WindowsのタブレットPCの商品比較

LINEで送る
Pocket

タブレット

スマートフォン、ノートパソコン以外にタブレットを持っている人を見かける機会が本当に増えてきました。

今回はWindowsのタブレットPCについていくつかの商品紹介をいたします。各データなども記載していますので、比較してもらうと良いです。このタブレットが1番良い、ということはないとは思いますが、タブレットを探している人にとって1番適したタブレットが見つかるための少しでも参考になれば幸いです。

今回はiPadなどのiOSではなく、Windowsに特化して紹介しています。iPadも格好いいですが、仕事や作業などに使ったり、普段使っているパソコンがWindowsでワードやエクセル、パワーポイントなどを使っている機会が多いようであれば、タブレットもWindowsの方が、何かとスムーズです。ここ最近に発売された機種ばかりなので、ご自身の予算と照らし合わせながら最適な1台を選んでみてください。

スポンサーリンク

WindowsのタブレットPCの商品紹介と比較

マイクロソフト・レノボ・NEC・東芝・VAIO・ASUS各社のタブレットPSを紹介していきます。デザイン性もですが、比較しやすいようスペック中心に記しています。ご確認ください。

「マイクロソフト Surface Pro4」

Windows10搭載でWindowsタブレットの中でも人気の高い「マイクロソフト Surface Pro4」。CPUには、第6世代インテルCoreプロセッサー、ストレージには256GBの高速SSDを搭載し、ノートパソコンの代わりもこなせるハイスペックタブレットです。画面比は3:2とWebページや文書などが見やすくなっています。解像度も2736×1824と高繊細です。スタンドがあるため、手に持たなくても見やすい角度に画面調節することができ、書籍、動画閲覧に便利です。

「スペック」画面サイズ:12.3インチ 解像度:2736×1824 CPU:第6世代Corei メモリ:4/8/16GB ストレージ:128/256/512GB 重量:約766g〜 薄さ:8.4mm バッテリー:約38Wh バッテリー時間:約9時間 リアカメラ:800万画素 フロントカメラ:500万画素 防水:☓ USB:USBのみ メモリカード:microSD HDMI:Mini DisplayPort有り SIMフリー:☓ その他:スタンドあり 価格:130,000円〜 

「レノボ ThinkPad X1 Tablet」

様々なシーンに対応できるようモジュラー設計により、必要に応じてノートブック、プロジェクター、3Dカメラに変わります。TrackPointとトラックパッド内蔵のため、マウスも必要ありません。解像度は2160×1440と高繊細で、CPUは第6世代となっています。

「スペック」画面サイズ:12.0インチ 解像度:2160×1440 CPU:第6世代CoreM メモリ:4/8GB ストレージ:128〜1TB 重量:約767g 薄さ:8.45mm バッテリー:約37Wh バッテリー時間:約10.2時間 リアカメラ:800万画素 フロントカメラ:200万画素 防水:☓ USB:USB、USBType-C メモリカード:microSD HDMI:Mini DisplayPort有り SIMフリー:☓ その他:スタンドあり 価格:140,000円〜 

「NEC LAVIE hybrid ZERO HZ100」

重量398gと驚異的な軽さが特徴のNEC LAVIE hybrid ZERO HZ100。ディスプレイ部分を外すとタブレットとしても使え、軽いため片手で長時間持っても気になりません。iPad Airよりも軽いです。

「スペック」画面サイズ:11.6インチ 解像度:1920×1080 CPU:Pentium 4405Y メモリ:4GB ストレージ:64GB 重量:約398g 薄さ:7.6mm バッテリー時間:約6時間 リアカメラ:500万画素 フロントカメラ:200万画素 防水:☓ USB:USB メモリカード:microSD HDMI:☓ SIMフリー:☓ その他:特に無し 価格:130,000円〜 

「東芝 dynaPad NZ72」

dynaPad NZ72は、紙のノートのように使える12型タブレットです。付属のペンは、ペン先が細く視差も少ないため、紙に近い書き心地が実現しました。重量は579gと軽く、薄さも6.9mmと持ち運びに便利です。室内でも外出先でも活躍できる1台です。

