Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / webサービス / なりすましに騙されない!LINE乗っ取りへの徹底対策法2つ

なりすましに騙されない!LINE乗っ取りへの徹底対策法2つ

Pocket

LINEのアカウントが乗っ取られるかもしれない事をご存知ですか?

「急に友だちから不自然なメッセージが届いた」「●●を購入して欲しいと頼まれた」このようなことが起きた場合、もしかするとその友だちはLINEのアカウントを乗っ取られている可能性があります。

本記事では、LINEのなりすまし被害にあわないために、また、アカウントを乗っ取られた場合に、どのような対応をすればいいのか事前に把握をしておきましょう。そうすることで、自身や友だちの被害を最小限に抑えることができます。

スポンサーリンク

LINEでなりすましをする手口3つ

●●を買ってきて欲しい

LINEでなりすましにあった場合、「今忙しい?」などのメッセージが送られ、最終的に「●●(ギフトカードなど)を買ってきて欲しい」と頼まれるケースがあります。普通に考えれば怪しいメッセージなのですが、実際に購入して相手に贈ってしまい(コードを教える)被害が出る場合があります。

怪しいサイトを教える

メッセージとともにURLが送られてきて怪しいサイトを紹介される場合もあります。これらのサイトを教える目的は、多くの場合、個人情報を盗むためです。

個人情報を聞かれる

なりすましてLINE上の友だちに連絡先や住所など、さまざまな個人情報を聞かれる可能性もあります。教えた個人情報を悪用されてしまうためとても危険です。

LINEでなりすましされた際の被害

ビジネス 若い 人物 社員 新入社員 仕事 悩む 女 女性 新人 健康 イラスト 勉強 学習 病気 困る 疲労 患者 悩み 勤務 働く 会社 ビジネスウーマン コピースペース 時計 指導 社内 計画 商談 取引 素材 考える 怒る 人 宿題 危ない 危険 人間 夢 希望 メディカル 集中 忙しい バックグラウンド シルエット 背景素材 行政 監督 グラフィック トラブル 注意 時間 介護 テクスチャ 未来 混乱 ビジネスシーン パニック 災害 禁止 将来 労働 NG 拒絶 拒否 怒り ストレス 睡眠不足 ヘルス クレーム 寝不足 不安 締め切り タイムリミット 制限時間 焦り スタッフ 残業 心 イライラ 被害 ルール 迷惑 病人 警告 心配 規則 時間外 犯罪 自殺 リスク ノー 従業員 パートナー 法律 精神 願望 限界 過労 労災 繁忙 メンタル 違法 裁判 違反 長時間 メンタルヘルス 慌ただしい 重圧 上限 いらいら デー 禁止事項 基準 超過 締切 新入 疾患 超える 労働基準法 過労死 精神的 ルーキー 時間外労働 ノー残業デー 長時間労働 不眠症 フラストレーション 追いつめられる いそがしい 勧告 背景イラスト 労働基準 協定 クレーマー 労働局 是正 行政指導 常態化 労使協定 労使

LINEでアカウントを乗っ取られた場合は、次のような被害を被る可能性があります。元の利用者だけでなく、LINEの友だちにも被害が出る可能性があるので注意が必要です。どのような被害が出るかを事前に把握しておきましょう。

自分のアカウントが利用できない

LINEでなりすましされた際の被害として、自分のアカウントが利用できなくなることがあります。アカウントを乗っ取られた場合は、LINEにログインをしても「利用することができません。」と表示され、エラーになってしまいます。

LINEでは、1つのアカウントが1つのスマホに紐付けられているため、なりすましによって攻撃者が別の端末からログインをすると、自分の使用している端末が旧端末扱いになってしまい、アカウントが利用できなくなってしまいます。

乗っ取りをする攻撃者は、多くの場合、乗っ取りをした後すぐにパスワードを変更します。そのため、パスワードを変更した攻撃者が「正規の利用者」となり、前のパスワードでログインを試みる元々の利用者が「乗っ取りを試みるユーザー」と見られてしまいます。

LINEの友だちにいろんなメッセージを送られる

LINEでなりすましをされた場合は、LINE上の友だちにいろんなメッセージを送られる可能性があります。なりすましでメッセージを送られてしまうため、メッセージを受信した側も何も怪しまずにメッセージ内容を信じる恐れがあります。

最も気をつけたいのが、詐欺メッセージです。「お金を貸して欲しい」「iTunesギフトを購入して欲しい」「●●に送金して欲しい」など、さまざまな詐欺メッセージを送信される可能性があります。

この手のメッセージが送られても、受信側が怪しめば詐欺被害を防ぐことができますが、詐欺メッセージ通りに行動をして被害が出ることもあります。

また、メッセージとURLを送られ、URLにアクセスして情報を入力したり、ファイルやアプリをダウンロードすることで、個人情報を盗み取られたりする被害が出ることも考えられます。

金銭的な被害などが出ると、その後の人間関係に悪影響が出る可能性もあるため、何としても避けたいところです。

アカウントを削除される

スマホ スマートフォン 写真 インターネット ネットショッピング 携帯電話 視聴 アプリ 画像 背景素材 女性の手 アンドロイド SNS Twitter スマフォ LINE タッチスクリーン 料金 動画 ダウンロード メールチェック WEB 容量 ネット通販 mvno 通信費 記事 ブログ素材 やりとり 課金 使い方 スマホ操作 ネット決済 ウェブビジネス 液晶タッチパネル パケット 機種変更 ゲーム風景 検索画面 月額使用料金 月額利用料金 電話代金 使い過ぎ 回線速度 データ移行

なりすましにあってしまうと、LINEアカウントを削除される可能性があります。攻撃者としては乗っ取りをしたアカウントをいつまでも利用したり、放置するわけにはいきませんので、最終的にはLINEアカウントを削除する傾向があります。

アカウントが削除されても、新しいアカウントを作成してLINEを利用することは可能ですが、LINEの友だちリストを失ってしまいますし、トーク履歴ややり取りしていた写真などもなくなってしまいます。

次ページ:LINEでなりすましされないためにできること

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

スパムメールにご用心!受け取らないための拒否設定と対策法2つ

大量に広告メールやアダルト系メ …

Facebookでのご購読が便利です