Home / Mac / MacのキーボードでiPhoneに文字入力する方法

MacのキーボードでiPhoneに文字入力する方法

Pocket

iPhoneでの文字入力では、日本語の文章を速く入力するのは結構大変です。フリック入力の達人もいらっしゃいますが、多くの方はメール等で長文をiPhoneで入力するのは苦手のことと思います。普段Macを利用されている方では、Macで使っているキーボードをうまく活用する方法があります。

本稿では、Macキーボードを使ってiPhoneへ文字入力する技を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

MacのキーボードでiPhone文字入力を行うお勧めの方法

Mac用の外付けキーボードを使う

デスクトップのMacには外付けのキーボードが標準装備されています。最新のiMacをご利用の方は「Magic Keyboard」というBluetoothキーボードをお持ちでしょう。また、単品でも販売されています。

001_applemagickey01

以前のiMacでは、「Wireless Keyboard」というBluetooth接続のキーボードが標準装備されていましたが、現在Apple社からの販売は終了しています。

002_applewirelesskey02

いずれのキーボードもMacでBluetooth接続することにより利用することができます。この両者のキーボードともiOSデバイスで利用可能です。iPhoneやiPadとBluetoothでペアリングして接続すれば、そのままiPhoneへの文字入力が可能になります。

しかしながらこの方法には難点が一つあります。iPhoneへのキーボード入力を終了しMac側でキーボード入力を行おうとする場合は、iOSデバイスとのBluetooth接続を一旦解除した上で、改めてMac側にBluetooth接続しなければなりません。Bluetoothキーボードを余分にお持ちの場合は便利かもしれませんが、1台のキーボードを使い回すには切換操作が少々不便と思われます。

なお、Apple純正以外のBluetoothキーボードも接続は可能です。しかし、英数キーは良いのですが、記号キーの配列が英語キーボード設定になったり、WindowsPCで使用しているキーボードでは特殊キーの設定も変更する必要性が発生します。

MacからiPhoneへ文字入力できるキーボードアプリを使用する

MacキーボードからiPhoneへ直接文字入力が可能なキーボードアプリがあります。ノート型のMacBook(ProやAir)をご利用の方で、外付けキーボードをお持ちでない方は、これらのアプリを入手して利用する方法があります。

著名なアプリとしては、「Type2Phone」と「1Keyboard」があります。ともにAppStoreで入手可能で、価格は原稿執筆時点でともに1,200円となっています。(時々、値下げのキャンペーンが実施される場合もあります。)

003_type2phoneappstore

「Type2Phone」の利用方法

本稿では、AppStoreでのカスタマーレビュー等も考慮し、「Type2Phone」を試用してみましたので、その利用方法を紹介します。

インストールが終了しアプリが起動すると、初回は次のような画面が表示されます。赤枠の部分をクリックし、メニューから「Connect to New Device」を実行し、iPhoneとのBluetooth接続を行ってください。

004_type2phonestart01

iPhoneとの接続された画面が次の画面です。ここで赤枠部分が入力エリア、青枠部分がキーインした履歴が表示される部分です。表示には、改行キー等の特殊キーの入力結果も含めて表示されます。

005_type2phone003

次に日本語入力の設定です。最初にキーボードタイプの設定を行います。次の画面の右上の「旗マーク(初期はアメリカの国旗)」をクリックし、「Japanese QWERTY」を選択してください。

006_type2phonefep

(Japanese QWERTYの選択)

007_keyboardtype02

日本語入力モードへの切り替えは、キーボードショートカットから、control + space キーを押し、上記画面のように「ひらがな」を選んでください。これで日本語入力が可能となります。

キーボードアプリにお金をかけるべきかは悩みどころ

iPhoneとMacの機能連携については、最近かなり充実してきています。iCloudやDropboxといったクラウドサービスを利用すれば、テキストファイル、画像付きの文書ファイル、表計算データもクラウドストレージを使ってファイル共有することができます。iPhoneで慣れない手つきでキーボード入力するよりMac側で入力してクラウドストレージに保存しておけば、iPhoneで簡単に参照でき、簡単な修正をiPhoneで行うことも可能です。(WindowsPCであってもApple社から提供されている「iCloudアプリ」を使えば同じようなことを行うことができます。)

今や、どうしてもMacを使ってiPhoneへのキーボード入力する必要性もなくなってきていると言えます。この有料アプリを必要と感じる場合と言えば、Macを利用中にLINEメッセージが到着し、少し長めの文章で返答する必要が生じたときぐらいでしょうか。導入をお考えの方は、次に紹介する方法もご考慮してご判断してください。

お金をかけずにユニバーサル・クリップボードを使う

iPhoneとMacの機能連携がどんどん強化され、iPhoneとMacを使う利便性が増してきています。macOS Sierra(10.12)からは、ユニバーサル・クリップボードという機能が加わりました。

このユニバーサル・クリップボードは、一言で言うと macOS SierraとiOS 10の間で「共有できるクリップボード」です。macOS Sierraでコピーしたテキストを、iOS 10のアプリでペーストすることができるのです。ただし、この共有クリーップボードには有効期間があります。2分過ぎるとユニバーサルクリップボードからは消えてしまいます。

iPhoneでの文字入力が必要な場合、入力しようとすると画面の半分がソフトウェア・キーボードで隠れてしまいます。また、フリック入力に慣れたとしても長文入力は、やはりMacのキーボードを使う便利さにはかないません。

iPhoneでiOS 10、Macで macOS Sierraをお使いの方は、次の方法を試してみてください。

ユニバーサル・クリップボードの使い方

それでは、Macでテキスト入力した文章をiPhoneに貼り付けてみましょう。
どのアプリでも構いません。Macで文字入力を行います。入力した文章をドラッグしてコピーします。

008_toclipboard01

次に、iPhone側のGメール・アプリでペーストを行ってみます。(もちろん、標準の「メール」アプリ、LINEアプリでも実行可能です)
iPhoneのクリップボードからペーストします。

009_fromclipboard02

あたかも、iPhoneでコピーを行ったようにクリップボードからのペーストが可能です。

010_fromclipboard03

ここで、注意したいことが一つ、
この「ユニバーサル・クリップボード」が効かなくなることがあります。

iPhoneとMac間で「AirDrop」を使ってファイル転送された方は、経験されていると思いますが、時に希んだ機能が働かなくなることがあります。このような場合は、ネットワークへの再接続、アプリの再起動、それでもダメな場合は、MacとiPhoneの再起動が必要となる場合も稀にあります。(iPhoneもMacも時々再起動しておくと良いでしょう)

まとめ

いかがでしょうか。iPhoneでの文字入力が苦手だと言う方は、Mac側のキーボードをうまく使うことによりiPhoneでの文字入力が大幅に楽になります。

外出中にiPhoneでメールを送らなければならないなどの緊急時は別として、iPhoneで長い文章を打ち込む必要性がどんどんなくなってきています。Macのユニバーサル・クリップボード、キーボードアプリ、外付けのBluetoothキーボードと、利用場面に応じて使い分けてみてはいかがでしょうか。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

ca58c53de522858694c1391741cbb244_s

サクサク快適!Macの動画を保存できる優秀なダウンロードソフト9選

動画ダウンロードソフトを使えば …

Facebookでのご購読が便利です