Macの調子が悪い時にできる修理の選択肢

LINEで送る
Pocket

77f028b6fa62a0ce9bfe88ab2ca76e3b_s

今回は、Macの調子が悪い時にできる修理の選択肢について紹介いたします。Macを使っていると調子が悪くなるときがあります。急に動作が重くなったり、動かなくなったり、電源が落ちたり、反応するときと反応しないときがあったりなど、Macを長く使っているほどこういった場面に出会います。

こういったMacの調子が悪いときに自分でできるMacの修理方法について、解説・紹介しています。これからMacを始めて使う方も、既に長く愛用している方も、万が一のときのために、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

調子が悪い時にできる修理の選択肢

Macの調子が悪いと感じるときにおこなう対応策を紹介していきます。

ディスクの修復をする

まずはディスクの検証をおこないます。ディスク検証のおこない方はMacの電源を1度切り、再度電源を入れます。その際に「commandキー+Rキー」を一緒に押し続けます。

「OS Xユーティリティ」画面が表示されますので、画面が表示されたら「commandキー+Rキー」を外します。「OS Xユーティリティ」画面には「Time Machineバックパックから復元」「OSXを再インストール」「ヘルプ情報をオンラインで取得」「ディスクユーティリティ」と表示されていますので「ディスクユーティリティ」を開きます。

ディスクユーティリティを開いて「MacintoshHD」を選択し、画面右下にあるディスクを検証をクリックします。ディスクの検証が始まりますので、赤文字でエラー表示がされたらディスクの修復をクリックして修復をおこないます。ディスクの修復が完了したら再起動して完了です。

ディスクの修復をおこなうことで、日常的に破損しやすいアクセス権を修復し、Macが正常に作動するようになります。Macの調子が悪いときに簡単にできる修理方法でもあり、常日頃からおこなうことができるメンテナンス方法でもあります。月に1度程度はおこなうようにしてきましょう。

NVRAMをリセットをする

NVRAMとはMacのコンピュータに内蔵されている不輝発性メモリと言われる記憶装置のことです。スピーカーの音量や画面の解像度、起動ディスクなどの情報が記憶されています。

そのため、Macの調子が悪いときにNVRAMをリセットすることでMacの調子が戻る場合があります。NVRAMをリセットする方法は、Macの電源を切り電源を入れ再起動させます。起動させる際にMacのジャーンという起動音が聞こえたら「commandキー+optionキー+Pキー+Rキー」を一緒に押し続けます。

Macが再起動し2回目の起動音が聞こえるまで「commandキー+optionキー+Pキー+Rキー」は押したままにします。これによりNVRAMがリセットされます。音量や画像解像度、起動ディスクなどがリセットされていますので、起動後に設定が再度必要です。

セーフブートをする

セーフモードとも呼ばれます。セーフブートをおこなうと、起動ディスクの検証、ディレクトリ問題の修復、カーネルキャッシュやフォントキャッシュの削除などをおこなってくれます。Macを使っていると自然とさまざまなキャッシュが溜まってしまいます。それらを簡単に削除することができる方法でもあります。キャッシュが溜まってしまうとMacの容量を使ってしまい、Macの動作に影響を与えてしまいます。

セーフブートをおこないたい場合は、まずはMacの電源を切ります。電源を切ったら、電源を入れ再起動します。電源が入りMac特有のジャーンという起動音が聞こえたらShiftキーを押しっぱなしにします。Macの画面にAppleロゴマークが表示されたらShiftキーをはなします。セーフブートが成功していたら 画面右上にセーフブートという表示がされます。

セーフブートは起動する際にShiftキーを押しておくだけなので、いつでも簡単にできるMacの修復方法・メンテナンス方法の1つですので、Macの調子が悪いときもそうでないときも定期的におこなっていくと良いでしょう。もし、FileVaultを使っている場合は、起動ディスクが暗号化されていますが同じ方法でセーフブートをすることができます。

しかし場合によっては2回のログインが必要になる場合がありますので、1回目のログイン画面が表示されるまでShiftキーを押したままにしておきましょう。もしセーフブートをおこなってMacが自動で再起動する場合は、問題を検出して修復をしている可能性があります。

再起動が続いたりする場合は、Appleサポートに連絡をするようにしましょう。Macがセーフブートで起動しているか確認することができない場合は、システム環境設定のソフトウェアから確認することができます。システムソフトウェアの概要で起動モードがセーフと表示されていたらセーフブートで起動している証拠です。

SMCのリセットをする

SMCのリセットによる修理方法は、Intel搭載Macでおこなうことができる方法です。SMCとはSystemManagementControllerの略で、システム管理コントローラーとも呼ばれます。電源ボタンを押したときの反応やバッテリー管理、熱管理、緊急モーションセンサー、環境光センサー機能、Macのディスプレイのフタを開けたり閉じたりしたときの応答など、さまざまなMacの動作の管理をしています。

SMCのリセットをおこなう方法は、1度Macの電源を切り、電源を入れます。電源を入れる際に「Shiftキー+controlキー+optionキー」を一緒に押しながら電源を入れるようにします。これだけでSMCのリセットが完了します。電源を入れる際に電源ボタンと一緒に「Shiftキー+controlキー+optionキー」を押して軌道させるだけなので、いつでも簡単におこなうこができます。

AppleStoreへ持って行く

上記の方法を試していってもMacの調子が悪く動かない場合や動作が変なときはAppleサポートへ連絡をしてみましょう。Macの今の状況を伝えれば対応方法を教えてくれます。それでも改善しない場合は近くのAppleStoreへ持って行き修理してもらうことになります。近くにAppleStoreがない場合は引取での修理となります。

AppleStoreに持って行くか引取での対応の場合は、事前に保証状況とサービス期間を確認しておくようにしましょう。Apple公式ホームページの「保証状況とサービス期間を確認する」ページで使っているMacのシリアル番号を入力すれば状況をすぐに確認することができます。これにより修理費用の予測などをすることができます。シリアル番号はMac本体か購入時の箱に記載してあります。

まとめ

今回、Macの調子が悪い時にできる修理の選択肢について紹介いたしました。どの方法もMacの調子が悪いと感じたときに、自分で簡単におこなうことができる修理・メンテナンス方法です。動作が遅かったり、急にフリーズしたり、なんだか調子が悪いなと感じるときは、それぞれ試してみましょう。

ちょっとしたことで調子が悪くなるときがありますので、それぞれの方法をしっかりと把握して、すぐに対応できるようにしておくと良いでしょう。これからMacを購入予定の方も焦らないで良いようにぜひ、保存しておいてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です