Home / Google / Android / テザリングやInstant Hotspotの設定方法を易しく解説(iPhone,アンドロイド)

テザリングやInstant Hotspotの設定方法を易しく解説(iPhone,アンドロイド)

Pocket

テザリングという言葉を皆様は聞いたことがあるでしょうか。Wi-FiやBluetoothなどは今やすっかり世間に浸透し、便利に活用している方も多いことでしょう。イヤホンやパソコンのキーボード、コンシューマーゲーム機に至るまで、ありとあらゆる通信を行うことができ、大変便利だとメディアや雑誌で取り上げられています。

しかし、テザリングという言葉はあまり馴染みがないかもしれません。なぜならキャリアショップ等でしか聞く機会がなく、Wi-FiやBluetoothと違って何やら難しそうだと感じてしまうからでしょう。そこで、ここではそのあまり馴染みのないテザリングについて設定方法等を詳しく解説、ご紹介して参ります。

スポンサーリンク

テザリングとは

paku1593_tp_v
それでは、そのあまり馴染みのないテザリングの仕組みや使う上でのメリットやデメリットをご紹介していきます。

仕組み

まずはテザリングの仕組みについてです。現在ポケットWi-Fiや自宅で無線Wi-Fi環境を構築している方であれば、とてもすんなりご理解頂けるかと思います。

テザリングとは、キャリアと契約をしているsimカードを差し込んでいるデバイスから他のデバイスへ電波を共有する機能のことを指します。つまり、いつも使っているスマートフォンからパソコンやタブレット端末へ電波を送り、外出先でも様々なデバイスでインターネットへ接続出来る機能です。

仕組みはとても簡単です。まずキャリアと契約している例えばスマートフォンのデータ使用量の上限が5GBだとします。この時、スマートフォンでテザリングを行い、タブレット端末でもインターネットに接続をし動画等を視聴している場合、タブレット端末は上限5GBのデータを使用していくことになります。

当然、スマートフォンで使用できるデータ量は少なくなってしまいます。このように、契約を一元化し様々なデバイスで電波を共有するのです。つまり、スマートフォンをポケットWi-Fiの様に利用するといった仕組みです。

通常スマートフォンはスマートフォンのみで通信をするように作られています。テザリングを行うことで、メリットもあれば当然デメリットもある訳です。それでは、テザリングを行う上でのメリット、デメリットをご紹介していきます。

メリット

テザリングを行う上でのメリットは、まずなんと言ってもスマートフォン一つで様々なデバイスに接続し、作業を行ったりコンテンツを楽しんだりすることが出来るという点です。ポケットWi-Fiのように使えるテザリングは、スマートフォン側のデータ使用上限を上げておけば、パソコンやタブレットに問題なく電波を分け与えることが出来ます。

ですので、外出先や移動中の作業をする上で大変便利です。

また、家族や友人のデータ使用制限が来てしまったというような緊急時にも活躍してくれます。ご自身のスマートフォンからテザリングを行い相手のデバイスをインターネットに接続してあげることで、緊急時のインターネット環境にも対応できます。

これを見ると、テザリングは大変便利で重宝するものに思えます。しかし、デメリットがあるのもまた事実です。次はテザリングを行う上でのデメリットについてご紹介して参ります。

デメリット

テザリングをする上でのデメリット。それは、通信制限の問題とバッテリー消費の問題です。

まず通信制限の問題は月々に使えるデータ使用量の上限を上げることで解決はできますが、上限が上がれば当然月々の利用料金も上がります。常に日頃からテザリングを行おうとするとかなりのデータ量を必要としますので、最悪の場合通信制限に引っかかってしまい、本来のスマートフォンの接続すら危うくなる危険性があります。

また、バッテリー消費についてですが、これも電波の受け取りと受け渡しを同時にそして常に行っているため、スマートフォン本体に負荷を与えることになります。それに比例して、バッテリーの消費が激しくなります。モバイルバッテリーを持っていれば安心ですが、そういった使い方を積み重ねることでスマートフォン本体のバッテリー寿命を縮めることに繋がります。

