HTCのSIMフリーのスマートフォンの特徴とメリットデメリット

LINEで送る
Pocket

20981bbb14a81aae253d012d9b0634ef_s

人気あるスマートフォンメーカーの1つHTC。多くの機種が発売されています。ここでは、「HTCのSIMフリーのスマートフォンの特徴とメリットデメリット」について、紹介いたします。これからHTCスマートフォンを検討している方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.HTCのSIMフリーのスマートフォンの特徴

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-09-16-29-38

出典:http://www.htc.com/jp/

1.HTC10 HTV32

「HTC10 HTV32」は、メインカメラもインカメラにも光学式手ブレ補正が搭載されており、美しく高画質な画像が楽しめます。0.6秒でカメラが起動し、高速レーザーオートフォーカスなどもあり、シャッターチャンスを逃しません。

4K動画が撮影もでき写真や動画撮影がより楽しくなります。ハイレゾ対応のイヤホンも付属しており、Hi-Fiスピーカーも搭載しているため、高音質な音楽をいつでも聴くことができます。指紋認証は約0.2秒でロックを解除し、タッチレスポンスも速く、軽快に操作できます。操作もしやすく、コストパフォーマンスの優れた1台です。

2.HTC Desire EYE

「HTC Desire EYE」は、メインカメラもインカメラも1300万画素でデュアルLEDフラッシュも搭載されているので、光の足りない場所でも自動調整フラッシュで綺麗に撮影できます。専用アプリを起動しなくても、より綺麗に撮影できる美肌効果や、誰かと顔を合成するフェイスフュージョン、4枚の写真1枚にまとめるPhoto Booth、メインカメラとインカメラを同時に使えるスプリットキャプチャ機能などが標準で使えます。

ディスプレイの両脇にスピーカーが配置されているので、クリアな音楽を大音量で楽しめます。防水・防塵対応なので、アウトドアでの使用も安心です。

3.HTC Desire 626

「HTC Desire 626」は、SNSの更新情報や新着のニュース情報などをタイムラインのようにホーム画面に表示するHTC Blink Feed機能があるため、スマートフォンのホーム画面を見るだけで、自分に関係する最新情報を確認できます。

マカロンピンクとマリーンブルーの2色展開で、シンプルなデザインなため長く使っても飽きがきません。連続通話時間約541分(3G)、連続待受時間約451時間(3G)とバッテリー持ちも十分です、メインカメラは1300万画素で綺麗な画像や動画撮影を楽しめます。

2.HTCのSIMフリーのメリット

1.毎月の利用料金を安くできる

SIMフリーのスマートフォンを選ぶことで、毎月の利用料金を大幅に安くすることが可能です。SIMフリーにすることで、MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)が提供する利用料金の安い格安SIMが使えます。

docomo、SoftBank、auなど大手キャリアで契約をすると、毎月の利用料金は4,000〜6,000円はかかります。しかし格安SIMを使えば、1,000〜2,000円に抑えることが可能です。MVNO・格安SIMは、大手キャリアのように自社でネットワーク基地局などを建設するのではなく、大手キャリアのネットワークの一部を借りてユーザーに提供しています。

自社で建設・維持をしない分、コストがかかりませんので毎月の利用料金も安く提供できます。料金が安いと言ってもMNPで電話番号は変わることもなく(通話SIM)、docomoなどのネットワークを使えるので、通話やインターネットも安定しています。料金プランを選べるFREETELを使用した場合の利用料金は下記のとおりです。

定額プラン(通話SIM、税別)

  1. 1GB  1,199円
  2. 3GB  1,600円
  3. 5GB  2,200円
  4. 8GB  2,840円
  5. 10GB 3,170円
  6. 15GB 4,380円
  7. 20GB 5,570円
  8. 30GB 7,680円

使った分だけ安心プラン(通話SIM、税別)

  1. 〜100MB 999円
  2. 〜1GB  1,199円
  3. 〜3GB  1,600円
  4. 〜5GB  2,220円
  5. 〜8GB  2,840円
  6. 〜10GB 3,170円
  7. 〜15GB 4,380円
  8. 〜20GB 5,570円

2.2年縛りがない

docomo、SoftBank、auの大手キャリアでスマートフォン契約する場合は、2年間の契約期間があり、契約期間中に解約をする場合は、契約解除料がかかります。格安SIMを利用する場合は、契約期間がない場合がほとんどで、あったとしても1年間です。そのため大手キャリアよりも自由度が高く、自分の好きなタイミングで他社へ乗り換えれます。契約期間がない場合は、契約解除料も必要ありません。

3.HTCのSIMフリーのデメリット

1.格安SIMを利用する場合は通信速度が遅い

SIMフリーのスマートフォンで格安SIMを利用する場合は、大手キャリアで利用するよりも通信速度が遅いです。特に昼間の混雑時間帯はインターネット接続が遅くなる場合があります。大手キャリアのネットワークの一部を借りての提供なので、大手キャリアで利用するよりも通信速度は遅くなります。あくまで、大手キャリアに比べて遅いだけで、普段使っていくうえでは大きな支障にはなりません。

4.HTCのSIMフリースマートフォンをお得に使える格安SIM

1.FREETEL

FREETELは、LINE、Instagram、Facebook、PokemonGO、Twitterなどの人気アプリがデータ通信量ノーカウントで利用できるのが特徴です。料金プランは2種類あり、月々299円〜などとてもリーズナブルです。画面の割れたスマートフォンでも新しい機種に変更できる「とりかえ〜る」サービスなどもあります。普段から人気アプリの使用頻度が多い方におすすめです。

2.LINEモバイル

LINEやInstagramなどのヘビーユーザーにおすすめの格安SIMです。月額500円〜「LINEフリープラン」は、LINEがデータ使用量ノーカウントなので使い放題できます。月額1,110円〜「コミュニケーションフリープラン」は、LINE以外にも、Instagram、Twitter、Facebookアプリもデータ使用量ノーカウントなので使い放題できます。

月額1,810円〜「MUSIC+プラン」は、LINE、Instagram、Facebook、Twitterアプリに加え、LINEMUSICも使い放題で楽しめます。LINEを使って友達にデータ通信量をプレゼントしたりもできます。

3.DMMmobile

DMMmobileは、シェアコースがあるため、家族や友人、恋人とデータ通信量を分け合えます。バースト機能があるため、速度制限がかかった場合でも、はじめの一定量だけ高速通信読み込みができます。

DMM光を使う場合は、セット割で毎月DMM光の月額料金が500円割引になり、よりお得に使えます。データSIM440円〜、通話SIM1,140円〜で利用できます。利用料金に応じてDMMポイントも貯まり、DMMの各サービスで使えます。

4.楽天モバイル

楽天モバイルは、通話SIM1,250円〜、050データSIM645円〜、データSIM525円〜で利用でき、月額850円で国内通話が5分以内かけ放題の「5分かけ放題」などがあります。利用料金に応じて楽天スーパーポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント1円で利用料金にも使用できます。普段から楽天グループのサービスを利用している方は、利用料金でも毎月一定量のポイントを貯めれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回「HTCのSIMフリーのスマートフォンの特徴とメリットデメリット」について紹介いたしました。HTCのSIMフリースマートフォンを利用することで、毎月の利用料金も大幅に安くできます。新機種なども発売されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です