Macユーザーにおすすめの人気フリーソフトランキング

LINEで送る
Pocket

Macを利用している方々には、Webデザイナーの方々、Adobe IllustratorやPhotoshopを使っているクリエイティブ・デザイナーの方々、出版編集関係の方々、動画映像を編集される方々、写真加工をされる方々、普通のお仕事で使っている方々、IT関係の技術者の方々、学生さん、そして、Macが好きな一般の利用者の方々と様々な立場の方がおります。

その利用方法も十人十色でしょう。会社のお仕事ではWindowsパソコンを使うけれど、プライベートな時間はMacを使う人もいらっしゃいます。そこで、万人のMacユーザーの方々に、快適、安全、かつ、経済的にMacを利用するために役立つ便利なフリーソフトウェアのランキングを紹介していきます。

利用する立場が変わればおすすめするソフトウェアも変わってきます。今回は、筆者である私の個人的、かつ、独断的な考えも入ったおすすめフリーソフトウェアのランキング・ベスト10です。独断的とはいえ、多くの利用者の方々の評価も重要視してランキングをご紹介します。

[ad1]

人気フリーソフトランキング

第1位 Onyx

堂々の第1位は、Macのメンテナンスソフトの定番とも言え、OS Xの初期のバージョンからサポートを続けているOnyxです。Onyxは、Mac初心者では、知らない方も多くいるかと思いますが、Macの起動ディスクをチェックしたり、使用を続けていく中で発生した不要ファイルを削除したり、Mac利用を常に快適に使えるようにメンテナンスをしてくれる大変心強いツールです。

メンテナンス機能の画面

001_Onyx_Mente

クリーニング機能の画面

002_Onyx_Clean01

ダウンロードページ

第2位 AppCleaner

Macにインストールしたけど使わなくなってしまったアプリをアンインストールする時、ゴミ箱へ入れて捨てていませんか?

Mac利用の解説書、Webサイトでの利用法解説の中には、不要となったアプリはゴミ箱に入れるよう解説されているものがあります。完全な間違いではないのですが、アプリを使用していた時に、利用設定のファイル、作業用のファイル等がディスクドライブ等の作成されています。

アプリのアンインストールの際には、アプリ本体だけでなく、これらの関連ファイルをAppCleanerは一括で探し出し削除してくれます。アンインストーラーが提供されていないMac用アプリのアンインストールには、このAppCleanerを使うことがずっと以前から定番となっています。

起動後の画面

003_AppCleaner01
削除するアプリをドラッグアンドドロップした後の画面

004_AppCleaner02

ダウンロードページ

第3位 WinArchiverLite

作成したデータ(ファイル)を、仕事の取引先、友人にネットを介して渡すような時、オリジナルのデータ形式でなく、ZIP形式等の圧縮ファイルにして受け渡されていると思います。

Macでは、ZIPの圧縮/解凍は、OS Xの一部として機能が提供されていますが、データを渡す相手がWindowsユーザーの場合、日本語ファイル名が文字化けして開くことができない、解凍すると余分なファイル存在するといった指摘をされたことはないでしょうか?

これは、WindowsとMacでの文字コードエンコーディングの違いがあること、Mac側の不可視ファイルがWindowsでは見えてしまうとこが原因です。WinArchiverLiteは、これらの問題に対処したZIPファイルを作成するためのアプリです。

操作方法はいたって簡単、ZIP圧縮したいフォルダやファイルをWInArchiverLiteのウインドウへドラッグアンドドロップするだけです。パスワード付きZIPを作成することもできます。

起動後の画面

005_WInArchiverL01

Zipファイル作成指定画面

006_WInArchiverL02

ダウンロードページ

ベスト3までは、Macユーザーの共通の基本とも言えるフリーソフトがランキングしました。これらのフリーソフトは、MacのOSの一部であると言っても良いくらいの働きをしてくれます。そして、Macユーザーが快適に過ごすための必須のアイテムと言っても過言ではありません。ここからは、様々なワーク場面で使われるアプリケーションがランキング入りしています。

第4位 Airmail Beta

Macにはデフォルトで「メール」というアプリが初期導入されています。この「メール」アプリは、iCloudアカウントのメールを使うには結構便利なのですが、POP3メール、その他のメールアカウントで利用する場合、意外とアカウント設定に戸惑うことがあります。

第4位にランクインした「Airmail Beta」は、数あるメールクライアントアプリの中でも、最近のインターフェイスデザイン、iOSデバイス用アプリと親和性のあるインターフェイスを採用した優れもののメールクライアントアプリです。

このメールクライアントアプリには、有償版もあります。無償版は名称が「Airmail Beta」と称され開発途上のアプリとですが、利用していく上で不具合が発生するようなことはありません。一つ違いがあるとすれば、アップデートを手動で行うことぐらいです。(もちろん、アップデートがあることは通知されます。)

Airmail Webサイト

007_Airmail_01

アカウント設定画面

008_Airmail_02

ダウンロードページ

第5位 Alfred

「Alfred」は、アプリケーション・ラウンチプログラムです。自分が使おうとするアプリの起動は、DockにしまってあればDockのアイコンをダブルクリックし、そこになければ、ラウンチパッド開いたり、アプリケーションフォルダを開いて、動かそうとするアプリのアイコンをダブルクリックするのが一般的でしょう。

