Home / Mac / MacとWindows間でファイルを共有するための手段

MacとWindows間でファイルを共有するための手段

Pocket

Macは趣味で使いWindowsは仕事で使う。基本的にはMacをメインに使っているが、仕事の性質上、または、クライアントからの依頼内容によっては、Windowsを使わなければならないという方も多いと思います。

そして、会社組織やグループの中でも、Windowsだけで業務をこなしているところもあれば、職種によってMacとWindowsの両方を混在して利用している組織もあります。

インターネット技術の進展により、様々な業務においてMacとWindowsの間でファイルを共有する必要性は増大しているといえます。MacとWindowsでファイルを共有する方法は、大きく次の3つ方法に分けられます。それぞれの共有方法と注意点を解説します。

スポンサーリンク

同一LAN上でWindowsとファイルを共有する

NAS製品を使って、MacとWindowsでファイルを共有します。NAS(Network Attached Storage)は、ネットワーク上に置かれたHDD(ハードディスクドライブ装置)でファイルサーバー機能を有しており、ユーザーごとのアクセス権限の設定などを設定・管理することができます。

Apple社のAirMac Extremeをお持ちの場合は、外付けのUSBハードドライブをAirMac Extremeに接続することで、ネットワークに接続したMacとWindowsでファイル共有が簡単に行えるようになります。それでは、Mac側でのファイル共有の設定方法と注意点を紹介します。

Macのフォルダを共有設定する

Appleメニューから[システム環境設定]ー[共有]と進み、左ペインの「ファイル共有」にチェックを入れましょう。

030-01

次に、ウィンドウ中央の「共有フォルダ」の下の追加ボタン[+]をクリックし、ファイル共有を行うフォルダを指定します。

ウィンドウ右の「ユーザ」にアクセスを許容するユーザーを追加する場合は、ウィンドウ下の追加ボタン[+]をクリックして追加します。ここまでは、Macでのフォルダ共有の手順と同じです。

Windowsとのファイル共有を行う場合は、「オプション…」ボタンをクリックして、接続を許容するアカウントにチェックを入れパスワード入力します。

030-02

Macから共有フォルダへ接続する

Finderメニューから[移動]ー[サーバへ接続…]と進みます。

030-03

未登録のサーバ(クライアントPCでもサーバと表します)へ接続する場合は、ウィンドウ右下の「ブラウズ」ボタンを押して、ネットワーク上の接続可能なサーバから接続先を選択します。

030-04

サーバを選択すると、次の画面が表示されますので、ここでは「別名で接続…」ボタンを押し、

030-05

接続可能なアカウントの「名前」と「パスワード」を入力します。

030-06

接続先フォルダを選択すると接続先フォルダがMacにマウントされます。

※ ファイル共有のための作業が終わりましたらマウントを解除するよう心がけましょう。

クラウドサービスを利用し、ファイルを共有する

Mac利用者へのお勧めクラウドストレージサービスとしては、老舗で使い易く評価の高いDropbox、無償での使用可能容量が大きいGoogle Drive、そしてApple社純正のiCloud Driveが代表的です。これ以外にもMicrosoft社のOneDriveがあります。

Dropboxを使ったファイルの共有

クラウドストレージサービスと言えば、Dropboxと言えるくらい定番となったサービスで多くの方が利用しています。

Dropboxの利点は、何と言っても、複数の端末、あるいは、OSの異なるデバイス間でデータを参照編集することができることです。当然、Mac利用者とWindows利用者間で共有設定を行うことにより、インターネットを介してあたかも同一LAN上でファイルを共有しているような感覚で利用することができます。

MacとWindows端末間でファイルを共有する最も簡単な手段といえます。

そして、30日間のバージョン管理機能があり、その期間内であれば、削除してしまったファイルを復元したり、保存されていたどの段階へもロールバックすることができる履歴管理機能があります。Google ドライブもほぼ同様な機能があります。

iCloud Driveを使ったファイルの共有

iCloudは、Apple社が提供するクラウドサービスです。多くのAppleユーザーは、複数のデバイス間で、連絡先、メモ、スケジュール、リマインダーを使った同期を利用していると思います。

iCloudサービスの中には、iCloud DriveがありファイルストレージサービスとしてiOS8から利用が可能となっています。このiCloud DriveはWindowsからも利用することができますが、どちらかというとAppleユーザー向けのサービスです。

