Home / ネットワーク・IT / Wi-fi / シンガポールの通信環境は日本以上!レンタルWi-Fiは借りるべきか

シンガポールの通信環境は日本以上!レンタルWi-Fiは借りるべきか

Pocket

多民族国家で、有名なハブ空港があったりと有名なシンガポールは、今やIT先進国で観光大国といわれています。経済成長も目覚ましく、一般家庭へのインターネット普及率は100%以上ともいわれ、日本とは変わらないネット環境が整備されているといっても過言ではありません。

また、政府提供のWi-Fiをはじめ、無料Wi-Fiが街中いたるところで飛んでおり、無料Wi-Fi環境は日本よりも発展しているといってよいでしょう。

では、シンガポールに旅行、駐在、留学などをする際に快適なインターネットライフを送るためにはどのような方法があるのでしょうか。

スポンサーリンク

シンガポールでのWi-Fi環境について

シンガポールのWi-Fi環境の状況

シンガポールでは、シンガポール政府提供の無料Wi-Fiである、「wireless@SG」をはじめ、2大電気通信事業者である、「Singtel」と「Starhub」が大半を占めています。また、街中に様々な無料Wi-Fiスポットがありますので紹介していきます。

無料Wi-Fiスポット一覧

チャンギ国際空港

チャンギ空港で利用できるのは、「#WiFi@Changi」という無料Wi-Fi。アクセスポイントはターミナル内に550か所以上もあります。空港内にいる間はこのサービスをすれば特に問題ないでしょう。

利用方法は税関を通過した後にある「インフォメーションデスク」で、Wi-Fi利用したい旨を伝え、パスポートを提示すると、設定方法とID、パスワードの書かれた紙をもらえます。

これで登録をすると、空港内専用の無料Wi-Fiサービスが利用できます。

参照URL:http://www.changiairport.com/en/airport-experience/attractions-and-services/internet-connection.html

シンガポール政府提供の「wireless@SG」

街中のいたるところに飛んでいる、政府提供の無料Wi-Fiサービス。チャンギ空港到着後、空港内のWi-Fiを利用できるようにしてから、登録することが必要です。

登録をすれば24時間利用でき、街中にある「wireless@SG」スポットに自動的にアクセスされます。

飲食店・ショッピングモール

政府提供の無料Wi-Fiサービスの他に、スタバやマック、KFCなどの飲食店や、街中にあるデパートやショッピングモールなどには、その店独自の無料WiFiを提供しているところが多数あります。

その他施設

シンガポールビジターセンターや、IONオーチャード、ユニバーサルスタジオなどの各施設にも無料Wi-Fiサービスの提供がされています。

宿泊施設内

一般的なホテル内には、無料WiFiが提供されています。利用方法については、各宿泊施設に問い合わせるのが良いでしょう。ただ、中には有料サービスのホテルもあるので、ご注意ください。

次ページ:シンガポール政府提供のWi-Fi「Wireless@SG」とは

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

当日申し込み可能なレンタルWi-Fiも!関空で受取可能なWi-Fi4選

旅行や出張のために海外に行くこ …

Facebookでのご購読が便利です