Home / モバイルルーター / おすすめはどれ?モバイルルーターを徹底比較してご紹介!

おすすめはどれ?モバイルルーターを徹底比較してご紹介!

Pocket

モバイルルーターを使っていますか?モバイルルーターがあれば、外出先でも携帯のデータ通信量を消費することなくインターネット利用ができますし、パソコンやタブレット、ゲーム機など、さまざまなデバイスでインターネット接続が可能です。

ここでは、モバイルルーターを使うメリットや選ぶ際のポイント、業者の特徴などについて紹介しています。これからモバイルルーターを利用しようと検討している人は、ぜひ参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.モバイルルーターを使うメリット

d1425906122aff1e90b9fa29ba8fc74c_s

モバイルルーターを使うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、主な3つのメリットについて見ていきましょう。

外出先での利用で通信容量の節約ができる

モバイルルーターを利用すれば、外出先でもスマホのデータ通信容量を使用しなくてもインターネット接続ができます。人によっては外出先でスマホを使用する時間が長いため、すべてスマホのモバイルデータ通信の利用だと容量がなくなり、速度制限にかかる可能性があります。

しかし、モバイルルーターを持っていれば、外出先でモバイルデータ通信を使わずに済むため速度制限も回避できますし、携帯電話の利用料金の節約も可能です。

外出先でもパソコンをWi-Fiにつなげる

モバイルルーターを持つことでメリットが享受できるのはスマホだけではありません。パソコンやタブレット、ゲーム機なども外出先でWi-Fiに接続することができます。街中で利用する無料Wi-Fiよりも安心ですし、サクサク操作ができます。

外出先のカフェや駅、電車やバスの中、宿泊先など、さまざまな場所で快適にインターネット利用ができます。

工事が不要!引っ越しの時にも楽

自宅に光回線などのインターネット環境を構築する場合は工事が必要になります。モバイルルーターであれば、工事が不要でルーターが届き次第すぐにインターネット接続が可能です。引っ越しの時も新たな工事の必要がないため、面倒な手配や費用も必要ありません。

2.モバイルルーターを比較する際のポイント

f54532df28773728993a1d15e0277891_s

モバイルルーターを選ぶ際はどのようなポイントに注目し、比較すればいいのか。主な4つのポイントについて確認していきましょう。

制限があるのか?制限内容は?

モバイルルーターを選ぶ際は速度制限の基準を1つのポイントにするといいでしょう。速度制限については大きく2つに分かれています。1つが「月間◯GBまで」の場合、もう1つが「□日間で◯GBまで」という場合です。

たとえば、UQコミュニケーションズが提供するWiMAXは、「通常プラン」と「ギガ放題プラン」があり、通常プランは月間7GBのデータ通信量を超えると当月末までの通信速度が送受信最大128kbpsに制限されます。

また、ギガ放題プランは月間のデータ通信量に上限がない代わりに、前日までの直近3日間で10GB以上使用した場合は翌日18時頃〜翌々日2時頃にかけて制限されます。

このように、プランによっても異なりますが、インターネット利用が多い方は速度制限内容も確認したうえでモバイルルーターを選びましょう。

月額基本料金はいくらか

当然、月額基本料金は比較の際のポイントになります。モバイルルーターを持つと携帯電話料金に加えて、モバイルルーター料金が毎月かかりますので、予算オーバーにならないように調整する必要があります。

モバイルルーターの利用料金は概ね月額3〜4,000円台で提供している業者が多いです。また、モバイルルーターを持つことで携帯電話のプランをもっと安いものにできないか見直してみましょう。モバイルルーターを持てば、データ通信量の大きい携帯電話プランに加入する必要はなくなるためです。

通信は安定しているか

通信が安定しているかもモバイルルーターを選ぶ1つのポイントです。業者によって提供している回線が異なりますので、通信の安定度合いにも差が表れます。大事なのが自宅や自分の活動範囲で通信が安定しているかどうかです。

カバー範囲や安定度合いを業者のサイトで確認できるものもあるため、事前にチェックをしましょう。

通信速度は十分か

通信の安定度合いとともに、通信速度が十分かどうかも確認をしましょう。業者・モバイルルーターによって通信速度が異なります。基本的に新しい機種ほど速度が速く価格も高くなります。1度契約をすると2〜3年は使用しますので、できるだけ通信速度が十分な機種を選んでおくべきです。

3.モバイルルーターサービス5社を一挙比較!

9a9fd40dd245c01894528365e8a1cd4b_s

ここでは、モバイルルーターを提供している業者の主な特徴などについて見ていきましょう。

WiMAX

利用者も多く満足度も高いWiMAX。東名阪の一部エリアでは下り最大708Mbpsの超速インターネットが可能で、地下鉄や地下街など、接続エリアも広いです。データ通信量が上限なしで使える「ギガ放題プラン」が特徴的です。

モバイルルーターの種類も多く、プロバイダによってはキャッシュバックや月額料金の割引を受けることもできます。広い地域で高速インターネットを使え、プランによっては上限なしで好きなだけ利用ができます。もちろん工事も必要ありません。

ドコモ

ドコモのモバイルルーターの特徴はドコモのスマホとパケットを分け合うことができることです。東名阪の一部エリアでは受信時最大788Mbpsと超高速通信が利用できます。月額基本使用料1,200円にインターネット接続サービス200円/月、さらに利用するパケットパックの料金が毎月かかりますので、若干高めになりがちです。パケットパックの月額定額料は以下のとおりです。

■パケットパック月額定額料

  1. データSパック(2GB) 3,500円
  2. データMパック(5GB) 5,000円
  3. ウルトラデータLパック(20GB) 6,000円
  4. ウルトラデータLLパック(30GB) 8,000円

Y!mobile

Y!mobileもモバイルルーターを取り扱っており、品揃えの機種が多い業者です。WiMAXと同じようにデータ通信量上限なしで利用することも可能です。しかし、契約期間が基本3年と長めで、利用料金はY!mobileユーザーでも割引がありません。

softbank

softbankのモバイルルーターは月間7GBが上限です。7GBは超えた場合は速度制限になりますし、3日間で1GBを超えた場合も短期制限の対象になります。利用料金は他社とほぼ変わりがない水準ですが、softbankユーザーであれば割引がありますのでおすすめです。

au

auもWiMAXやY!mobileのように月間7GBまでのプランと上限なしプランが用意されています。auスマートバリューに加入している人は割引金額でモバイルルーターを利用することが可能です。auでスマホを使っている場合におすすめです。

まとめ

モバイルルーターを持っていれば、自宅でも外出先でも好きな時にインターネット利用ができます。通信速度も十分でエリアのカバー範囲も広いため、多くの場所で快適なインターネット接続が可能になります。スマホだけでなくパソコンやタブレットでも接続できるため、仕事や動画視聴など、場所を選ばずに取り組めるようになります。

モバイルルーターを選ぶ際は、自宅や活動範囲で安定した高速通信の利用ができるかどうか、必ず確認するようにしましょう。WiMAXはバランスがよく、auやsoftbankは携帯利用者であれば割引があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です