無料でパワーポイントの機能を使う方法と無料互換ソフト

LINEで送る
Pocket

8ece3c3163cd5d4fd5e7851a07f22d4b_s

プレゼン資料の作成などで活躍するPowerPoint。仕事でもプライベートでも使っている方は多いです。PowerPointの資料を見たり、編集したくても、ソフトがなければ閲覧などもできません。

本記事では、「無料でパワーポイントの機能を使う方法と無料互換ソフト」について、紹介いたします。普段からPowerPointを使う機会が多い方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.無料でパワーポイントの機能を使う方法

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-23-22-50-30

出典:https://products.office.com/ja-jp/office-365-solo

ここでは、無料でPowerPointを使う方法について紹介いたします。

1.MicrosoftのOffice365Soloを使う

Microsoftが提供するOffice365Soloは、Office2016バージョンのPowerPointだけでなく、ExcelやWord、Outlook、OneDrive、OneNoteなど、さまざまなアプリケーションが使えるサービスです。Officeなどのソフトをパソコンにインストールしなくても、常に最新バージョンのアプリケーションが使え、Windows以外にもMacや、iPhone、Androidスマートフォンでも編集や作業が行えます。

他のユーザーと一緒に共同編集もでき、最大2台のパソコンやタブレット、スマートフォンにインストールができます。Office365Soloには、1TBのOneDriveオンラインストレージ機能も付いてきますので、多くのファイルも保存でき、いつでもどこからでもアクセスができます。Office365Soloは、1ヶ月1,274円〜の有料サービスですが、Office365Solo試用版であれば1ヶ月間無料で使えます。

試用版のPowerPointは、無料と言えども通常版と同じ機能を使えます。Office365Solo試用版をダウンロード・インストールする方法は下記のとおりです。尚、利用するにはMicrosoftアカウントが必要ですので、Microsoftアカウントを持っていない場合は、ダウンロード・インストールする前に、まずはMicrosoftのホームページからアカウント作成をしてください。

  1. MicrosoftOffice365Soloサイトへアクセスします。
  2. アクセスしたら画面に表示されている「今すぐ試す」をクリックします。
  3. Microsoftアカウントの入力画面が表示されますので、アカウントとパスワードを入力します。
  4. 必要情報を入力すると「個人用Officeアカウント」画面が表示されます。画面の左側に表示されるインストールボタンを選択します。
  5. パソコンに保存されたOffice365Soloファイルを開きます。「セキュリティの警告」画面が表示されますので「実行」をクリックすれば完了です。

OfficeSolo365試用版は、無料期間の1ヶ月間が終了すると、自動的に有料期間となりますので注意が必要です。有料プランにしたくない場合は、試用期間の間にキャンセルをしなければいけません。キャンセルする場合は、Microsoftアカウントページから、自動更新オプションをオフにすれば契約解除できます。

2.OfficeOnlineを使う

Online365は、PowerPointやExcel、Wordなどのアプリケーションに加えて、メールなどの他の機能も使えますが、OfficeOnlineはアプリケーションが中心になり、アプリケーションの機能も制限が設けられています。

OfficeOnlineはブラウザーさえあればPowerPoint、OneNote、Excel、Wordなどのアプリケーションを無料で使えます。Windows、Macなどのパソコン以外にもiOS、AndroidOSのタブレットやスマートフォンでも利用でき、どこからでもアクセスでき共同作業も可能です。OfficeOnlineを使う場合は、下記のとおりです。

  1. OfficeOnlineサイトへアクセスし、サインインします。
  2. 表示される画面にMicrosoftアカウントのメールアドレスを入力します。

これにより、各アプリケーションが使えるようになります。OfficeOnlineを使えば7GBのストレージのOneDriveも利用できます。iPhoneやAndroidスマートフォンなどブラウザー搭載のデバイスであれば、使用できます。通常のOfficeに比べて機能制限がありますが、最低限の操作であれば可能です。例えばExcelであれば、ページレイアウト機能なども使えないようになっています。どうしてもすべての機能を使いたい場合は、Office365Soloの方を使いましょう。

2.パワーポイントの無料互換ソフト

ここでは、PowerPointの互換性のあるソフトウェアを紹介いたします。

1.JUST Office

JUST Officeには、Excelの互換ソフトJUSTCalc、Wordの互換ソフトJUSTNote、PowerPointの互換ソフトJUSTFocusがあります。Officeの互換だけでなく、編集機能付きのPDFソフトや、一太郎・花子への対応、ATOK、20,000点以上のイラスト素材、オリジナルメールソフトなど、多くの機能が搭載されています。

2.WPS Office

Officeと互換性のあるWPS Office。WPS for Androidはほぼすての中国メーカーのAndroidスマートフォンにプリインストールされています。Wordと互換性のあるWriter、Excelと互換性のあるSpreadsheets、PowerPointと互換性のあるPresentationの機能が使えます。

3.Apache Open Office

Apache Open Officeは、無料で使えるOfficeと互換性のあるソフトウェアです。Windowsだけでなく、MacやLinuxでも使えます。WordのWriter、ExcelのCalc、PowerPointのImpressなどご互換機能があります。アメリカのソフトですので、ホームページなども英語表記になっています。

4.Libre Office

Libre Officeは、ドイツのThe Document Foundationが開発したソフトウェアです。専用のプラットフォームから、たくさんの機能やテンプレートを入手できる拡張機能が特徴です。Apache Open Office同様に、WordのWriter、ExcelのCalc、PowerPointのImpressなどの機能が使えます。MacやLinuxでも使えます。

5.Free Office

Free Officeは、ドイツのSoftMarketが開発しているソフトウェアです。Wordの互換ソフトTextMaker、Excelの互換ソフトPlanMaker、PowerPointの互換ソフトPresentationsがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、「無料でパワーポイントの機能を使う方法と無料互換ソフト」について紹介いたしました。PowerPointは、Office365やOfficeOnlineを使えば、無料で利用することも可能です(Office365は1ヶ月間)。実際にPowerPointを使ってみて、頻繁に使うようであれば有料プランで使ってみると良いでしょう。気になる方は、ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です