Home / Apple / iPhone / iPhoneのWi-fiネットワーク接続設定の手順

iPhoneのWi-fiネットワーク接続設定の手順

Pocket

iPhoneをはじめ携帯の通信速度も4Gの登場により、かなりスピードが上がっています。携帯ネットワークのままでも動画なども快適に利用出来る環境となっていますが、携帯ネットワークのパケット通信にはほとんどの場合快適に通信できるパケット容量に制限があります。その一定量を超えると、通信速度が落ちて、快適さが失われます。

一方で、自宅やオフィスではwi-fiが装備されているケースも増えています。またカフェやショッピングモールなど、公共の場で利用出来るwi-fi環境も急増しています。

iPhoneでインターネットに接続する時にwi-fiを利用すると、回線スピードは速いくて快適であると同時に携帯ネットワークのパケットを利用しないので、結果的にはパケット代の節約につながります。今回は、iPhoneでのwi-fi接続設定の方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

知っておくべきwi-fi用語

wi-fiの設定をするためには、いくつかの専門用語になれておく必要があります。まずそれについて説明します。

1.SSID

SAID とは、その場に飛んでいるwi-fi を特定する識別名です。公共の場では、複数のSSID が飛んでいることが一般的で、その中から、自分が接続したいwi-fi のSSID を適切に選択する必要があります。

2.暗号化キー(パスワード)

wi-fi は、暗号化キーが不要な場合もありますが、その場合は、誰でも同じネットワークに入れるので安全性が下がります。必ず危険であるという分けではありませんが、利用には十分に注意が必要です。多くの場合、あらかじめ設定されている暗号化キーを入れる必要があります。
CW_Blog_151019a_1
SSID と暗号化キーが記録されているカード。アクセスポイント本体に記載されていることも多いので、それぞれの説明書で記載場所を確認してください。a や g については次の項目を参照してください。

3.a とか g とかって何?

家庭内にwi-fi を飛ばすためには、アクセスポイントという機器を設置する必要があります。Wi-fi には利用する周波数帯で、a とか g とかその他の記号がついています。これは、接続のスピードや電波干渉に対する強さなど、それぞれに特徴があります。ここでは、一般的なa ないしはg を選択しておけば問題ありません。

iPhoneでのwi-fiの設定方法

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneXは今までとは格別!使い方から隠れた便利機能まで徹底解説

先日iPhoneXシリーズの最 …

Facebookでのご購読が便利です