MacでPDFファイルを編集/注釈を付ける方法

LINEで送る
Pocket

PDF(Portable Document Format)ファイルは、Adobe社が開発する電子文書のファイルフォーマットで、環境に左右されず同一の状態で文書や画像を閲覧できる特徴を持っています。

日々、Macを使っているとPDFファイルを閲覧する機会も多いでしょう。OS Xでは、標準の「プレビュー」アプリケーションでPDFファイルを閲覧することができます。また、あまり知られていませんが、このプレビューアプリケーションでPDFを編集したり、注釈をつけたりすることもできるのです。

本稿ではプレビューアプリケーションを用いたPDFファイルの編集方法を紹介します。

スポンサーリンク

プレビューでPDFファイルを開く

01-preview-icon

プレビューアプリケーションはOS Xに標準搭載されているアプリケーションで、一般的な画像ファイルやPDFファイルの閲覧、およびそれらのかんたんな編集を行うことができるアプリケーションです。

OS XではデフォルトでプレビューとPDFファイルが関連付けられています。通常、単にPDFファイルをダブルクリックすれば、プレビューで開くことができます。

02-preview-open

PDFファイルをダブルクリックしてもプレビューが起動しない場合は、まずプレビューを自分で起動してから「ファイル」メニューから「開く…」をクリックしてPDFファイルを開きます。プレビューは「アプリケーション」フォルダにあります。また、Spotlight検索で「プレビュー」と検索するとかんたんに起動することができます。

03-spotlight

プレビューでPDFファイルを編集する

マークアップツールバーを表示する

プレビューでPDFを編集するには「マークアップ」ツールバーを使用します。通常のツールバーにある「マークアップ」ボタンをクリックすると、マークアップツールバーが表示されます。

04-preview-markup-toolbar
通常のツールバーにマークアップボタンがない場合、通常のツールバー自体が表示されていない場合は、「表示」メニューの「マークアップツールバーを表示」をクリックします。

05-preview-markup-toolbar-menu

テキストを挿入する

マークアップツールバーの「テキスト」をクリックすることで、テキストを挿入することができます。

06-insert-text
「テキストスタイル」をクリックすることで、フォントやサイズ、文字色等を変更することもできます。

07-text-style
挿入したテキストはドラッグ&ドロップで移動させることができます。

図形を挿入する

マークアップツールバーの「シェイプ」をクリックすることで、図形を挿入することができます。
08-insert-shape

多角形や丸、矢印などをPDF中に挿入することができます。線の太さや色などを変更することができ、ドラック&ドロップで移動や変形を行います。

注釈をつける

マークアップツールバーの「メモ」をクリックすることで、注釈を挿入することができます。

09-insert-memo
注釈を入力し終わるとテキストは非表示になり、小さい四角形だけが表示されるようになります。この四角形をクリックすると、注釈のテキストが再度表示されるようになります。

10-insert-memo2

下線、取り消し線、色をつける

マークアップツールバーの「テキスト選択」をクリックすることで、PDF中の文字列を選択することができるようになります。文字列を選択したあとに右クリック(トラックパッドの二本指クリック、あるいはControl-クリック)でコンテキストメニューを出すと、文字列に下線、取り消し線を付けたり、文字列の背景色を変えてマーカーを付けた感じにすることもできます。

11-text-decoration

まとめ

本稿ではMacでPDFファイルを閲覧する方法、および編集する方法を紹介しました。Macに標準搭載されている「プレビュー」アプリケーションを用いることで、PDFファイルの閲覧、編集をかんたんに行うことができます。

プレビューのはここで紹介したもの以外にも便利な機能があるので、一度ヘルプを調べてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です