Home / Apple / iPhone / iPhoneがテレビに!モバイルTVチューナーの主な特徴7つ

iPhoneがテレビに!モバイルTVチューナーの主な特徴7つ

Pocket

iPhoneでテレビを見ることができるデジタルテレビチューナーは手のひらに乗る程のの超コンパクトサイズです。そのため荷物がかさばることなく、持ち運びに便利です。

また、iPhoneに接続した際も片手で操作ができるため、もう一方の手で別の作業をしながら視聴することができる点も魅力的です。

このように、スタイリッシュでコンパクトなiPhoneに合わせて、iPhone用のデジタルテレビチューナーもスリムでコンパクトに作られています。

ワンタップで録画できる

PIX-DT350Nはテレビを受信するだけではなく、ワンタップで録画することができます。これはデジタル放送のなせる技で、録画された映像はiPhoneの中にデータとして保存されます。

好きなチャンネルを録画して何度も楽しむことができる点は、とても魅力的ではないでしょうか。

充電の必要がない

モバイルTVチューナーPIX-DT350Nは充電する必要がありません。そのため、ACアダプタやケーブルといった付属品を必要としません。

小さな付属品も数があると結構な荷物になってしまいますが、付属品を必要としないため、外出時などには荷物を少なく済ませることができます。

お出かけの際にテレビを観たい方におすすめです。

2つのデメリットに注意

コンパクトサイズで持ち運びにもとっても便利なiPhone用モバイルTVチューナーのPIX-DT350Nですが、メリットが多い反面、デメリットもあります。

ここでは、主なデメリットを2つご紹介します。購入の際には、きちんとデメリットを把握しておきましょう。

使用中にiPhoneを充電できない

PIX-DT350NをiPhoneに差し込んでデジタル放送を使用中には、iPhoneを充電できないというデメリットがあります。このチューナーはiPhoneのライトニングジャックを使用しますので、充電のためにライトニングジャックを使用することができないからです。

そのため、iPhoneの充電がもうすぐ切れそう、という時は、モバイルTVチューナーの使用を一時中断しなければなりません。

同時に使用できるのが理想的ですが、その際にはライトニングケーブル差込口を増やす付属品が必要です。もしも充電しながら視聴したいのであれば購入を検討してみてはいかがでしょうか。

お買い求めはこちら:

https://www.amazon.co.jp/Belkin-Rockstar

有線のイヤホンを使用できない

iPhone用のモバイルTVチューナーPIX-DT350Nを使用中は、iPhoneに付属の有線イヤフォンを使用することが出来ないというデメリットもあります。これは、上記のiPhoneを充電できないというデメリットと同様、ライトニングケーブルに接続するためです。

そのため、イヤホンでテレビを視聴したい場合は上記のようにライトニングケーブル差込口を増やす必要があります。

その他にも、Bluetoothイヤホンを使用することでこの問題を解決することができます。しかし、Bluetoothイヤホンは有線イヤホンと割高になってしまう場合が多いです。また、Bluetoothイヤホンを使用する際にはイヤホンの充電も同時に気にしなければならなくなるため、注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、iPhone用のコンパクトなモバイルTVチューナーとしておすすめのPIX-DT350Nをご紹介しました。

iPhoneでテレビを視聴しているため、同時にインターネットを利用することが可能です。テレビで観たものをすぐに検索できるのはとても便利ではないでしょうか。

iPhoneでテレビを視聴することができるため、お出かけの際にもテレビを視聴することができます。そのため、外出が多い方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。また、使わなくなったiPhoneに接続して使用することで、新しくテレビを購入する必要がなくなります。画質や大きさにこだわりがない方は一度試して良いかもしれません。

このように、モバイルTVチューナーは用途に合わせて利用することができます。

iPhoneでテレビが視聴できるという夢のような生活を送りましょう!

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneXは今までとは格別!使い方から隠れた便利機能まで徹底解説

先日iPhoneXシリーズの最 …

Facebookでのご購読が便利です