインストール中にパソコンが応答しなくなる

この場合には、まずPCのシステムの復元を使用して、パソコンを更新する以前の時点の状態に戻します。

まず、電源ボタンを押してパソコンの電源をオフにしてから、電源ボタンを押してパソコンの電源をオンにし、自動修復画面が表示されるのを待ちます。

「システムの復元」の横にある、「復元」をタップまたはクリックしてから、もう1度更新プログラムのインストールをやり直してください。

セーフモードでWindowsを起動する裏技

セーフモードを起動させる方法①

29844bf1e3161bd9aa77731ee4d71515_s

「セーフモード」とは、Windows7までの場合、Windowsパソコンの電源を入れて立ち上げている途中で、キーボードの「F8」を何度も押します。こうすることで、「Windows OS」をシステム環境の最小構成として起動させることができるのです。

セーフモードを起動させる方法②

また、Windows10では、スタートアップメニューから電源ボタンを押し、Shift+再起動で出てくる「トラブルシューティング」から「詳細オプション」を開き、「スタートアップ設定」をクリックします。

再起動してきたら「F4」ボタンを押しましょう。こうすることでWindows10をセーフモードで起動することができます。

または、「設定」メニューから「PCの起動をカスタマイズする」を選び、さらに「詳細オプション」からスタートアップ設定に進んで、再起動させたらF4を押してセーフモードで起動させる手もあります。

修復Discやインストールメディアから起動

1 2

スポンサーリンク

Check Also

Macだけじゃない!?Windows機種でiTunesをダウンロードする方法

iTunesは、アップル社が開 …

Facebookでのご購読が便利です