Home / Windows / Windowsでリモートデスクトップを使用する手順

Windowsでリモートデスクトップを使用する手順

Pocket

win32-1
Windowsにはリモートデスクトップと呼ばれる、他のWindowsマシンの画面を操作できる機能があります。自分以外のパソコンにネットワークやインターネット経由で接続を行い、接続したパソコンの操作をすることができるので、人に何かを教えたりするときに非常に便利です。

本記事ではWindowsのリモートデスクトップの使い方をご紹介していきます。リモートデスクトップの利用を検討されている方は、是非本記事を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

1.Homeに相当するWindowsはホストになれない

無印のWindows8シリーズやWindows10 Homeなどの、個人ユーザーを前提に作られたWindowsでは、接続先のクライアントとしてホストに接続することはできますが、リモートデスクトップの接続を行う側のホストにはなれません。

トップ画像はWindows10 Homeのシステムのプロパティウィンドウですが、Windows10 Proなどには表示されるリモートデスクトップの設定メニューがありません。このように、Homeに相当するWindowsでは、リモートデスクトップホストの設定ができません。ホストとして設定したい場合は、別途ツールをインストールすることになります。

2.Windows標準のリモートデスクトップの設定

ホスト側のデスクトップの左下で右クリックし、メニューから「システム」を選択して、左メニューの「リモートの設定」をクリックします。

「リモートデスクトップ」メニューから「このコンピュータへのリモート接続を許可する」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。

win32-2

このホストに接続するクライアント側パソコンでは「すべてのアプリ」などで、「Windowsアクセサリ」にある「リモートデスクトップ接続」を選択します。

表示されたウィンドウで「オプションの表示」をクリックします。

win32-3

「コンピュータ」名と「ユーザー名」を入力して「接続」ボタンをクリックします。

win32-4

接続先のパスワード入力欄が表示されますので、パスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。接続できると画面が切り替わります。

3.Windows標準のリモートデスクトップが利用できない場合

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

DVD

自作DVDが作れる!windowsでDVD書き込みする時の3ステップ

あなたはDVDを自作したことが …

Facebookでのご購読が便利です