Mac初心者の方におすすめしたい設定

LINEで送る
Pocket

Macは初期状態でも、誰でも使いやすいような設定がされていますが、もっと細かい設定を自分好みに変えることで、さらに使いやすくカスタマイズすることが可能です。

本稿では初心者の方におすすめしたい設定について説明します。

スポンサーリンク

おすすめ設定

メニューバーとDockを自動的に隠す

ノートブック型Macをお使いの方におすすめなのが、メニューバーとDockを自動的に隠す設定です。この設定をすることで、メニューバーとDockを非表示状態にし、画面を広く使うことができます。

メニューバーを自動的に隠すには、以下の手順にしたがってください。

1. メニューバーのAppleメニューから「システム環境設定…」を選択します。

01-select-system-preferences-menu

2. システム環境設定から「一般」をクリックします。

02-system-preferences

3. 一般環境設定から「メニューバーを自動的に隠す/表示」にチェックを入れます。

03-general-preferences

これでメニューバーは通常非表示状態になります。非表示になっているメニューバーは、画面上部にマウスカーソルを持っていくことで表示させることができます。

Dockを自動的に隠すには、以下の手順にしたがってください。

1. メニューバーのAppleメニューから「システム環境設定…」を選択します。
2. システム環境設定から「Dock」をクリックします。

04-system-preferences

3. Dock環境設定から「Dockを自動的に隠す/表示」にチェックを入れます。

05-dock-preferences

これでDockは通常非表示状態になります。非表示なっているDockは、Dockが表示される場所(初期状態では画面下)にマウスカーソルを持っていくことで表示させることができます。

ホットコーナーを設定する

ホットコーナーを設定することで、画面の四隅にマウスカーソルを持っていった時に様々な機能を呼び出すことができるようになります。

ホットコーナーを設定するには、以下の手順にしたがってください。

1. メニューバーのAppleメニューから「システム環境設定…」を選択します。
2. システム環境設定から「Mission Control」をクリックします。

06-system-preferences

3. Mission Control環境設定から「ホットコーナー…」をクリックします。

07-mission-control-preferences

4. 「画面のコーナーへの機能割り当て」ダイアログでコーナーへ機能を割り当てます。

08-hot-corner

おすすめは「Mission Control」と「デスクトップ」の割り当てです。マウスカーソルをコーナーへ動かすだけで開いているウィンドウの一覧、およびデスクトップの表示を行うことができるようになります。

トラックパッドオプションでドラッグを有効にする

トラックパッドを使っている方におすすめするのがトラックパッドオプションによる「ドラッグを有効にする」設定です。この設定を行うことで、トラックパッドを使っている時のドラッグ操作の方法を設定することができます。

トラックパッドオプションでドラッグを有効にするには、以下の手順にしたがってください。

1. メニューバーのAppleメニューから「システム環境設定…」を選択します。
2. システム環境設定から「アクセシビリティ」をクリックします。

09-system-preferences

3. アクセシビリティ環境設定から「マウス/トラックパッド」を選択し、「トラックパッドオプション…」をクリックします。

10-accessibility-preferences

4. 「ドラッグを有効にする」にチェックを入れ、ポップアップメニューからお好みのドラッグ操作を選択します。

11-trackpad-option

ドラッグ操作について、「ドラッグロックなし」はトラックパッドを「トントン」とダブルタップし、そのまま指をトラックパッドから離さず移動させドラッグします。「ドラッグロックあり」は「ドラッグロックなし」と同様ですが、指を離した後もドラッグが継続し、もう一度タップでドラッグが終了します。「3本指のドラッグ」はトラックパッドを3本指でなぞることでドラッグする操作方法です。

まとめ

いかがでしたか? 本稿では初心者の方におすすめしたい設定について説明しました。

Macには他にも様々な設定が存在します。システム環境設定を色々覗いてみて自分好みのカスタマイズをしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です