Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / webサービス / 手数料は安くできる!PayPalの利用方法と4つのメリット

手数料は安くできる!PayPalの利用方法と4つのメリット

Pocket

PayPalの手数料について見ていきましょう。特に、海外ショップなどでの利用を想定している方は事前に把握をしておく必要があります。

為替手数料とは

海外ショップなどの利用で、日本円以外の通貨(ドル、ユーロなど)で支払う場合や海外から受け取る場合にかかる手数料が「為替手数料」です。これはPayPalだけでなく、クレジットカードを利用する際にも発生します。

カード会社との為替手数料の比較

PayPalの為替手数料は国によって異なり、概ね2.5%〜4.0%です。では、クレジットカード会社の為替手数料はどれくらいなのでしょうか。下記は各クレジットカード会社の為替手数料です。

  1. JCB:1.60%
  2. VISA:1.63%
  3. MasterCard:1.63%
  4. American Express:2.00%

為替手数料を安く抑える方法

下記の方法により、PayPalの為替手数料を安く抑えることが可能です。

  1. ネットショップの商品購入の際、支払い方法の選択でPayPalを選びログインをします。
  2. 画面内に表示されている「通貨換算オプション」を選びます。
  3. 通貨換算オプションのページへ移動します。
  4. 「PayPalの換算プロセス」(初期状態)に設定されていますので、「売り手の請求書に記載されている〜」の設定を変更し、購入します。

これにより、PayPalの為替手数料ではなく、クレジットカードの為替手数料で支払いをすることが可能です。

3.PayPalを使う

webdesign

PayPalは簡単に使い始めることができます。

ここでは、PayPalの利用方法と注意点をご紹介します。

利用するには登録が必要

PayPalを使いたい場合は、下記方法でアカウント作成やクレジットカード情報の登録をする必要があります。以下の方法で登録することが可能です。

  1. PayPalの公式サイトへアクセスし「新規登録はこちら」を選択してアカウントを作成します。
  2. アカウントの取得後、ログインをしてクレジットカードの設定をおこないます。
  3. 画面上部の「ウォレット」を選択してクレジットカード情報を登録します。

あとは、ネットショップなどで買い物をする際に、支払い方法でPayPalを選択するだけで利用することができます。

2つの注意点

PayPalを使うときは、下記の注意点に気をつけましょう。どんなにPayPalのセキュリティが高かったとしても、単純なパスワードなどにしていたら何らかの被害に遭う可能性が高くなります。

IDとパスワードを管理する

これはPayPalに限ったことではありませんが、IDとパスワードは単純なものを避けましょう。極力わかりづらいものを設定し、忘れないように徹底して管理しましょう。IDやパスワードが単純なものであれば、不正利用されるリスクも高まります。

詐欺に注意

PayPalは海外でも使えるオンライン決済サービスだからこそ、詐欺に気をつけなければなりません。

実際に、海外からPayPalを装った怪しいメールが送られてくることがあります。フィッシング詐欺には十分に注意しましょう。

まとめ

PayPalは、海外発なので国内だけでなく海外ショップでも利用できるオンライン決済サービスです。クレジットカード情報が売り手側に渡らないため、情報漏洩リスクなどを軽減させることができます。

毎回クレジットカード情報を入力しなくても、さまざまなサイトで利用できるため大変便利です。しかし、利用する際は注意点も抑える必要があります。

PayPalを利用してよりショッピングを楽しみましょう!

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

パソコン初心者必見!タイピングが早くなる方法を徹底解説

タイピングが早くできると、メー …

Facebookでのご購読が便利です