ポケットWi-fiとは?ポケットWi-fiのスペックの意味と商品比較

LINEで送る
Pocket

外でも自宅以上にインターネットを利用するとこも多く、外出先でのネットワーク環境というのは非常に大事なものです。公衆wi-fiネットワークがなくても、ポケットwi-fiルーターを持っていれば、外出先でも好きなだけインターネットを利用することができるようになります。月額料金も安いものが多く、スマートフォンよりも小さいサイズのルーターも多いため、持ち運びの際、ストレスになることはありません。バッテリーも大容量になっており、充電がなくなりそうになったら、USBポートなどでも充電できます。外でスマートフォン、タブレット、パソコンなどの利用が多い人は、ぜひ、ポケットwi-fiを持つことを検討しましょう。今よりも更に快適なネット生活を送ることができるようになります。さて、今回はそんなポケットwi-fiについてご紹介したいと思います。これからポケットwi-fiを購入、レンタルし始めようと考えている方は、最低限の知識を記載していますので、お時間のある際、ご一読ください。

1 (5)
photo-ac

スポンサーリンク

ポケットwi-fiとは何なのか?

「ポケットwi-fi」や「モバイルwi-fiルーター」などの言葉をよく聞くようになりました。これらは同じ物のことを指しています。公衆wi-fiネットワークを利用しない場合、外でインターネットを利用するには、このポケットwi-fiルーターが必要になります。ここでは、ポケットwi-fiルーターを知るために、そもそもwi-fiルーターとは何なのか?ポケットwi-fiルーターとは?ポケットwi-fiルーター以外にもwi-fiルーターがあるのか、についてご紹介いたします。

wi-fiルーターとは

wi-fiルーターとは、スマートフォン、タブレット、パソコンなどの各デバイスと、インターネットとを繋ぐ役割をする機器で、交換器のようなものです。wi-fiとは、国際標準規格IEEE(アイトリプルイー)802.11に分かりやすく名前を付けたもので、wi-fiと付くものは繋げることができます。インターネットとデバイスだけでは繋がることができず、wi-fiルーターが電波の仲介をして、初めてインターネットに接続することができます。(携帯の3GやLTE除く)

ポケットwi-fiルーターとは

上記wi-fiルーターを持ち運びしやすいようにコンパクトにしたものです。スマートフォンより小さいサイズも多く、ポケットに入るサイズ、ポケットに入れて持ち運べることからポケットwi-fiルーターとも呼ばれます。ポケットwi-fiルーターが普及したことにより、外出先でインターネットを利用する人が爆発的に増えました。各携帯キャリア、事業会社から、大変多くのポケットwi-fiルーターが発売されています。購入とレンタルとあり、購入の場合は、月額料金3,000円〜4,000円程度×24回で利用できます。レンタルの場合は、1日あたり100円台〜レンタルすることができます。

ポケットwi-fi以外のwi-fiルーターとは

ポケットwi-fiルーター以外にもwi-fiルーターはあります。据え置き型タイプのものです。ポケットサイズに比べ大きなタイプになりますが、大きくて場所を取るものもありますが、その分性能が高く、ポケットwi-fiルーターに比べ、通信速度が速く、安定したネットワーク接続をおこなえます。

wi-fiのスペックの意味

・連続通信時間とは
連続通信時間とは、ポケットwi-fiルーターを起動させて通信可能な状態の時間のことです。

連続待受時間

連続待受時間とは、ポケットwi-fiルーターの電源はONの状態ですが、通信をしていない状態の時間のことです。通常、ポケットwi-fiルーターは通信をおこなっていない時間帯は自動でウェイティングモードになります。

連続待機時間

電源をONにしてからバッテリーが尽きるまで、電波を正常に送受信できる平均的な利用時間のことです。

上り速度

上り速度とは、アップロードする通信速度のことです。日常生活での使用に関しては、ほとんど問題ありません。仕事などで大量にファイルをアップロードして送信する場合などは別ですが、普段の生活においてはそこまで気にすることは必要のないスペックです。

下り速度

下り速度とは、上り速度(アップロード)の逆で、ダウンロードする通信速度のことです。多くの人は上り速度(アップロード)より、下り速度(ダウンロード)の方が重要になります。下り速度(ダウンロード)が速いと、ネット検索や動画視聴、ファイルのダウンロードなどが素早くおこなえます。速くネットを利用したい方は、ポケットwi-fiルーターの通信速度に関して、上り速度(アップロード)ではなく、この下り速度(ダウンロード)を注意して見るようにしましょう。

Mbps

megabits per second(メガビット毎秒)の略です。データ伝送速度の単位の1つで、1秒間に何百万ビット(何曲げビット)のデータを遅れるかを表したものです。毎秒100万ビット(1メガビット)のデータを伝送できるのが1Mbpsです。数値が大きいほど高速ということです。よく表記されてある、通信速度の最大値とは、その回線で提供される理論上の最大速度のことを指します。

最大接続台数

1台のwi-fiルーターに対して、同時に最大何台までのデバイスの接続が可能かどうかのことです。

外形寸法

W=幅、H=高さ、D=奥行、のことを表しています。

クレードル

クレードルとは、スタンド型の拡張機器のことです。wi-fiルーターをクレードルに置くだけで充電したり、LANケーブルを繋げることで、wi-fi対応していないデバイスでもインターネットへの接続が可能です。

各社wi-fiルーターの商品比較について

1つ1つのポケットwi-fiルーターを見ていった場合、どのルーターにも特徴があるため、利用する人により、見え方が異なります。様々な会社がポケットwi-fiを販売しており、性能に大きな差はありません。価格もほぼ横一線となっています。ドコモ、ソフトバンク、au、ワイモバイル、UQコミュニケーションズ、など、まだまだ多くの会社が販売しており、各社シーズン毎に3〜4ラインナップを発表しています。LTEを選ぶのか、WiMAXを選ぶのか、なども選択基準になります。ネットワークエリアに関しても多少の差はあっても各社ほぼ一緒です。1番は今利用しているスマートフォンとセットで利用することにより、通信費の割引が効く所で選んであげると良いでしょう。いろいろなサイトを見ていて人気が高いのは、WiMAXシリーズです。通信速度、端末デザイン、安い月額料金、セキュリティ、アフターサービス、ネットワークエリアなど、総合的に満足度の高いポケットwi-fiルーターの1つです。ドコモ、ソフトバンクなどもポケットwi-fiルーターを利用することにより、携帯代、もしくはwi-fiルーター代が安く収まるようなプランを扱っていますので、検討中の方は、WiMAXかお使いの携帯キャリアのポケットwi-fiルーターを優先的に選ぶと他の商品に惑わされることなく、良いwi-fiルーターを手にすることができるでしょう。

まとめ

ポケットwi-fiルーターに関する、本当に最低限のことを今回ご紹介いたしました。これからポケットwi-fiルーターを購入、レンタルを検討している方は、これらを踏まえたうえで、検討しているルーターを確認してみてください。バッテリーや通信速度に関してなど、今までとは違った見方で端末を見ることができると思います。ただし、性能がいくら良くても毎月の通信費が予算を超えているようでは意味はありませんし、毎月の通信費が安くても、性能が悪く外で余り使い物にならなくても問題です。ご自身の利用されるシーンに合わせて、最適なポケットwi-fiルーターを選ぶよう注意しましょう。人にとっては最適でも自分にとってはそうでない場合も多いです。しっかりと吟味してお選びください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です