Home / Android / テザリングの設定を簡単にできる人気アプリ6選

テザリングの設定を簡単にできる人気アプリ6選

Pocket

69c2373e125063dc3b8e95a13268b632_s

外出先でパソコンなどを使う際、ネットワークはどうしていますか?無料wi-fiネットワークが使えるカフェや施設であれば良いですが、ネットワークが使えない場所もあります。モバイルwi-fiルーターがあれば問題ありませんが、ない場合はスマートフォンのテザリング機能が便利です。しかし、毎回テザリングする度に設定するのは非常に面倒です。そんな時はテザリング設定アプリを使いましょう。アプリを使えば、簡単にテザリングできます。

スポンサーリンク

1. テザリングを簡単に設定できる人気アプリ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-03-11-17-55-05

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.taiseiko.tetherShortCutApp&hl=ja

ここでは、テザリングを使う際に、あると便利なおすすめアプリを紹介します。テザリングアプリを使えば、都度、スマートフォンの設定からテザリングのON/OFFをしなくても、簡単に設定が可能です。

1.テザリングON/OFF

テザリングON/OFFアプリは、Androidスマートフォンで使える便利なテザリング設定アプリです。ON/OFFはワンタップで簡単に素早く設定できます。わざわざ設定画面を開いてテザリング設定する必要もありません。

テザリングがONになっている時はステータスバーに表示されますので、一目で確認でき、間違ってON状態になっていてデータ通信量が消費されるのも防げます。シンプルな使い勝手なため、テザリングアプリが初めての人でも安心して使えます。

2.TetherSetting

TetherSettingは、テザリングのON/OFFだけでなく、SSID/パスワードを変更することも可能です。簡単にパスワードの変更もでき、不正アクセスにも対処できます。テザリングを多用する人でセキュリティが心配な方に良いかもしれません。シンプルなため、使い勝手も悪くありません。

3.Easy Tether Lite

Easy Tether Liteは、テザリングする際に、ワイヤレスでのテザリングではなく、パソコンとスマートフォンをUSBケーブルで接続して使います。都度、ケーブル接続するのは面倒に感じるかもしれませんが、慣れれば簡単ですしセキュリティもワイヤレスに比べると安心です。wi-fiルーターのように使えます。

4.PdaNet+

PdaNet+は、3G、4G、wi-fiネットワークをテザリングできるアプリです。テザリング接続したいデバイスとBluetoothでペアリングできますので、ワイヤレスで使えます。英語表記となりますが、操作が難しいことはありません。

5.テザリングスイッチ

テザリングスイッチは、いつでも簡単に使えるテザリングアプリで、特に難しい操作も設定も必要ありません。テザリングスイッチアプリをインストールして、あとはアプリをワンタップするだけで、テザリングON/OFF設定が可能です。簡単操作のアプリを探している方におすすめです。

6.Klink Tether without root

Klink Tether without rootは、テザリング接続したいデバイスとUSBケーブルで接続して使用します。Klink Tether without rootアプリをインストールして、起動し、ケーブルで接続するだけですので、使い方も簡単です。

2.iPhoneのテザリング設定

iPhoneでテザリングしたい場合は、下記の方法で行います。尚、iPhoneでテザリングする場合は、各携帯電話会社のテザリングオプションに加入しておかなければなりません。

  1. iPhoneホーム画面から設定アイコンを開きます。
  2. 設定メニューの中から、「モバイルデータ通信」を選択します。
  3. モバイルデータ通信を開くと一覧が表示されますので、「インターネット共有」をオンに変更します。この際、テザリングオプションに加入していない場合は、「インターネット共有を設定」と表示されます。
  4. インターネット共有画面を開くと、「インターネット共有」の項目がありますので、オン設定に変更します。
  5. wi-fiやBluetoothの設定がオフの場合は、それぞれがオフ設定の旨のポップアップが表示されます。
  6. インターネット共有がオンの状態を確認し、wi-fiのネットワーク名とパスワードを確認します。
  7. テザリング接続するデバイスで、wi-fiネットワーク名を選択し、パスワードを入力すればインターネット接続ができます。テザリング接続がされると、iPhoneの画面上部に「インターネット共有:●台接続中」という表示がされます。

上記方法により、iPhoneでテザリング接続ができます。

3.テザリングのメリット

ここでは、iPhoneやAndroidスマートフォンでテザリングする場合のメリットについて、紹介いたします。

1.wi-fiルーターを持っていなくても、どこででもインターネットが使える

iPhoneやAndroidスマートフォンでテザリングすることで、パソコンなどのデバイスをどこででも使えます。外出先でパソコンを使いインターネットを利用するには、公衆wi-fiネットワークや、モバイルwi-fiルーターなどが必要ですが、両方がない環境でもスマートフォンなどのテザリングを使えば、インターネットが利用できます。

モバイルデータ通信が使える場所であれば、テザリングできますので、モバイルwi-fiルーターよりも使えるエリアも広かったりします。また、wi-fiルーターを持ち歩かなくてすむため、荷物も軽減できます。

2.モバイルwi-fiルーターの料金が節約できる

外出先でインターネットを利用するために、モバイルwi-fiルーターを契約している人も多いですが、テザリングを上手く活用すれば、モバイルwi-fiルーターを持たなくて良いため、節約に繋がります。wi-fiルーターのの利用料金は毎月3,000〜4,000点程度かかります。スマートフォンのテザリングだけですませれば、wi-fiルーター分の通信料金の節約が可能です。

4.テザリングのデメリット

ここでは、iPhoneやAndroidスマートフォンでテザリングする場合のデメリットについて、紹介いたします。

1.スマートフォンのバッテリー消費が速い

テザリングを使うことで、iPhoneやAndroidスマートフォンのバッテリー消費が速くなります。充電をしながらであれば良いですが、長時間テザリングを使うと、かなりバッテリーを消耗しますので、その後の使用に影響があります。テザリングをする際は、バッテリー消費に注意しなければなりません。もし使う場合は、できるだけ充電できる環境や、バッテリーに余裕がある時が良いでしょう。

2.通信速度制限がかかることも

テザリングをすることで、スマートフォンのモバイルデータ通信が使用されます。契約しているモバイルデータ通信の容量が小さい場合は注意が必要です。普段の生活のなかでもスマートフォンでインターネットや動画視聴を行います。

さらに、テザリング接続でパソコンでインターネットを使えば、多くのデータ通信量を消費する可能性があり、通信速度制限にかかる恐れがあります。特にデータ通信の容量が小さい方は注意が必要です。速度制限にかかってしまうと、スマートフォンもまったく使いものになりません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。テザリングアプリを使えば、面倒な設定も必要なく、すぐにテザリングが使えます。普段からテザリングを使う機会が多い方は、わざわざ設定アイコンから操作しなくても、ワンタップで接続できます。ぜひ使ってみてください!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

0e79d2f735c75500b69e7c29d8ec5f70_s

iPhoneの画面が録画できる!iOS11の便利な新機能「画面収録」をご紹介

iOS11から「画面収録」機能 …

Facebookでのご購読が便利です