Macとプロジェクターを接続する手順

LINEで送る
Pocket

7ca81096a5d6890fca0629997f12f049_s

今回は、Macとプロジェクターを接続する手順とおすすめの接続アイテムとプロジェクターについて紹介いたします。プレゼンなどでMacの映像をプロジェクターに映し出したい場合はどのように接続したら良いのでしょうか?

ここでは、接続手順を中心におすすめのアイテムやプロジェクターについて解説しています。ぜひ、参考にご覧ください!

スポンサーリンク

Macとプロジェクターを接続する手順

事前に準備するもの

Macとプロジェクターを接続する前に事前に準備しておくものは、「プロジェクター」「Mac」「接続ケーブル(HDMIもしくはVGAケーブル)」「変換コネクタ」です。

プロジェクターの端子を確認する

Mac(Mac BookAir)には、VGA端子はなく、Thunderbolt端子が備わっています。Thunderboltは、MiniDisplayPortと互換性があり、MiniDisplayPort端子をVGAやHDMIに変換をし、プロジェクターと接続します。プロジェクターの端子を確認し、VGA端子なのか、HDMI端子なのかを確認しましょう。

いずれかの端子が用意されているプロジェクターであれば、Macと接続することができます。プロジェクターがHDMI端子の場合はHDMI用の、VGA端子の場合はVGA端子用のMiniDisplayPortを準備しておきましょう。また、MiniDisplayPortとは別に、VGAケーブルもしくは、HDMIケーブルも準備が必要です。

Macとプロジェクターを接続する(VGA端子の場合)

Macとプロジェクターのそれぞれの電源を入れます。MiniDisplayPort to VGA AdapterをMacに接続します。プロジェクターのVGA端子にVGA端子用のケーブルを接続し、MiniDisplayPort to VGA Adapterにも接続します。接続に問題がなければ、自動的に映像が映し出されます。

Macとプロジェクターを接続する(HDMI端子の場合)

HDMI端子の場合は、VGAと異なりデジタル出力になるため、画質の劣化も少なくキレイに映し出すことができます。HDMI端子に対応したMacであれば、そのままHDMI端子用ケーブルで接続することができます。

HDMI端子のないMacであれば、HDMI用のMiniDisplayPortが必要です。接続の方法は、直接HDMIケーブル1本で接続するか、MiniDisplayPortを介するかのどちらかになります。

ディスプレイの設定方法

映し出されたディスプレイの映像の画面比率や解像度などを変更したい場合は、Macのシステム環境設定から「ディスプレイ」を開きます。「解像度を変更」したい場合は、「解像度の設定」を変更にチェックすると解像度の一覧が表示されますので、希望の解像度を選ぶと変更することができます。

「Macの画面とまったく同じ画面をプロジェクターに映し出したい」場合は、「配置」タブにある「ディスプレイをミラーリング」の項目にチェックを入れることで、Macとまったく同じ画面が表示されるようになります。

サウンドの設定方法

音声の出力先はMacかプロジェクターかを選ぶことができます。選ぶ方法は、Macのシステム環境設定を開き、サウンドを選択します。

おすすめの接続アイテムとプロジェクター

MiniDisplayPort VGAアダプタ

MiniDisplayPort VGAアダプタを使うことで、VGA端子のプロジェクターなどとMacを接続することができ、外部ディスプレイに映し出すことができます。価格3,500円(税別、AppleStore)

AppleHDMI DVIアダプタ

AppleHDMI DVIアダプタを使うことで、HDMIポートを搭載したMacをDVIコネクタを搭載しているプロジェクターやディスプレイに接続することができ、映像を映し出すことができます。価格3,500円(税別、AppleStore)

MiniDisplayPort DVIアダプタ

MiniDisplayPort DVIアダプタを使うことで、MiniDisplayPort(Thunderbolt)を搭載したMacで、プロジェクターや外部ディスプレイに接続することができるようになります。価格3,500(税別、AppleStore)

EPSON EB-S03

EPSON EB-S03プロジェクターは、A4サイズのコンパクトサイズで重量も2.4kgと軽量なため、持ち運びもでき便利です。スライド式ヨコ台形補正が搭載されているため安心して利用できます。無線LAN接続転送アプリケーションにも対応しているため、スマートデバイスでプレゼンすることもできます。

ASUS プロジェクターDLP LED S1

ASUS プロジェクターDLP LED S1は、バッテリーが搭載されているので、電源不要で使っていくことができます。小型で重量も軽いため持ち運びの際も便利です。本体には6000mAhバッテリーが搭載されているので、最大3時間の投影ができ、外出先でも使うことができます。

明るさ200ルーメン、画素数854×480、縦横比16:9です、見た目もアルミでスタイリッシュなおしゃれなデザインとなっています。USBケーブルを使えば、プロジェクターでスマホの充電をすることもできます。コストパフォーマンスに優れた1台です。

XPE460ミニLEDプロジェクターホーム・シアター・シネマ

XPE460ミニLEDプロジェクターホーム・シアター・シネマは、内蔵LED光源の最長30,000時間の寿命を実現したプロジェクターです。DLPパネルを使っており明るさは1200ルーメン、解像度は800×480で、USB、VGA、HDMI、SD、マイクロUSB、AVなどに対応しています。コンパクトなサイズなうえに重量は980gと軽量なので、バッグに入れ持ち運んでも大きなストレスになりません。

EPSON プロジェクターEB-S04

EPSONのプロジェクターEB-S04は、家庭用プロジェクターの人気製品です。液晶パネル搭載で明るさは3,000ルーメン以上あり、縦横比4:3、斜めの位置からでもキレイに映し出すことができる「ピタッと補正」機能も搭載されており、スマートデバイスからも簡単に映し出すことができます。

Andoer HomeTheaterCinemaMultimedeaPlayer

Andoer HomeTheaterCinemaMultimedeaPlayerは、リーズナブルで購入することができる家庭用プロジェクターです。VGA、AV、USB、HDMI、SDに対応しており、低消費電力になっているので、エコで電気代も抑えれます。価格が安いので、ちょっとした家庭用のプロジェクターとして気軽に購入できるおすすめの一品です。

Flylinktech LED小型プロジェクター

Flylinktech LED小型プロジェクターは、コンパクトで重量が800gと持ち運びしやすいプロジェクターです。マイクロUSB、TV、HDMI、SD、USB、AV、VGAなど多様なインターフェースに対応しています。価格もリーズナブルなので、気軽に購入することができます。安いだけでなくパワーも備わっているので、始めてのプロジェクターにおすすめです。

BenQ MS524

BenQ MS524は、明るさ3200ルーメン、画素数800×600の高機能プロジェクターです。鮮明にパソコンの映像を映し出すことができますので、プレゼンなどに使用したい場合にもおすすめです。ホームシアターとして使う場合も高画質な映像を楽しむことができます。

まとめ

今回、Macとプロジェクターを接続する手順とおすすめの接続アイテムとプロジェクターについて紹介いたしました。プロジェクターと接続したい場合は、端子を確認したうえで必要なものを準備し、接続するようにしましょう。持ち運びもできる家庭用プロジェクターであれば、リーズナブルな価格で販売しているものも多いですので、気になるものがあれば、自宅用でも揃えてみましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です