この「Alfred」は、ショートカットキー( option + spaceボタン)一つでラウンチャーを起動します。起動させるアプリケーションの探査は、アプリ名に関係するアルファベッドの入力だけです。入力したキーの文字を含む、または、入力されたキーから連想されるアプリが一覧で表示されます。表示されたアプリリストから選んで「return」キーを押すだけで起動します。

慣れてくれば、
・ ショートカットキー( option + space )
・ キーワード入力(一文字以上)
・ returnキー
の3ステップであっという間にアプリを起動することができます。

009_Alfred_01

ダウンロードページ

第6位 Pocket

Webで見つけた興味ある記事など、Web上のあらゆるコンテンツを一時的に保存するブックマークアプリ、後で読むために記録を残しておくアプリです。ほとんどのブラウザに連携機能が用意されていますので、ブラウザで閲覧中、後でじっくり読みたい時、ボタンクリック一つで簡単にPocketに保存できます。ネットで情報収集している時にとても重宝するアプリです。

最初に使う時は、メールアドレス、ユーザーネーム、パスワードを登録するだけ。複数のMacでも、iPadでも、iPhoneでも同じアカウントであれば、どのデバイスからでも参照ができます。保存した内容の表示には、オリジナル表示と簡易表示があります。簡易表示であれば、必要な記事と画像だけの表示となり、広告が表示されず、すっきりとした画面になり、ゆっくり落ち着いて記事を読むことができます。さらに元のURLをブラウザで開くこともできます。

簡易表示画面

010_SC_Pocket01

オリジナル表示画面

011_SC_Pocket02

他アプリへURLを送る画面

012_SC_Pocket03

ダウンロードページ

第7位 CotEditor

超軽快なテキストエディターです。原稿の作成から、プログラムの作成までこなす万能なエディターです。日本で開発されたエディターですので、日本語の縦表示が可能で、原稿を書く人にとってはありがたい機能です。

プログラミングやHTMLエディターとして利用する場合は、起動後に、文字コードとシンタックスを指定します。指定した言語に応じてタグや変数、プログラム制御文等が色付けされます。

他にも、プログラミングに特化したエディターでは「Atom」や「SublimeText」もありますが、CotEditorでは特段の設定が必要ではなく、気軽に使えるという点からこのCotEditorをおすすめとしてランキングに入れています。

日本語原稿縦書き画面

013_CotEditor01

プログラム表示画面

014_CotEditor02

ダウンロードページ

第8位 Burn

DVD/CR-Rディスクへの書き込みが可能なアプリです。データ、オーディオ、ビデオの3タイプのDVDが作成できます。ディスクイメージファイルであるISOファイルをDVDに記録したり、mp4形式の動画ファイルや自分で撮影したビデオデータをDVD形式でディスクを作成し、DVDプレイヤーで見ることができるようになります。

例えば、MacのOS Xのディスクイメージファイル、LinuxのディスクイメージファイルやWIndows10のディスクイメージファイルをダウンロードしてきて、Burnを使ってインストールDVDを作成することができます。

015_BurnDVD

ダウンロードページ

第9位 Opera Developer

数あるブラウザの中から、このOpera Developerをおすすめするポイントは、広告ブロック機能がデフォルトで装備されており、ブロック動作がブラウザに負荷を与えず快適に利用できること。もう一つは、VPN機能が備わっていて、外出先でパブリックなWifi等を利用している時でも通信経路上は暗号化することができるということです。

「Developer」という名前は、「Opera」ブラウザにこれから搭載予定の機能が事前評価用提供されているベータ版的なものですが、動作が不安定になるといった心配はありません。一般利用には十分耐えうる性能は確保されています。

016_OperaDev

ダウンロードページ

第10位 Evernote

「Evernote」の無償版(ベーシック)は、先般、同期できるデバイス数が2つに制限されました。このEvernote無償版は、転送容量などの制約条件はあるものの、一般的な個人利用であれば十分便利に使うことができます。

OS X では10.11(El Capitan)からは「メモ」アプリの強化によりEvernoteの優位さは薄れてきたものの、このEvernoteをフリーソフトウェアとして第10位にランキングしました。デバイス数の制限が課せられなければ、間違いなくベスト5に入るくらいのフリーソフトです。

Evernoteは、簡単に言えばあらゆるデータ形式で記録可能なメモアプリです。ネット検索で見つけた気になることすべてをスクラップブック的に、文字や画像、あるいはWebページごとEvernoteへクリップしておくことができます。そしてキーワード一発で膨大なデータの中から必要なものを呼び出すことができます。

スクラップブックにとどまらず、自分の頭脳として活躍してくれるくらいの優れものであることには間違いないです。Macを1台に、iPhoneを1台。このような使い方であれば、フリーソフトウェアで最適なメモアプリとなります。

017_Evernote01

ダウンロードページ

まとめ

Macには、優れたフリーソフトが数多くあります。もちろん、有償の優れたソフトにはかなわない部分も多くありますが、特にプロユースでなければ十分に優秀なソフトウェアが入手可能です。ここにランキングさせていただいたアプリを導入すれば、あなたのMacライフはとても充実したもにになると思っております。

最後に一つだけ注意点です。フリーソフトウェアのダウンロードは、Apple社のAppStoreから入手するか、開発元のWebサイトから直接ダウンロードするように心がけましょう。第三者がダウンロードサービスを行っているサイトでは、余分なアプリが付属していたり、最悪、マルウェアが仕組まれていたりする危険性もあります。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です