Home / SIM / 契約不要で使えるプリペイドSIMとメリットデメリット

契約不要で使えるプリペイドSIMとメリットデメリット

Pocket

f86ba1ba86c36740fcf8ef6b49d80389_s

プリペイドSIMはどんな特徴を持ちメリットがあるかご存知ですか。ここでは、「契約不要で使えるプリペイドSIMとメリットデメリット」について紹介いたします。お試しなど短期間だけ使いたい場合や、プリペイドSIMの利用を検討している方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.プリペイドSIMとは

bea4fb52c46bddb704ffd154e6338b27_s

プリペイドSIMとは使い捨てで使えるSIMのことです。ドコモ、ソフトバンク、auなどの大手キャリアや、楽天モバイル、LINEモバイル、DMMmobileなどの格安SIMを利用する場合は、毎月一定の料金を支払い、同じSIMを使い続けることができます。

プリペイドSIMの場合は、予め使用できるデータ使用量や有効期間が決まっており、短期間だけ利用することを目的としたSIMです。家電量販店や、空港、コンビニ、ネットなどで手に入り、簡単に使い始めることができます。契約なども必要なく、前払いで使える使い切りタイプのSIMです。

2.プリペイドSIMのメリット

ここでは、プリペイドSIMのメリットについて紹介いたします。

1.余計に使いすぎることがない

基本的にプリペイドSIMは前払い形式で購入し、使えるデータ使用量が決まっていますので、どんなにアプリやインターネットを利用しても、購入したデータ使用量以上に使うことができません。

追加で利用料金を支払う必要や高額な請求がくることもなく、利用料金とデータ通信量の限度が決まっているので、安心して利用できます。データ使用量や利用料金がどれだけ高くなっているか分かりにくい、海外旅行時などにも役立ちます。また、子ども用に使用するのにも適しています。

2.契約などが必要ない

格安SIMなどを利用する場合は、契約が必要なため1〜2時間程度時間がかかります。しかし、プリペイドSIMの場合は、契約などは必要なく、購入後APN設定ですぐに利用開始できます。時間もかからず、使いたい時に使えるため便利です。また、契約がありませんので解約手続きもなく、好きなタイミングで使い始めて使い終わることが可能です。

3.多くの場所で購入できる

プリペイドSIMは、インターネットや家電量販店、空港、コンビニなど多くの場所で購入できます。携帯電話販売会社まで行かなくても、購入できる場所が多く利便性が良いのがメリットです。

4.クレジットカードがいらない

基本的に格安SIMを利用する際は、クレジットカードが必要です。しかし、プリペイドSIMの場合はクレジットカードを持っていなくても問題なく使用できます。

3.プリペイドSIMのデメリット

ここでは、プリペイドSIMのデメリットについて紹介いたします。

1.通話ができない

格安SIMの場合は、音声通話とインターネットができる「通話SIM」と、音声通話はできずインターネット利用だけができる「データSIM」とあります。プリペイドSIMの場合は、「データSIMのみ」になりますので、アプリやインターネット利用はできますが、音声通話はできません。

2.料金が割高

プリペイドSIMは使い切りタイプな分、継続して使える格安SIMと比べると料金が割高になっています。例えば、楽天モバイルのプリペイドSIMと格安SIM(データSIM:SMSなし)と利用料金を比較すると以下のようになります。

プリペイドSIM

  1. 1GB 2,980円
  2. 2GB 3,980円

格安SIM(データSIM:SMSなし)

  1. ベーシックプラン 525円
  2. 3.1GB  900円
  3. 5GB  1,450円
  4. 10GB 2,260円
  5. 20GB 4,050円
  6. 30GB 5,450円

プリペイドSIMの方が割高料金になりますので、継続して長く使う場合は、格安SIMなどを契約して使った方が遥かにお得です。

3.有効期限がある

基本的にプリペイドSIMには有効期限がありますので、継続して使用することができません。例えば楽天モバイルのプリペイドSIMの場合は、1GB:有効期限30日間、2GB:有効期限90日間です。有効期限を過ぎるとデータ使用量が余っていても使えなくなりますので、また新たに購入する必要があります。あくまで一時的な使用を目的としています。

4.おすすめのプリペイドSIM

ここでは、おすすめのプリペイドSIMを紹介します。

1.楽天モバイル

楽天モバイルのプリペイドSIMは2種類のデータ容量から選べ、データ容量が不足した場合はリチャージも可能です。楽天モバイルショップや家電量販店、ネットで購入でき、購入時に楽天スーパーポイントが貯まったり、使うことができます。通信速度は下り最大262.5Mbps、上り最大50Mbpsで、3日間のデータ使用量が合計500MB〜1GBに達すると速度制限がかかります。

  1. 1GB 2,980円 有効期限30日間
  2. 2GB 3,980円 有効期限90日間

リチャージ 

  1. 500MB:30日間 1,500円
  2. 1GB:60日間   2,000円
  3. 2GB:90日間   3,000円

2.u-mobile

u-mobileのプリペイドSIMは、1,980円〜利用期間で3タイプ(7日間、15日間、30日間)から選べます。空港やU-NEXTStoreで購入することができます。下り最大225Mbps、上り最大50Mbpsで1日200MBまで利用でき、200MBを超えると速度制限がかかります。リチャージは不可となっています。

3.OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、期間型と容量型の2つのプランから選ぶことができます。下り最大262.5Mbpsで、リチャージも可能です。期間型30MB/日のプランに関しては、SIMカードが後日配送なため、すぐに利用はできません。自分に合ったプランを選びやすいのが特徴です。

  1. 期間型 50MB/日 2,800円 有効期限20日間
  2. 容量型 1GB 3,200円 有効期限申込み後3ヶ月後の月末まで
  3. 期間型 30MB/日 3,791円 有効期限30日間

4.FREETEL

FREETELのプリペイドSIMは格安SIM同様に、LINE、Facebook、Wechat、WhatsApp、Kakaotalkの人気アプリがデータ通信量ノーカウントで使えますので非常にお得です。有効期限は初回通信開始日の翌日から7〜30日間です。メッセージアプリやSNSアプリを多用する方におすすめです。

  1. 1GB 2,280円 有効期限7日+1
  2. 2GB 3,480円 有効期限30日+1
  3. 3GB 3,980円 有効期限30日+1
  4. 5GB 4,980円 有効期限30日+1
  5. リチャージ 500MB 980円

5.BIGLOBE

BIGLOBEのプリペイドSIMは、「BIGLOBE NINJA SIM」という名称で販売されています。下り最大375Mbps、上り最大50MbpsとプリペイドSIMのなかでは通信速度が速いのが特徴です。家電量販店は空港、コンビニ、ネットなどで購入できます。

  1. 3GB 4,900円 有効期限30日間
  2. 7GB 7,700円 有効期限30日間
  3. リチャージ 1GB 2,000円

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回「契約不要で使えるプリペイドSIMとメリットデメリット」について紹介いたしました。プリペイドSIMは契約も不要で使いたい時にすぐに使い始めることができます。料金などは割高ですが、短期間の利用であればメリットが大きいです。多くのプリペイドSIMが販売されていますので、自分に合ったSIMを選ぶようにしてください。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

f86ba1ba86c36740fcf8ef6b49d80389_s

simカードの購入場所と各カードの比較

携帯電話やスマートフォンに差し …

Facebookでのご購読が便利です