Home / プログラミング / javascript / javascriptを勉強し始める時に読みたい入門書9選

javascriptを勉強し始める時に読みたい入門書9選

Pocket

653a11825b09240a0504a431f26dc061_s

「これからプログラミングを勉強したい!」「JavaScriptを学びたいけど、どんな本を参考にしていいか分からない」など、悩んでいたりしませんか。どんな参考書を使って勉強するかで、勉強意欲も変わり習得速度も変わる場合があります。

ここでは、「javascriptを勉強し始める時に読みたい入門書9選」について、紹介いたします。これから、JavaScriptの習得を考えている方は、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

1.JavaScriptのおすすめ入門書

 

ここでは、JavaScriptを勉強するにあたっておすすめの入門書を紹介します。

1.確かな力が身につくJavaScript「超」入門

確かな力が身につくJavaScript「超」入門は、ただ読むだけでなく、サンプルをひとつずつ作りながら楽しくJavaScriptを学習できる入門書です。実際に作りながら勉強していくため、体系的に身に付けていけますし、モチベーションの低下も防げます。

確かな力が身につくJavaScript「超」入門であれば、プログラミングのことをまだまったく把握していない状態でも、何となく触りながらプログラミングを書くことを覚えていけます。丁寧に分かりやすく解説してあるので、楽しく学びながらJavaScriptを勉強したい初心者におすすめの本です。

構成内容:インプットとデータの加工/JavaScriptの文法と基本的な機能/インプットとデータの加工/一歩進んだテクニック/jQuery入門/外部データを活用したアプリケーションに挑戦など

2.スラスラわかるJavaScript

スラスラわかるJavaScriptは、JavaScript初心者のおすすめの入門書です。イラストが多く、分かりやすい言葉で丁寧に解説してあります。ただし、まったくJavaScriptのことを知らない初心者向けではなく、少しは勉強したことがある人向けです。

HTMLやCSSの基礎部分に触れた内容があるためです。「最近プログラミングの勉強を始めた」「JavaScriptの勉強を少ししたが、途中でやめてしまった。。」などの人には合う可能性があります。

「スラスラ」と書いてあるとおり、イラストが多いだけでなくページ量が多すぎないため、スラスラ進んでいけます。構成内容:JavaScriptとWebページの基礎知識/Webアプリケーションの仕組み/JavaScriptの開発環境など

3.ノンプログラマのためのJavaScriptはじめの一歩

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です