Home / Mac / Macのディスクユーティリティーを使用してディスクの修復をする手順

Macのディスクユーティリティーを使用してディスクの修復をする手順

Pocket

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

今回は、Macのディスクユーティリティーを使用してディスクの修復をする手順について紹介いたします。Macでは、ディスクユーティリティーを使って簡単にディスクを修復することができます。

検証や修復する場合も本当に簡単な作業でおこなうことができますので、いままでディスクの検証や修復をおこなったことがない方、また、ディスクユーティリティーの存在自体を始めて知った方は、それらの手順方法などを紹介していますので、ぜひ、お時間ある際にでもご覧ください。

スポンサーリンク

Macのディスクユーティリティーを使用してディスクの修復をする手順

ディスクユーティリティーとは

ディスクユーティリティーはディスクイメージを作成したり、作成したディスクイメージにファイルをバックアップしたりします。ハードディスク・ドライブなどの初期化をおこなったり、パーティションの区分管理やUSBメモリなどの初期化もおこなうことができます。

また、複数のアプリケーションが突然終了する問題やファイルが破損している問題などを解決することができます。ディスクユーティリティのアプリを起動するためには、Launchpadのその他のフォルダを開き、ディスクユーティリティーアプリをダブルクリックします。Launchpadを開くと、使っているMacの容量や使用状況、所有権、マウントポイントなどが表示されています。

ディスクユーティリティーを使用してディスクの修復をする手順

ディスクユーティリティーを使用し、ディスクを修復する方法について紹介していきます。ディスクを修復する前に、必ずディスクの検証をおこなうようにしましょう。ディスクに問題がある場合は、検証後に問題が表示されます。問題がある場合はディスク修復をおこないましょう。

ディスクユーティリティーを使ってディスクを修復する場合は、ディスクユーティリティを開き、メニューのヘルプからディスクユーティリティヘルプを開きます。ディスクユーティリティヘルプウインドウが開いたら、□マークの共有ボタンを選択し、プリントをクリックします。クリックしたら、Appleメニューを選択して再起動をします。

再起動が始まり起動音が聞こえ始めたら、commandキーとRキーを同時に押したままにします。Appleのリンゴロゴマークが表示されたら、押しているcommandキーとRキーから手をはなしてディスクユーティリティーを選択し、続けるを選択します。次に、サイドバーからディスクユーティリティーを使用して修復したいディスクを選び、FirstAidボタンを押し、ディスクを修復を選びます。

特にディスクから問題が検出されなかったり、ディスクが修復された旨の表示がされれば、ディスクの修復は無事に完了です。もし、万が一ディスクを修復できなかった場合、もしくは「基になるタスクが失敗したことが報告されました」というエラーになった場合は、ディスクかパーティションをもう1度修復してみる必要があります。

スムーズに修復ができないときは、可能な限り多くのでデータのバックアップをし、ディスクをもう1度フォーマットをして、OSを再インストールしてバックアップデータを復元するようにします。また、「エクステントアロケーションが重複しています」というエラーが報告された際は、複数のファイルのうち1つ以上が破損している可能性があるということです。この場合は確認する必要があります。リストが表示されますが、そのリストのファイルのエイリアスが、ディスクの「DamagedeFiles」のフォルダにありますので、ファイルをもし置き換えすることができる場合は、そのファイルを削除するようにしましょう。

また、削除できないような必要情報などがファイルに入っているときは、1度ファイルを開いて、データが破損していないかを確認します。また、FusionDraiveのデータを失くさないようにするために、バージョンが10.8.5より以前のバージョンの場合は、Macに接続しないようにしないといけませんのでご注意ください。

ディスクユーティリティーでDVDをコピーする場合の手順

ディスクユーティリティーを使ってDVDをコピーしたい場合の手順について説明していきます。今回は、新しいOSX EL Capitanでの方法についてです。まず、コピーしたいDVDをMacに入れデータを保存します。さらに、Macに映像データを焼く新しい空きのあるDVDもセッティングし、ディスクユーティリティーを開きます。

そして、ディスクユーティリティーのメニューからファイルを選択し、次に新規イメージを選び、「”DVDの名前”からイメージ作成」クリックします。すると、保存先を指定する画面になります。フォーマットはどのフォーマットを選択してもDVDはコピーすることができます。保存を選択するとディスクイメージの作成が始まり進捗状況が表示されますので完了するのを待ちます。完了したら映像データのコピー完了です。

また、データをDVDに焼くこともできます。もし新しいDVDに焼きたい場合は、先ほどコピーしたファイルを選択します。そして、メニューバーから、「ディスクイメージ~」を選択します。次に、表示される画面でディスクを作成を選び、次の画面でももう1度ディスクを作成をクリックします。すると、ディスク作成に移り、進捗状況が表示されます。

完了すれば、セッティングしていたDVDへの焼き作業が完了します。新しいDVDへのデータの焼き作業が完了したら、念のため、しっかりと焼かれているかどうかを実際に映像を見て確認するようにしましょう。確認して問題なければ作業完了となります。

Macの動作が遅いと感じたらディスクユーティリティーで検証してみる

Macの動作が遅いと感じたら、ディスクユーティリティーを使ってディスクの検証をおこなうようにしましょう。検証をおこない場合によっては修復をすることでこの問題が解決される場合があります。ディスクの検証をおこなう場合は、Finderのアプリケーションのなかのユーティリティのなかから、ディスクユーティリティーを選択して、画面右下にあるディスクの検証をクリックします。

もしディスクに問題がある場合は、たくさんの問題箇所が表示されますので、問題が多い場合は、上記方法でディスクの修復をおこなうようにしましょう。そうすることによりMacの動作が軽くなる可能性があります。定期的にディスクの検証をおこなうことで、問題がないかどうかを確認することができ、動作を遅くすることを防ぐことができることができます。

まとめ

今回は、Macのディスクユーティリティーを使用してディスクの修復をする手順について紹介いたしました。Macを使いながらもディスクユーティリティーの存在を知らない方や、ディスクの検証・修復をしたことがない方は、ぜひ、1度ディスクの検証や修復をしてみると良いでしょう。

Macの動作が遅くなるのを防ぐこともできます。ディスクユーティリティーは、普段あまり表にでるようなアプリではありませんが、Macを健全に使っていくうえで、必要不可欠なものとなっています。始めて名前を聞いた方は、Launchpadから、1度開いてみるようにしましょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

MacのキーボードでiPhoneに文字入力する方法

iPhoneでの文字入力では、 …

Facebookでのご購読が便利です