Home / iPhone / iPhoneの容量不足に直面した時の対策

iPhoneの容量不足に直面した時の対策

Pocket

iPhoneの容量不足に直面した時の対策をあなたはどうしていますか?iPhoneを使っている人は、容量が足りなくなって困った人もいるのではないでしょうか?

特に容量の少ないiPhoneを使用していると、すぐに写真や動画が保存できなくなってしまうことがあります。

そんな時はどのような対処法を施せば良いのでしょうか。ここでは、容量不足になった場合におこなう対処方法について解説致します。空き容量で困っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

アプリや写真、動画を整理しよう

iphone_earth

1.不要なアプリを削除する

ついつい面白そう!と思ってダウンロードしていない大量のアプリ。アプリもiPhoneの容量を非常に使っています。

iPhoneの容量が不足してきた場合は、要らないアプリを削除するようにしましょう。アプリによっては、こうすることにより、空き容量にかなり余裕を持たせることができる場合があります。どのアプリがどれくらいの容量を使用しているかを確認したい場合は、トップ画面にある設定アイコンを開き、一般を選択します。

「一般」メニュー一覧の中から「ストレージとiCloudの使用状況」を選択します。そして、「ストレージ」の「ストレージを管理」選択すると、iPhoneで使用している各アプリの使用容量が表示されます。

余り使用していないアプリで容量が大きいものを削除することで、大きく空き容量を増やすことができる場合があります。しかし、有料アプリを削除したとしても、再度iPhoneにインストールすることができますので、やはり使いたいという時には再インストールが可能です。

この場合には、AppStoreを開いて「アップデート」を選択し「購入済み」を選択します。「このiPhone上にない」を選択し、再度、iPhoneにインストールしたいアプリの右側にあるマークをタップすれば、再びiPhoneで使うことができるようになりますのでたとえ有料であってもあまり使わないのであれば、一度削除してみましょう。

2.不要な写真や動画を削除する

いまや、いつでもどこでも携帯しているスマートフォン。撮りたいと思った時にすぐに写真が撮れるため、iPhoneの中には写真や動画を大量に保存している人は多いのではないでしょうか。

iPhone内の容量は、不要な写真と動画を削除するだけでぐんと増やすことができます。写真や動画を削除する場合は、「写真」アイコンを開き、画面右上の選択をタップし、削除したい写真を選択していきます。こうすることにより、複数の写真や動画が選択できます。そして選んだあとに画面右下に表示されているゴミ箱をタップすれば削除することができるのです。

削除した写真や動画は、すぐには完全に削除されず「最近削除した項目」に移動してからさらに30日間保存されています。「最近削除した項目」に入っているままだとiPhoneの容量は変わりませんので、もう完全に要らないと判断した写真や動画であれば、完全に削除するようにしましょう。そうすることで、削除した写真・動画分の容量を空けることができるのです。

3.音楽を整理する

いまや多くの人がiPhoneで音楽を聴いていると思いますが、たくさんの音楽データをiPhone内にストックしておくことにより、iPhoneの容量を大きく使ってしまいます。

たくさんの音楽を保存出来るとはいえ、聞かない音楽をストックしていてはiPhoneの容量が無駄に使われてしまうことになります。

そのため極力、不要なアルバムや曲は削除するようにしましょう。音楽に関しては、定額で聴き放題の音楽サービスがたくさんありますので、そういったサービスを使用することでiPhone内に音楽データを溜めずに音楽を聴くことができます。

4.マイフォトストリームをオフ設定にする

abstract-photo-1867282_640-640x330
「マイフォトストリーム」は、撮った写真を自動的にクラウドに保存する機能です。

マイフォトストリームがオンになっていると、wi-fiネットワーク接続時にiCloudに接続しているデバイスに写真を自動でダウンロードをします。これにより、iPhone本体の容量が使用されてしまいますので、マイフォトストリーム設定をオフにすることで空き容量を確保します。

マイフォトストリーム設定をオフにする場合は、まず「設定」アイコンを開きスクロールし、「写真とカメラ」を探し、選択します。「マイフォトストリームにアップロード」をオフ設定にしておきます。これにより、自動的にiCloudに接続しないので、使用容量を減らすことができます。

5.Googleフォトアプリを活用する

iPhoneに入っているフォトアプリは撮った写真の年月日や撮った場所、お気に入りなどにソートしてくれるアプリですが、それ以上にかなり便利なフォトアプリをご紹介致しましょう。

「Google」のフォトアプリを使えば、写真や動画をほぼ無制限に保存することができます。これによりiPhone内の容量を使わずに、写真や動画を保存していくことが可能です。AppStoreからGoogleフォトをインストールし、Googleアカウントでサインインするだけで使用できるようになります。

この機能は、クラウド上に保存しますので、iPhoneからだけでなく、さまざまなデバイスからアクセスし見ることも可能です。また、アルバム、コラージュ、アニメーション、ムービーなどを簡単に作成、再生することができ、検索することもできます。Wi-fiネットワークに接続しているときには、自動でバックアップを作成してくれますのでうっかり写真を消してしまってもクラウド上に保存されています。

Googleフォトに保存された写真や動画は、iPhoneの写真アプリから削除してもGoogleフォトには保存されたままですので、写真や動画を完全に削除することなりませんし、iPhone上には保存していませんので、空き容量を大きくすることができます。

キャッシュ削除を行おう

iPhoneの容量を増やすには、長年のインターネット閲覧などで貯まったキャッシュの削除などが有効な方法です。

7.Safariのキャッシュを削除する

日々iPhoneを使用してインターネットなどを見ている場合、PCのブラウザなどと同じで、Safariなどのブラウザに多くの閲覧履歴等が貯まっています。これを削除することで、iPhoneの使用容量を減らすことができます。

Safariのキャッシュを削除する方法は、iPhoneの「設定」アイコンから、「Safari」を選択します。次にSafariの画面で「履歴とWebサイトデータを消去」を選択します。これでSafariのキャッシュが削除されますので、iPhoneの空き容量を簡単に増やすことができます。

容量を意外にも使う「書類とデータ」と「その他」

cat9v9a9026_tp_v
iPhoneにたくさん堆積されている「書類とデータ」。iPhoneの容量を使うばかりではなく、実はアプリのダウンロードや写真撮影にも関係しているとご存知でしたか?ここでは意外な容量食いである「書類とデータ」についてご紹介します。

「書類とデータ」や「その他」の正体は?