ガラケーと呼ばれる折りたたみ式携帯電話の時代やスマホ黎明期の時代であればバッテリーパックを自分で交換することができましたが、最近の防水機能がしっかりついているスマートフォンでは自分でバッテリーを交換することが出来ません。

ですので、テザリングの常時使用によってバッテリーが激しく消耗してしまった場合には、メーカーやキャリアに有料で修理に出す必要があります。このようなデメリットを引き起こさないためにも、テザリングは本当に必要な時に必要な分だけ使うようにしましょう。

iPhoneで設定する方法

ここまではテザリングとはそもそも何なのかについてご紹介して参りました。ここからは実際にテザリング設定をする方法についてご案内していきます。まずはiPhoneでの設定方法からご案内していきます。

USBから

ではUSBからテザリングを行う方法についてです。USBで接続するためにはまずiPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続する必要があります。このときのUSBケーブルは、iPhoneに付属されているものをオススメします。次に、iPhone側で設定を開き、「モバイルデータ通信」を選択して下さい。

すると画面がモバイルデータ通信の設定画面に移るので、その中の「インターネット共有」を選択して下さい。すると画面が切り替わり、インターネット共有のオンオフ設定が行えるようになっているので、これをオンにして下さい。

この時、もし「Wi-Fi/Bluetooth」の確認画面が現れた場合は「USB」のみを選択して下さい。最後に、パソコン側でインターネットブラウザ等を開くなどして確認をして頂ければ、無事USBでのテザリングは完了です。

Wi-Fiから

続いて、Wi-Fiからのテザリング設定方法です。Wi-Fiの場合であってもiPhone側で行うことはインターネット共有をオンにするところまではUSBで接続する時と同じです。ですがWi-Fiを使って接続をする場合、iPhoneを親機とした場合に子機となる接続したいデバイスのWi-Fi設定をオンに切り替える必要があります。

そうして、子機となるデバイスでテザリング設定をしたiPhoneを探し、選択します。すると、接続するためのパスワードを求められますので、iPhoneに表示されているパスワードを入力して下さい。これでWi-Fiを使ってのテザリングは完了です。

Bluetoothから

beatspaku2891_tp_v
最後に、Bluetoothを使ってのテザリング設定方法についてです。これについてもiPhoneのインターネット共有をオンにするところまでは同じです。ですが一点、Bluetoothの接続もオンにしてください。これもiPhoneを親機とした時の接続した子機となるデバイスでも、Bluetooth接続をオンにして下さい。すると子機となるデバイスがペアリングできるデバイスを探します。

この時、テザリング設定を行ったiPhoneを選択して下さい。OSにもよりますが、選択するとアリング番号というものが表示されます。それと同時に、親機であるiPhoneの画面上にペアリングをするかどうかの選択画面が現れますので、「ペアリング」を選択して下さい。無事ペアリングが済めば、Bluetoothでのテザリングが完了です。

アンドロイドで設定する方法

先程はiPhoneで設定する方法をご案内しました。ここではAndroidを搭載した端末でテザリング設定をする方法についてご案内していきます。

USBから

まずはUSBを使っての接続についてです。まず、Android端末側で設定を開き、接続等の項目を選択して下さい。そしてその中にある「テザリング」を選択し、「USBテザリング」を選択して下さい。これで、Android端末側での接続設定は完了です。

そしたら接続したいデバイス側でインターネットブラウザ等を開き、無事接続されたことを確認したらUSBでのテザリング設定は完了です。

Wi-Fiから

続いてWi-Fiを使ってのテザリング方法です。これはUSBよりもスムーズでAndroid端末側で「テザリング」を選択するところまでは同じです。Wi-Fiテザリングをオンにして下さい。Android端末を親機とし、接続したいデバイスを子機とした場合、子機側でもWi-Fi接続をオンにする必要があります。

