Windowsでhostsファイルを書き換える方法

LINEで送る
Pocket

win3-1

今はネット上の名前解決はDNS(Domain Name System)が一般的ですが、インターネット公開前のwebサービス開発環境を構築する場合など、hostsを書き換えたほうが楽な場合もあります。

本記事ではWindows環境でhostsファイルに変更を加える方法をご紹介していきます。hostsファイルの書き換えを行い、快適な開発環境を手に入れましょう。

スポンサーリンク

1.Hostsファイルで行うネットワークの名前解決とは

インターネットではコンピュータをIPアドレス(Internet Protocol address)で管理しています。インターネットにつながっているコンピュータは、すべてIPアドレスを持っています。

IPアドレス(v4)は0~255の数字4組(8bit×4=32bit)を「.」でつないで表します。例えば216.58.221.163などです。でも、人間がこのIPアドレスを見ても、何の事だかわかりません。

ですから、普段はドメインに名前を付けて人間にも理解しやすいようにしています。例えば「www.google.co.jp」とかなら、jpで国は日本で、coで営利企業だとわかって、googleという名前の団体の、wwwという名前のサーバーだと読み解けます。

そして、この「www.google.co.jp」というサーバーのIPアドレスを調べると、今pingを通した環境では216.58.221.163だと判明するのです。

win3-6

IPアドレスを持っているのはサーバーだけではありません。例えばwebブラウザでhttp://www.google.co.jp/を指定すると、指定した機器のwebブラウザにページが表示されます。これは指定した機器のIPアドレスに向けてwebページのデータが送り返されてきているから、隣のパソコンに表示されずにちゃんと指定した機器に戻ってきているのです。

つまり、ネットワークにつながっているすべての機器がIPアドレスを持っているのです。

IPアドレスとそれぞれの機器との名前を結び付けている仕組みが、ネットワークの名前解決と呼ばれて、DNSが一般的なのです。DNSは各レベルで多くのサーバーが協力して成り立っています。先ほどの例では、google.co.jpがひと固まりのドメインで、ある範囲のIPアドレスをまとめて割り当てられています。google.co.jpの中でも、各々の機器とIPアドレスを結び付けているDNSサーバーが存在しています。

2.「hosts」ファイルを書き換える目的

一般の名前解決はDNSに任せておけばいいのですが、公開前のWebサービスなどは、インターネットに接続したくありません。かといって、完全にネットワークから切り離しての作業も現実的ではありません。

そこで、限定された範囲で、機器名とIPアドレスを一時的に書き換える場合があります。特に、限定された機器で一時的に名前解決を変更する場合に利用できるのが「hosts」なのです。「hosts」であれば、1台のコンピュータでも名前解決を変更することができます。

ただし、「hosts」を書き換えたままだと、機器名を指定してもhostsに書かれているIPアドレスに変換されてコンピュータから出ていきますので、上位のDNSが変更されているとアクセスできない事態に陥りますので、注意が必要です。

3.「hosts」ファイルを書き換える

※hostsはシステムで使用される大切なファイルですので、管理者権限でないと扱えません。管理者権限で慎重に作業する必要があります。

「メモ帳」を管理者として実行します。管理者として実行するには、アプリの一覧から「メモ帳」を右クリックして、表示されるメニューから「管理者として実行」を選択します。

win3-3

ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」を選択します。

メモ帳が表示されたら、「ファイル」タブの「開く」をクリックします。

win3-4

「開く」ウィンドウが開きますので、アドレス窓(下図1)に以下を記入してENTERデーを押します(コピーアンドペースト可)。

%WinDir%\System32\Drivers\Etc

右下(下図2)の「テキスト文書(*.txt)」をクリックして「すべてのファイル(*.*)」を選択します。

win3-5

表示された「hosts」を選択します。

win3-2

空白行に「IPアドレス+スペースまたはタブ+ホスト名」でホスト名を追加します。

追加が終われば「上書き保存」で書き換えます。

「hosts」を変更しての作業が済んだら元に戻しておくことをお勧めします。

「hosts」では手軽に名前解決ができますが、あくまでも一時的な例外と考えて、基本的にはDNSに任せることが大切です。そして書き換える場合は危険性を十分に理解して、慎重に作業することをお勧めします。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です