WindowsからiCloudを利用する方法

まず最初にAppleの次のiCloudサポートサイトリンクから「Windows用iCloud」をダウンロードしインストールます。
iCloud – Windows 用 iCloud – Apple サポート

030-07

インストールが完了しましたら、iCloudを起動してください。Windows10での起動方法は、スタートメニューの[すべてのアプリ]、グループ「I」の[iCloud]から「iCloud」を実行します。

030-08

AppleIDを入力する認証画面が表示されますので、既所有のAppleIDを利用して認証を行います。

030-09

認証が完了すると、同期の設定画面が表示されますので、同期項目で「iCloud Drive」を選択します。MacとWindowsの間でのファイル共有が目的であれば、他の項目の同期は不要です。

030-10

iCloud Driveだけを同期しようとする場合は、次の例のように「iCloud Drive」以外のすべてのチェックを外して「適用」ボタンを押した後、「閉じる」ボタンを押します。
Windows10の「エクスプロラー」を開くと「iCloud Drive」のフォルダが生成されファイルが同期されているのがわかります。

030-11

※ Windows10の登場当初は、iCloud for Windowsは、Windows10には対応しておりませんでしたが、現在では問題なく動作することを確認しています。
※ iCloud Driveでは、Dropboxのように同期するフォルダを選択することができないので、iCloud Drive内のすべてのフォルダとファイルが同期されます。

Mac内の仮想ソフトで動くWindowsとファイルを共有する

Macに仮想化ソフトを導入し、OS XとWindowsを使い分けて利用する人が増えてきております。

ひとつのマシンにインストールされている両OS間でファイルを共有化し、どちらのOSからも参照し編集できるようにしたいというニーズがあります。クラウドストレージサービスを使って両OSで同期を図る方法もありますが、データファイルの同期が重複してドライブ装置での使用容量が倍になります。

NASを利用すれば重複保存は避けられますが、外出先で参照することができません。このような時には、ホスト側のMacのフォルダを共有フォルダに設定し、仮想化ソフト側に、この共有フォルダを認識させることにより、ゲスト側のWindowsでは、ネットワークドライブとして認識させることができ、Mac内の一つのフォルダを両OSから共有することができます。

030-12

この画面は、仮想化ソフトVirtualBoxで共有フォルダ指定を行ったところです。

MacとWindowsでファイルを共有する場合の注意事項

MacはWindowsに比べ、マルウェアの感染、不正侵入等のセキュリティの危険性は、ゼロとは言えませんが危険度は桁違いに少ないことは確かです。

しかしながら、同一ネットワークや同一Mac内でWindowsとファイルを共有する場合は、万全なセキュリティ対策が必要となります。

もちろん、Windows側のセキュリティ対策ソフトの導入は必要ですが、昨今脅威が増しているランサムウェア(身代金要求型マルウェア)への対策が重要となります。

ランサムウェアは、自分のドライブ装置内だけでなく、ネットワークで常時アクセス可能としている部分に対しても攻撃が行われ、場合によっては、みんなで共有しているファイルが暗号化されてしまう危険性があることを念頭にセキュリティ対策を実施しましょう。

必要な時以外、共有フォルダの接続は解除しておく

Mac側からは、ファイルの共有が必要になった時にだけ、共有フォルダをマウントして接続するようにします。また、Windows側からは、Windowsのログインユーザ名とは異なるIDで必要な時だけ接続するように心がけ、たとえランサム攻撃に遭遇したとしても、被害が少なくなるよう、共有ファイルの財産を守る措置を採っておいてください。

もちろん、バックアップはネットワークに常時接続されていない方法で確保することをお勧めします。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

MacのキーボードでiPhoneに文字入力する方法

iPhoneでの文字入力では、 …

Facebookでのご購読が便利です