「スペック」画面サイズ:12.0インチ 解像度:1920×1280 CPU:Atom x5-Z8300 メモリ:4GB ストレージ:128GB 重量:約579g 薄さ:6.9mm バッテリー:約25Wh バッテリー時間:約7時間 リアカメラ:800万画素 フロントカメラ:200万画素 防水:☓ USB:microUSB メモリカード:microSD HDMI:microHDMI  SIMフリー:☓ その他:特に無し 価格:140,000円〜

「VAIO VAIO Z Canvas」

デスクトップやノートパソコンに搭載されているTDP47Wのプロセッサを採用した、VAIO VAIO Z Canvasは高速タブレットです。クリエイター向けのモンスタータブレットとして作られたこともありハイスペックがウリで、2560×1704の高解像度、あらゆる機能をA4サイズに凝縮させています。

「スペック」画面サイズ:12.3インチ 解像度:2560×17040 CPU:Core i7-4770HQ メモリ:8GB ストレージ:256GB 重量:約1210g 薄さ:13.6mm バッテリー時間:約7.6時間 リアカメラ:799万画素 フロントカメラ:92万画素 防水:☓ USB:USB メモリカード:SD HDMI:HDMI  SIMフリー:☓ その他:スタンドあり 価格:260,000円〜

「ASUS TransBook T100HA」

キーボードを取り外せばノートパソコンとして活躍します。580gの軽量で、10.1型のため、持ち運びにストレスを感じません。最大11.3時間のバッテリーと、他のタブレットの3分の1近い40000円〜の価格も見逃せません。

「スペック」画面サイズ:10.1インチ 解像度:1280×800 CPU:Atom x5-Z8500 メモリ:2/4GB ストレージ:64/128GB 重量:約580g 薄さ:8.45mm バッテリー時間:約11.3時間 リアカメラ:500万画素 フロントカメラ:192万画素 防水:☓ USB:USB、USBType-C メモリカード:microSD HDMI:microHDMI SIMフリー:☓ その他:特に無し 価格:40,000円〜

まとめ

どの製品も特徴があり素晴らしく魅力的なタブレットばかりです。バランスの取れたレノボ ThinkPad X1 Tabletや、他のタブレットの半分近い重量で超軽量のNEC LAVIE hybrid ZERO HZ100。軽く、紙のノートのような使用体験を実現した東芝 dynaPad NZ72。クリエイター向けのモンスタータブレットと称したハイスペックタブレットのVAIO VAIO Z Canvas。軽く、デザイン性豊かにも関わらず、他のタブレットの3分の1程度の価格を実現したASUS TransBook T100HA。など、どの製品も使用目的やデザイン、予算、好みなどにより、使用する人によって選ぶ製品が変わってくる大差ない高製品ばかりです。

そんななか、個人的なお勧めとすれば、マイクロソフト Surface Pro4です。CPUは第6世代インテルCoreプロセッサー、ストレージ256G、高速SSD、スタンド、画面サイズ12.3インチなど、高い処理能力とデザイン性を兼ね備えています。価格は、他とそれほど変わらない130,000円〜ですが、ノートパソコンの代用も本当の意味でできそうなタブレットになります。

マイクロソフトが作っているのでWindowsとの相性も抜群です。重量が重く、持ち運びに不便で片手で長時間使用などができない点が難点ですが、その点を除けば、今あるWindowsタブレットの中では1番バランス、コスパが取れているタブレットだと思います。タブレットの使用目的が仕事やデータ作成、文書作成、作業系などが中心の人にはお勧めです。

iPadなども格好いいですが、Windowsタブレットも格好よく高いパフォーマンスを発揮します。これからタブレットを購入しようか検討している人、買い替えようとしている人で、Windowsタブレットをお考えの方は、ぜひ、参考にして、自身に合う最適な1機を見つけて購入してみてください。どのタブレットも魅力的な機能が豊富ですので失敗はないと思います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です