白ロムとSIMフリーの違いは?白ロムの基本情報と入手方法

LINEで送る
Pocket

46daf57b3b94d843ddaced5bd2b03550_s

白ロムという言葉を聞いたことはありますか。格安SIMの普及により、SIMフリースマートフォンと一緒によく聞く言葉です。

ここでは、「白ロムとSIMフリーの違いは?白ロムの基本情報と入手方法」について紹介いたします。これから、中古ショップなども含め、格安SIM用にスマートフォンを購入する予定の方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.白ロムの基本情報

8003d47091351cbf2992b2ffcc2bda15_s

ここでは、白ロムの詳細やSIMフリーとの違いについて紹介いたします。

1.白ロムとは

白ロムとは、SIMカードが入っていない状態のスマートフォンやタブレットのことです。SIMカードが入っていないため、何の情報もROMに入っていないため、ROMが真っ白な状態から「白ロム」と呼ばれています。SIMカードには識別情報として、契約者の電話番号などの情報が登録されています。

SIMカードをスマートフォンに差し込むこと、SIMカードの情報がスマートフォンのROMに書き込まれ、電話などができるようになります。白ロムは、SIMカードが入っていないため、当然電話をかけることも、受けることもできず、スマートフォン単体でインターネット利用もできません。Wi-fiネットワークを利用したインターネットと、オフラインで使える機能しか使うことができません。

2.白ロムの入手方法

白ロムは、SIMカードの入っていないスマートフォンなどの端末のことですので、入手する場合は白ロム専門店などの中古ショップで購入しなければなりません。

3.白ロムとSIMフリーの違い

SIMフリースマートフォンの場合は、SIMロックが解除されていますので、購入後、楽天モバイルやDMMmobile、UQmobile、OCNモバイルONEなど、好きなSIMを利用することができます。しかし、白ロムの場合は、SIMロックを解除しているわけでなく、SIMカードを抜いているだけの状態です。

そのため、購入後利用する場合は、ドコモ、ソフトバンク、auなどの元のキャリアに紐付いたSIMカードを利用するか、SIMロック解除を行いキャリア関係なくSIMカードを使うか、どちらかの方法で利用します。元のキャリアがドコモの場合は、ドコモのネットワーク回線を使用している、楽天モバイル、DMMmobile、U-mobile、FREETEL、LINEモバイル、OCNモバイルONEなどの格安SIMであれば、SIMロック解除せずとも使えます。

auのスマートフォンであれば、auのネットワーク回線を使用している、UQmobileやmineo、IIJmioなどの格安SIMであれば、SIMロック解除をせずにそのまま使用できます。白ロムとSIMフリーで似ているようにも感じますが、状態が異なり、購入後の使用方法も違います。

2.白ロム、SIMフリースマートフォンを購入した際におすすめの格安SIM

ここでは、白ロムやSIMフリースマートフォンを利用する際に、おすすめの格安SIMを紹介いたします。

1.楽天モバイル

楽天モバイルは、普段から楽天サービスを利用している人にとてもお得な格安SIMです。毎月の利用料金100円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント貯まり、1ポイント=1円として旅行の楽天トラベルやネットショッピングの楽天市場で使えます。楽天モバイルの毎月の利用料金に充てることもできます。

契約期間中は、楽天市場で貯まるポイントが常に2倍にもなるので、どんどんポイントが貯まります。5分以内の国内通話が何度でもかけ放題できるサービスが月額850円で利用できたりします。

通話SIM月額1,250円〜、050データSIM(SMSあり)月額645円〜、データSIM(SMSなし)月額525円〜とリーズナブルな料金で使え、余ったデータ通信量は自動で翌月に繰り越しされます。友人や家族でシェアできるサービスもあり、全員の利用料金を安く抑えれます。

2.LINEモバイル

LINEモバイルは、普段LINEやInstagram、Twitterなどのヘビーユーザーにおすすめの格安SIMです。月額500円〜のLINEフリープランは、どれだけLINEを使ってもデータ消費量0なので、好きなだけLINEを使えます。月額1,110円〜のコミュニケーションフリープランは、データ消費量0のアプリがLINEだけでなく、Twitter、Instagram、Facebookも好きなだけ使い放題できます。

月額1,810円〜のMUSIC+プランは、Twitter、Instagram、Facebook、LINEに加えて、LINEMUSICもデータ消費量0で好きなだけSNSも使えて、音楽も聴き放題できます。利用料金に応じてLINEポイントも貯まり、ポイントでLINEスタンプなどが購入できるため、気になるスタンプも買いやすくなります。

3.FREETEL

FREETELは、人気のアプリがデータ消費量0で使える格安SIMです。料金プランは月額499円〜定額プランと、299円〜使った分だけ安心プランから好きな方を選べます。データ定額3GB以上のプランであれば、Instagram、LINE、Facebook、Twitter、Messenger、ポケモンGO、WeChat、WhatsAppなどの人気アプリがデータ消費量0で使い放題楽しめます。

画面が割れていたり、残債が残っている機種でも機種変更できる独自のサービスなども充実しています。人気アプリのヘビーユーザーに特におすすめの格安SIMです。

4.OCNモバイルONE

.OCNモバイルONEは、データSIM月額900円〜、音声通話SIM月額1,600円〜利用できます。データ通信量は日単位と月単位から選択できますので、自分の消費量に合ったプランが見つかります。

月額850円で使えるOCNでんわ10分かけ放題オプションや、全国約82,000ヵ所でフリーwi-fiネットワークが利用できます。1ヶ月に1回コース変更できたり、データ通信量のシェア、低速通信時も一定量の高速通信が可能なバースト機能などのサービスもあります。余ったデータを翌月にも繰り越せるため、毎月無駄なく使用できます。

5.DMMmobile

DMMmobileは、利用料金に応じてDMMポイントが貯まり、ポイントはDMMの各サービスで使用できます。DMM光とのセット割や、速度制限時も一定量の高速通信ができるバースト機能などが使えます。

大容量データ通信量を家族などで分け合えるシェアコースもあり、家族全員の利用料金を安く抑えることが可能です。データSIMは月額440円〜、通話SIMは月額1,140円〜利用できます。

6.BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMは、月額480円〜エンタメフリーオプションサービスがあり、YouTubeやGoogle Play Music、AppleMusic、AbemaTVなどがデータ消費量0で使い放題でき、動画視聴や音楽を楽しめます。20〜30GBの大容量データ通信量を家族で分け合えるシェアもでき、全員で節約が可能です。

データSIMは月額900円〜、通話SIMは月額1,400円〜使えます。余ったデータ通信量は翌月に繰り越せ、利用料金に応じてGポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント=1円で利用でき、マイルや電子マネーへの交換もできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「白ロムとSIMフリーの違いは?白ロムの基本情報と入手方法」について紹介いたしました。これから、中古ショップなどで格安SIM用にスマートフォンを購入予定の方は、白ロムかSIMフリースマートフォンか確認し、自分に合った方を選ぶようにしてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です