iPhoneの容量不足に直面した時の対策

LINEで送る
Pocket

b2d78078ff48cfd1162afd9b86e459e9_s

今回は、iPhoneの容量不足に直面した時の対策について紹介いたします。iPhoneを使っていて容量が足りなくなったことありませんか?特に容量の少ないiPhoneを契約して使用していると、写真や動画が保存できなくなってしまうことがあります。そんな時はどのような対処方を施せば良いのでしょうか。ここでは、容量不足になった場合におこなう対処方法について解説いたします。空き容量で困っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

iPhoneの容量不足に直面した時の対策

不要なアプリを削除する

iPhoneの容量が不足してきた場合は、不要なアプリを削除するようにしましょう。アプリによっては、容量を大きく使用しているものもあるため、不要なアプリを削除することで、空き容量に余裕を持たせることができる場合があります。どのアプリがどれくらいの容量を使用しているかを確認したい場合は、設定アイコンを開き、一般を選択します。

一般のメニュー一覧の中から「ストレージとiCloudの使用状況」を選択します。そして、「ストレージ」欄の「ストレージを管理」選択すると、iPhoneで使用している各アプリの使用容量が表示されます。余り使用していないアプリで容量が大きいものを削除することで、大きく空き容量を増やすことができる場合があります。アプリを削除したとしても、再度iPhoneにインストールすることができます。

AppStoreを開いて「アップデート」を選択し「購入済み」を選択します。すると、今までiPhoneにインストールしたアプリが一覧となって表示されます。「このiPhone上にない」を選択し、再度、iPhoneにインストールしたいアプリの右側にあるマークをタップすれば、再びiPhone上で使うことができるようになります。

不要な写真や動画を削除する

写真や動画を大量に保存している人は多いと思います。iPhone内の不要な写真と動画を削除するだけで空き容量を増やすことができます。写真や動画を削除する場合は、写真アイコンを開き、画面右上の選択をタップし、削除したい写真を選んでいきます。選んだあとに画面右下に表示されているゴミ箱をタップすれば削除することができます。

削除した写真や動画は、「最近削除した項目」に移動し30日間保存されます。「最近削除した項目」に入っているままだと容量は変わりませんので、移動した写真や動画を完全に削除するようにしましょう。そうすることで、削除した写真・動画分の容量を空けることができます。

音楽を整理する

多くの人がiPhoneで音楽を聴きますが、たくさんの音楽データをiPhone内に溜めることにより、iPhoneの容量を大きく使ってしまいます。極力、不要なアルバムや曲は削除するようにしましょう。音楽に関しては、定額で聴き放題の音楽サービスがたくさんありますので、そういったサービスを使用することでiPhone内に音楽データを溜めずに使用していくことができます。

マイフォトストリームをオフ設定にする

マイフォトストリームがオンになっていると、wi-fiネットワーク接続時にiCloudに接続しているデバイスに写真を自動でダウンロードをします。これにより、iPhone本体の容量が使用されてしまいますので、マイフォトストリーム設定をオフにすることで空き容量を確保します。

マイフォトストリーム設定をオフにする場合は、設定アイコンを開き「写真とカメラ」を選択します。「マイフォトストリームにアップ、、」をオフ設定にします。これにより、使用容量を減らすことができます。

Googleマップのキャッシュを削除する

iPhoneでGoogleマップを使用している場合は、Googleマップのキャッシュを削除することで空き容量を増やすことができます。キャッシュを削除する方法は、Googleマップの検索窓にあるメニューボタンをタップします。メニューが表示されますので、「設定」を選択します。「概要、利用規約、プライバシーポリシー」を選択し、「アプリのデータを消去」を選択することで、キャッシュを削除することができます。

Safariのキャッシュを削除する

日々iPhoneを使用してネットなどを見ている場合、Safariに多くの閲覧履歴等を削除することで、使用容量を減らすことができます。Safariのキャッシュを削除する方法は、iPhoneの設定アイコンを開き、「Safari」を選択します。Safariの画面で「履歴とWebサイトデータを消去」を選択します。これでSafariのキャッシュが削除されますので、空き容量を増やすことができます。

Googleフォトアプリを活用する

Googleフォトアプリを使えば、無制限写真や動画を保存することができます。これによりiPhone内の容量を使わずに、写真や動画を保存していくことが可能です。AppStoreからGoogleフォトをインストールし、Googleアカウントでサインインするだけで使用できるようになります。

クラウド上に保存しますので、iPhoneからだけでなく、さまざまなデバイスからアクセスし見ることも可能です。アルバム、コラージュ、アニメーション、ムービーなどを簡単に作成することができ、検索することもできます。Wi-fiネットワークに接続しているときに自動でバックアップを作成してくれます。

Googleフォトに保存された写真や動画は、iPhoneの写真アプリから削除してもGoogleフォトには保存されたままですので、写真や動画を完全に捨てることなく、iPhoneの空き容量を大きくすることができます。

iCloudなどのクラウドストレージを利用する

iPhone内に削除することができないデータやファイルなどがたくさんある場合は、iCloudやDropbox、Googleドライブなどのクラウドストレージを利用しましょう。ほとんどのクラウドストレージサービスが無料で数GB保存できるようになっています。

iCloudも5GBまで無料で使用することができますので、必要なデータなどを保存し、iPhone内には置かないようにするだけで空き容量を増やすことができます。iCloudの容量を5GB以上使いたい場合は有料プランでアップグレードすることができます。アップグレードする場合は、設定からiCloudを選択し、容量を開きます。

「さらに容量を購入」もしくは「ストレージプランを変更」を選択すると、アップグレードのプラン一覧が表示されます。50GB月額130円、200GB月額400円、1TB月額1300円、2TB月額2500円となっています。希望のプランを選択し、AppleIDなどを入力すれば、アップグレード完了です。

まとめ

今回、iPhoneの容量不足に直面した時の対策について紹介いたしました。iPhoneの空き容量で困っている方は、すべて簡単にすることができる対処方法なので、試してみましょう。写真や動画など多くの削除できないデータがある場合は、GoogleフォトやiCloud、Dropboxなどのクラウドストレージサービスを利用しましょう。

Googleフォトに関しては完全無料ですし、iCloudやDropbox、Googleドライブなどは一定量まで無料で利用することができます!ぜひ、ご検討ください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です