すると、子機側でWi-Fi接続一覧にテザリング設定をした親機が表示されますのでそれを選択します。選択すると接続するためのパスワードを求められますので、親機側に表示されているパスワードを入力することで、Wi-Fiを使ってのテザリング設定は完了です。

Bluetoothから

最後に、Bluetoothを使ってのテザリング設定についてです。これについてはWi-Fiでテザリング設定を行う場合とほとんど同じです。Wi-FiテザリングをオンにするところをBluetoothテザリングをオンにしてください。そしてこれもAndroid端末側を親機とし、接続したいデバイスを子機とした時に、子機側でBluetooth接続をオンにします。

すると、ペアリングできるデバイスを探しますので、テザリング設定をした親機を選択して下さい。それと同時に親機にペアリングを承認するかどうかの確認画面が現れます。このとき、親機にも子機にもパスキーという番号が表示されるので、それぞれ「ペア設定する」を選択して下さい。

最後に子機側で「インターネットアクセス」にチェックを入れれば、Bluetoothを使ってのテザリング設定は完了です。

Instant Hotspotの設定方法

w_iphone

ここではテザリングには欠かせない「インスタントホットスポット」の設定方法についてご紹介致しましょう。

iPhoneの「Instant Hotspot」とは

まず確認していただきたいのですが、iPhoneでテザリングをする場合「テザリングオプション」という項目の契約が必要です。また、システムのバージョンが古い場合は、設定→一般→情報→キャリアから「キャリア設定アップデート」をしておくのがおすすめです。なぜならiOS8以上でないと使えないからです。

インスタントホットスポットとはiPhoneのiOS8から導入された機能で、親機となる端末から「インターネット共有」をオンにせずとも接続ができるようになる機能です。

Instant Hotspotを利用するために必要な事

まずは「テザリングオプション」の契約をしているか、それからiPhoneのシステムバージョンが「iOS8かどうか」を確かめてみて下さい。これらがクリアさせていれば、まず準備の第一段階はOKです。iPhoneであればiPhone5以降、iPadであれば第4世代以降より前のものであれば一度バージョンを確認したほうがいいでしょう。

その上で、親機と子機の両方でBluetoothとWi-FiをONにし、共通のAppleIDでiCloudにログインします。

iPadをiPhone経由でインターネット接続する場合

この場合はiPadが親機、iPhoneが子機となります。上記の設定をiPhoneとiPadの両方で行ったら、

1.まず子機となるiPhoneで親機のiPadを検出します。

やり方は、設定→Wi-Fiからインターネット共有にあるiPadをタップするだけです。

2.今度は親機のiPadも同様に設定→Wi-Fiを開きます。インターネット共有にはiPhoneが表示されているので、それをタップするとデザリングが開始されます。

MacをiPhone経由でインターネット接続する場合

今度はMacをiPhone経由でインターネット接続する場合についてご紹介しましょう。同様にiPhoneをモデム代わりにしてインターネット接続することができるのです。

まずiPhoneはiOS8以降のシステムが入っているか、テザリングオプションの契約をしているかを確認しておくのは言うまでもありません。

1.そして設定→インターネット共有をタップし、インターネット共有をスライドしてONにします。

2.さらに設定→Bluetoothをタップし、BluetoothをスライドしてONにします。

そしてMac側ですが、OSがOS X Yosemite(10.10)以上でないとテザリングは利用できませんので、バージョンをアップしておきましょう。

3.そしてMac側の設定ですが、上部メニューバーから「Bluetooth環境設定」→ON→ペアリングと設定していきます。iPhoneの名前が表示されているので、その横の「ペアリング」をクリックします。iPhoneですでにBluetoothの設定をしている場合、Macの画面に「コード番号」が表示されます。

4.さらにiPhoneに戻ると、「Bluetoothペアリングの要求」という文字が表示されます。さきほどの「コード番号」と同じ数字が表示されているかを確かめ、「ペアリング」をタップすると、デザリングが開始されます。

5.Macの上部メニューバーのBluetoothのアイコンからiPhone→ネットワークへ接続とクリックすると、インターネット接続が開始されます。

テザリングによる通信速度制限を避ける4つのコツ

office-620822_640iphone_nail

それでは、テザリングによってiPhoneの「通信制限」を避けるにはどうすればいいのでしょうか?

