Macのユーザーパスワードを忘れてしまった時の対処法

LINEで送る
Pocket

e27be930d388109dc6804d1027a71b85_s

今回は、「Macのユーザーパスワードを忘れてしまった時の対処法」について紹介いたします。セキュリティのためにもアカウントごとにユーザーパスワードが設けられています。しかし、そのユーザーパスワードを忘れてしまった場合はどのような対応をしたら良いのか?について紹介していきます。

特にMacを使い始めて間もない方は、お時間のある際にでもしっかりとご覧ください。

スポンサーリンク

ユーザーパスワードを忘れてしまった時の対処法

Macを使うなかでユーザーパスワードを忘れてしまうとログインができなくなってしまいます。本来あってはいけないことなのですが、どうしてもユーザーパスワードを忘れてしまい、ログインができなくなった場合は、下記方法でリセットをし新しいユーザーパスワードでログインするようにしましょう。

パスワードを忘れてしまった場合は、1度パスワードをリセットし新しいパスワードを作成する

どうしてもユーザーパスワードを忘れてしまって思い出せない場合は、次の方法でユーザーパスワードをリセットすることができます。

AppleIDを使ってユーザーパスワードをリセットする場合は、ログイン画面で何度もパスワード入力を試していると、AppleIDを使ってユーザーパスワードをリセットできるという内容のメッセージが表示されます。

OSバージョンによっては、メッセージが表示されない場合があり、その場合はAppleIDを使ったパスワードリセットはできない可能性が高いです。メッセージが表示されたら、メッセージの横に表示される矢印をクリックします。AppleIDを入力すると新規パスワードの作成画面となりますので、新規パスワードを作成します。作成が終わったら再起動されますので、再起動後、作成した新規パスワードを使ってログインします。そして、新しいログインキーチェーンを作成して完了です。

また、AppleIDでのパスワードリセット方法以外にも、使っているMacに別アカウントがあるようであれば、そのアカウントを使ってユーザーパスワードをリセットすることができます。方法は次の通りです。

まず、別アカウントを使ってMacにログインし画面左上のAppleメニューをクリックします。メニューの中からシステム環境設定を選択し、「ユーザとグループ」アイコンを選択します。そして、画面左下にあるカギマークをクリックし、管理者名とパスワードを入力し、ユーザ一覧から選択、画面右にあるパスワードを変更を選択し、新しいパスワードを作成していきます。

新規パスワードを作成したら、再度Appleメニューを開き、ログアウトを選択し、ログイン画面で新規パスワードを使いログインします。最後に新しいログインキーチェーンを作成したら完了です。また、FileVaultが有効になっている場合に限っては、パスワードをリセットすることもできます。ログイン画面で電源ボタンを長押しして終了させます。

そして、復元に関するメッセージが表示されるまで待ちます。メッセージが表示される条件は、FileVaultは有効になっていることです。メッセージが表示されたら電源が切れるまで電源ボタンを長押しし続けます。電源が切れたら、再度電源ボタンを押して、Macの電源を入れます。

電源が入り、パスワードをリセットする旨のメッセージが表示されたら、指示通り新しいパスワードを作成していきます。新しいユーザーパスワードの作成ができたら再起動をし、電源を起動させたら新しいパスワードでログインして新しいログインキーチェーンを作成します。

また、復旧キーを使ってリセットすることもできます。この方法に関しても、FileVaultが有効になっていることが条件となります。さらに、FileVaultの復旧キーが設定されている場合によります。方法は、ログイン画面でパスワードを何度も入力をし、復旧キーによるリセットメッセージが表示されるのを待ちます。もし、メッセージが表示されない場合は、FileVaultが有効になっていないということです。メッセージが表示されたら、メッセージの横にある矢印マークをクリックします。

そして、復旧キー入力をし、指示に従いながら新しいユーザーパスワードを作成します。新しいユーザーパスワードの作成が完了したら、パスワードをリセットを選択し、新しいログインキーチェーンを作成して完了です。

ユーザーパスワードを変更する方法

パスワードを覚えている状態で、使用しているユーザーパスワードから別の新しいユーザーパスワードに変更したい場合は、システム環境設定から変更することができます。変更する場合は、システム環境設定を開き、ユーザとグループアイコンを選択し、ユーザ一覧から使っているユーザを選択します。

パスワードを変更を選択すると、新しいパスワードに変更することができます。パスワードを忘れてしまった場合は、変更することはできません。あくまでパスワードを覚えているなかで、新しいパスワードに変更したい際にこの方法を使います。

新しいログインキーチェーンの作成方法

新しいユーザーパスワードを使ってログインすると、キーチェーンが対応しておらず、解除ができない状態となります。これは、ユーザーパスワードとログインキーチェーンが同じではなく異なるようになったためです。新しくログインキーチェーンを作成することで、この問題を解決することができます。

新しくログインキーチェーンを作成方法は次の通りです。まずアプリケーションフォルダを開いてユーティリティフォルダを選択し、ユーティリティフォルダの中からキーチェーンアクセスを開きます。キーチェーンアクセスのメニューから環境設定を開き、環境設定の中から「自分のデフォルトキーチェーンをリセット」を選択します。入力フォームが表示されますので、新しいパスワードを入力しましょう。自動的にログインキーチェーンが作成されますので、作成が完了したら画面左上のAppleメニューを開き、ログアウトをします。

再度ログイン画面で、新しいパスワードでログインします。これによりユーザーパスワードとログインキーチェーンが同じになります。万が一、「自分のデフォルトキーチェーンをリセット」が表示されないときは、一旦、環境設定ウインドウを閉じましょう。そして、キーチェーンアクセスウインドウにある、キーチェーンでログインをクリックします。

まとめ

今回、「Macのユーザーパスワードを忘れてしまった時の対処法」について紹介いたしました。特にMacを使い初めて間もない方は、ユーザーパスワードを忘れがちです。万が一パスワードを忘れてしまいアカウントにログインできなくなった場合は、今回紹介した方法でパスワードを1度リセットし、新しいパスワードを作成したうえで再度ログインする必要があります。

常日頃から、ユーザーパスワードを忘れないように、メモしたりiPhoneで管理しておくようにすると良いでしょう。また、セキュリティのためにも、定期的にユーザーパスワードを変更することも大事です。簡単にパスワードは変更することができますので、面倒に思わずに定期的に自主的に変更するようにすると良いでしょう。万が一のときのために、ぜひ、パスワードリセット方法は把握しておくようにしましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です