Home / 仮想通貨 / ビットコインを抜く?リップルコインの特徴と今後の動向を分析!

ビットコインを抜く?リップルコインの特徴と今後の動向を分析!

Pocket

2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3_s

現在、大きな話題となっている仮想通貨について、あなたはご存知でしょうか。

ビットコインをはじめとして多くの仮想通貨が普及し始めていますが、仮想通貨は現在ではその種類は1000を超えると言われており、その価値は急上昇の兆しを見せています。

仮想通貨とは、一般的な通貨とは異なり名前のごとく「仮想」の「通貨」で貨幣としては存在しないものの、インターネットなどでサービスや商品を購入する時に支払われる対価として使用されます。誰もがインターネットに関わるようになったこの時代に、この仮想通貨がどのような役割を果たしていくのか、知っておく必要があります。

本記事では、仮想通貨の中でも最近になって特に注目を集めている「リップルコイン」についてその特徴と今後の動向などを検証していきます。

仮想通貨への理解が浅いという方や、不安でなかなか手を出しづらいという方、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

リップルコインの特徴と購入方法

昨今話題となっている仮想通過の中でも、今回はリップルコインの特徴と購入方法を紹介しましょう。

まずはじめにリップルコインと呼ばれているものの、通貨自体をリップルと呼ぶのではありません。

リップルとは、アメリカの「Ripple Inc」という会社で開発を勧めている金融商品の決済、送金システムのことです。このリップルでは現在の金融商品の送金システムよりも効率的でコストがかからないシステムの普及を目指しています。

では、リップルについて詳しく説明します。

わかりやすくリップルコインを知ろう

リップルコインとは仮想通貨と思っている人も多いでしょう。しかし、実際にはリップルコインという仮想通貨は存在しません。リップルというのは「リップルラボ」という会社が運営している決済システムのことを言います。リップルコインの正式名称は「XRP」です。

「xrp」は、ピットコイン、イーサリアムの次に仮想通貨ランキングに上がってきて、現在3位の実績を挙げています。このリップルは「仲介用の通貨」として運用されています。
例を挙げて説明しましょう。

私たちが海外旅行に行く際には日本円からドルに交換しますね。その場合、仲介役として銀行がありますが、通貨を交換するのには時間と手数料がかかり、手続きが面倒だと感じることが多いでしょう。

そこで登場したのがリップルが行う決済サービスです。

それまで時間がかかっていた面倒な作業がカットされ、リップルの決済サービスを利用することで時間も手数料もかからないため、現在大手銀行がリップルの決済サービスに注目しています。

現状、仮想通貨を利用する人はピットコインで決済していた人が多い思います。しかしピットコインよりもリップルの決済サービスは断然、機能性が優れているとされています。

簡単にピットコインとリップルの違いをいくつか紹介すると、一つ目はビットコインには管理会社がない一方でリップルには「リップルラボ社」という管理会社がある、というが挙げられます。

また、手数料に関して言えば、ピットコインも銀行の取引手数料に比べて非常に安いのですが、リップルは手数料が0.001円以下と、ほとんど無料での取引となります。現在の仮想通貨では、一番手数料がかからない決済サービスはリップルと言えるでしょう。

さらに驚くべきはリップルの決済時間です。ピットコイン決済には5分から10分かかりますが、リップルは秒単位で決済することが可能です。また、送金時間も送金するとほぼ同時に到着するため、待ち時間がなく使いやすい送金手段なのです。

以上のことが、リップルが現在仮想通貨のランキングで第三位に上がっている理由だと考えられます。ただ、今後はもっとリップルの価値は上がっていくでしょう。大手銀行でもこのリップルに注目し始めているので、日本のメガバンクでもリップルのサービスを取り入れるのは時間の問題とされています。

では、このリップルはどのように購入することができるのでしょうか。

現在では、①コインチェック ②東京Jpy発行所で購入することができます。

仮想通貨に詳しくない初心者にとっては、登録から購入までがスムーズに行えるコインチェックがお勧めでしょう。コインチェックは会員登録後、電話認証をすることで簡単にリップルを購入することができるのです。

ちなみに、リップルコインはリップルウォレットというネット上のバンクで保管します。その管理方法は二通りあり、WEB管理でする方法やハードウェアでする方法があります。双方にメリット・デメリットがありますので、購入前にはしっかりと確認し、ご自身にあった保管方法で保管して下さい。

ちなみに、リップルウォレットはスマートフォンにもインストール可能で最新のiOSであればiPhoneでも利用可能になっています。iPhoneユーザーの方は是非チェックしてみてください。

リップルコインの将来性を問う

97789d111e449d44b47c28fab4b1d29a_s

リップルコインは現時点で非常に価値が上昇をしていますが、ビットコインの価値は上昇はさらに急騰しています。しかし、今後は世界的にリップルが中心になる可能性が高く、急激な上昇になるという期待は持たれています。

どこかの大きな銀行がリップルラボと正式な契約をするとなると、高騰する可能性は十分にあります。現在でもその画期的な決済サービスが大きな話題となり、多くの銀行が注目をしている状況なので、将来的に伸びていくのは確実でしょう。

リップルコイン関連の最新ニュース

2017年3月には三菱東京UFJ銀行が採用を決め一躍有名になったリップルですが、その後もゴールデンウイークに暴騰するなど話題を集めました。また5月に入り、ロックアップや取引所の増加などがあり一時期50円という高騰になりました。

7月にはゆうちょ銀行、三井住友銀行がリップルの送金システム連合に参加を発表したのです。また、10月16日にSWELLが始まり、順調に価格を上げていくことになりました。さらに11月17日にはアメリカンエクスプレスがリップルネットに加入を決めたという発表がされました。

今後の価格・相場予想

リップルは2017年11月現在、仮想そ通貨市場において総資産が第3位となっているメジャーな通貨です。今後の話として、2018年までに高騰するという予想をナスダックが公表しました。その高騰理由として、取引銀行の大きさと多さ、速度や拡張性、安定性が備わった仮想通貨としての性能などを挙げています。

このナスダックの発表は大きな影響を与えるはずです。また、価格も今後もっと上がると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はリップルコインの特徴やその将来性についてお伝えしました。

2013年に開始されたリップルは順調に価格を伸ばしてきました。

ビットコインと比較されがちなリップルですが、その安定性や利用時の機動性の良さ・手数料の安さから今後はもっともっと価値を上げていくと考えられます。

仮想通貨は価値が変動しやすかったり、信頼性に不安を持たれやすく、なかなか手が出しにくいという方も多くいらっしゃると思いますが、今後ますます社会がIT化されて行くことを考えると非常に重要性や存在意義は高まっていくと考えられます。現時点でも大手銀行や量販店でも導入が進んでいます。

仮想通貨の流通度が高まった際、出遅れることなくしっかりと使いこなせるように勉強しておくことがお勧めです。ぜひ参考にしてみてください。

Pocket

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です