アップデートは避ける

実はシステムのアップデートはとても容量を食います。特にWindowsのアップデートは予告なく突然始まるため、注意が必要です。また意外に盲点なのが、ウィルスソフトなどのアップデートです。こちらもオンラインに繋がっていると、否応なくアップデートが進む場合があるので、要注意です。

容量を食うあまりにスマートフォンが通信制限になってしまうと元も子もありませんので、自動的アップデートは両者とも解除しておくのがいいでしょう。

動画などの通信量を多く消費するものは使用しない

動画、音楽などは思いの外通信料を消費してしまいます。デザリング中は音楽を聞いて楽しくインターネットしたいところですが、通信制限を避けるためぐっと我慢しましょう。

オンラインストレージの同期はオフにする

オンラインストレージも意外にデータの容量を食います。オンラインストレージをONにしているだけでデータ量が減ってしまうこともありますので、テザリング中はOFFが鉄則でしょう。

通信量のチェックは欠かさずに

テザリングが繋がってサクサクインターネットしているところに突然やってくる「通信制限」。通信制限がやってくると、追加料金を払わないと使えなくなってしまうので痛いですよね。そんなことにならないように、1時間ごとなどiPhone側の通信料のチェックは欠かさないようにしましょう。

テザリングできない場合

iPhoneとiPad、Macを繋いでのテザリングは設定は簡単なものの、なんらかの原因やタイミングでテザリングが出来ない場合もあります。そういった場合はどうすればいいのでしょうか?

親機(スマホ)に問題がある場合

まずは親機であるスマホに問題がある場合です。考えられる原因としては、
・テザリングオプションなどの契約をしていない。
・スマホのバージョンが古い
・Wi-FiやBluetoothのどちらかがONになっていない

のどれかです。このような場合はスマホのシステムのバージョンを確認して古ければiOS8以降にアップデートするか、テザリングの契約の確認、iPhoneとMac双方のBluetooth接続をみなしてみるか、インターネット共有やモバイルデータ通信のON-OFFを試してみましょう。

子機(PC,ゲーム機器等)に問題がある場合

Macに接続できない原因がある場合、まずMac側のシステム環境設定の「ネットワーク」の左のリストに「Bluetooth PAN」という項目が表示されているかチェックしましょう。もし表示されていなければ「+」マークで追加します。その後デバイスでiPhoneを選択して接続します。これならWi-FiがオフでもBluetoothを介して接続できるはずです。

それでもダメな場合は、もういちど上記のiPhoneとMac双方のBluetooth接続をみなしてみましょう。

まとめ

gori0i9a3129072103951_tp_v
iPhoneをモデム代わりにして、Macやゲーム機を接続してインターネット通信。とても便利ですよね。本来はその設定はとても簡単なのですが、なんらかの原因やタイミングなどでなかなか接続できない場合もあります。

そのような時は慌てず、

・iPhoneのテザリング契約、Mac、iPhoneのOSのバージョン確認。
・iPhoneとMac双方のBluetooth接続を確認
・iPhone側のインターネット共有やモバイルデータ通信のON-OFFをしてみる

などを繰り返してみましょう。一度設定すると、次回からはそれをマシーン側が覚えていて簡単に接続できるようになるはずです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

1GBってどのくらい?1ヵ月間を1GBで過ごすコツ7つ

「すぐに速度制限がかかってしま …

Facebookでのご購読が便利です