では、まずiPhoneの「書類とデータ」とは、何なのかをご紹介します。「書類とデータ」とは、各アプリに存在している、コンテンツやキャッシュのことなのです。
実はアプリを利用すればするほど、「書類とデータ」は貯まっています。長年iPhoneを使っている人などは、そろそろ「書類とデータ」の整理も考えたほうがいいのではないでしょうか。

整理のやり方にはアプリの削除がありますが、あとになってやはり要るアプリだったという場合もあり、再インストールの手間などを考えるとあまりいい方法ではありません。

そこで、一番の方法としてはブラウザであるSafariのデータをクリアするのがおすすめです。

まず「設定」からスクロールして「Safari」のアイコンをタップし、下の方に青字で表示されている「履歴とWebサイトデータを消去」をタップします。こうすることで、Safariに溜まっている膨大な「書類とデータ」がクリアされ、かなりサクサクと動くようになります。ただ、各サイトで使ったパスワードも消えてしまうので、あらかじめ確かめてから消去することが必要です。

8.メッセージアプリの要らない会話を削除する

メッセージアプリといえば、いまや世界的人気の「LINE」。iPhoneでも使っている人が多いのではないでしょうか?このLINEの不要なトーク履歴を削除することができるというのはご存知でしょうか?

トーク履歴もスタンプなどが含まれているため、それらが溜まるとかなりの容量になっています。明らかに要らないトークなら削除したほうが賢明です。

やり方のまずひとつ目は、各トークやスタンプをちょっと長押ししてみて下さい。すると上に「コピー、Keep、削除、転送」という文字が現れます。削除したい場合は削除を押すと、下に「キャンセル 削除」のボタンが現れますので、ここで削除を押すとトーク内容やスタンプが削除されます。

また、かなり量があって、ひとつひとつ削除していられない、という方には、各トークの右上の「へ」マークから「トーク編集」を押すと、下に「Keepに保存 メッセージを削除 転送」という文字が現れますので、削除したいトークを選択して「削除」を押します。

さらにすべてのトークを削除したい場合は、トークを削除したい人のトークページを開いてからトークの上部にある「へ」マーク→設定の歯車マーク→トーク履歴をすべて削除でトーク内容をすべて削除することができます。

メールやメッセージの添付ファイルを削除する

また、メールの添付ファイルも「書類とデータ」に含まれ、かなりの容量を使っています。

特に画像などが添付されたメールは、元のメールの1.3倍に膨らんでいるといいます。これだと何百枚もメールに添付された画像などはかなりの容量になっているはずです。

iPhoneの「メール」の場合だと、これを消去するには、最初のメールボックスの右上にある「編集」をタップし、「添付ファイル」にチェックを入れて、完了し、再びメールボックスの「添付ファイル」を開くと、添付ファイルがあるメールに印がつけられているのに気づきます。

さらに右上の「編集」を押すと、左側に表示されるチェックボックスにチェックを入れてから一括で削除できるしくみになっています。こうすることで、無駄な容量を食わずに済むということになります。

10.キャッシュのたまったアプリの再インストール

キャッシュとは「一時ファイル」のことで、iPhoneのデフォルトブラウザであるSafariなどでインターネットをすればするほど溜まっていきます。これらのキャッシュは、IDやパスワードを覚えていてくれたり、いままで見たページを再び簡単に表示してくれるという利点はあるのですが、ずっと使っているとiPhone自体の動きも遅くなってきます。

そこで時々このキャッシュをきれいにしてあげることが必要となります。

そのやり方は、トップページの「設定」アイコンから、Safariを選び、「履歴とWebサイトデータを消去」を押すだけです。

他のアプリも使っているうちにキャッシュが溜まってきますので、それぞれ設定から履歴やデータを消去するボタンがあればそこからキャッシュをクリアするのがおすすめですが、中にはTwitterのように、キャッシュをクリアする機能がないものもあります。

その場合には、「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」から「ストレージを管理」からTwitterを選び、いったんアプリを削除してから再び設定→Twitterに戻り、「インストール」ボタンを押すことでインストールが完了します。

まとめ

いかがだったでしょうか?
iPhoneはいまや生活になくてはならないツールで、片時も離せないという方も多いですね。でも使えば使うほど、キャッシュのようなゴミが溜まってきて、iPhoneの容量を圧迫します。

iPhoneの容量を空けるには、まず要らないアプリを削除する、不要な音楽や写真、動画などを削除する、アプリのキャッシュを削除する、写真のストレージなどはGoogleフォトなどのiPhoneの容量を使わないものを使用する、クラウドのストレージなどを利用するなどがあります。

また、頻繁に使用するLINEなどのトークアプリの不要なトークも削除して常に整理しておきたいですね。

1年に1度くらいは、こうして普段使っているiPhoneをいたわってあげる時間を作るのもおすすめです。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

old_camera

手軽に速く!スマホの写真をプリントする方法を徹底紹介!

一昔前はスマホの写真を印刷する …

Facebookでのご購読が便利です