Home / iPhone / iPhoneの水没を防ぐための対策と水没した場合の解決方法

iPhoneの水没を防ぐための対策と水没した場合の解決方法

Pocket

20981bbb14a81aae253d012d9b0634ef_s

今回は、iPhoneの水没を防ぐための対策と水没した場合の解決方法について紹介いたします。iPhoneを落として液晶を割ってしまう場合もありますが、落とした先が水であった場合はより最悪です。場合によっては完全に壊れてしまい、新しいiPhoneを購入し直さなければいけません。

iPhoneの水没故障を防ぐための方法と、水没した後の対処方法について説明していきます。オールシーズンiPhoneの水没はありえる事故ですので、対処方法はしっかりと把握しておきましょう!

スポンサーリンク

iPhoneの水没を防ぐための対策

ここでは、iPhoneの水没故障を防ぐための方法について紹介いたします。

ストラップを付ける

iPhoneを落として水没させないように、落下防止のためにもiPhoneにストラップなどを付けるようにしましょう。ストラップを付けることで、万が一の落下を防ぐことができる場合があります。リングのようなものやヒモ状のストラップなどいくつかの種類がありますので、使いやすいタイプのものを使うようにしましょう。

防水仕様のiPhoneケースを使う

iPhoneを落として水没させてしまうことが多い人は、iPhoneケースを防水仕様のもにすると1番効果的です。防水ケースの場合、iPhone全体を覆ってしまうため、多少普段の操作をしにくくはなりますが、水没して壊れたりするよりはだいぶマシです。防水ケースを使うことでiPhoneの厚みも増してはしまいますが、水没経験があってなんとか水没を防ぎたい方は、防水仕様のiPhoneケースを積極的に使うようにすると良いでしょう。

防水シールを使う

防水シールを貼ることで水没時の故障を防ぐことができます。水没時に水が入るとiPhoneが壊れてしまう箇所を防水シールで防ぐことにより、水没故障から防ぎます。防水ケースとは違いシールのためiPhoneの操作も通常と変わらずおこなうことができます。防水だけでなくiPhoneの液晶保護にもなりますので、Wで効果的です。水没への予防対策として手軽にできる方法です。

iPhoneが水没した場合の解決方法

ここでは、iPhoneが水没してしまった後の対処方法について紹介いたします。

iPhoneの電源を切る

iPhoneが水没した場合は、すぐにiPhoneの電源を切るようにしましょう。水没した後に電源が入ったままだとショートして故障の原因になることがあります。必ずスリープボタンを長押しして電源を落とすようにしましょう。

ケースやイヤホンなどはすべて外す

iPhoneの電源を切った後は、iPhoneケースやイヤホンなど、iPhoneに取り付けている付属のものをすべて外しましょう。ケースやイヤホンの挿し込み口などに水分が残っている可能性もありますので、必ずすべての付属品を取り外すようにしましょう。

タオルを使って水分を拭き取る

水没したiPhoneをできる限り柔らかい生地のタオルを使って包み込み、iPhoneの水分を取り除きます。この時に、水分を取るためにiPhoneを振らないように注意してください。iPhoneを降ってしまうと水分の一部がiPhoneの中に入り込んでしまい、故障の原因となる場合があります。iPhoneは極力動かさないで、水分をタオルで優しく拭き取っていきましょう。

SIMカードを取り出す

SIMカードにはさまざまなデータなどが保存されていますので、SIMカードが濡れて使えなくなってしまった場合は、iPhoneのデータもすべて消去されてしまいます。SIMカードを取り出す際は、iPhone購入時に一緒に付いているSIMピンを使って取り出しましょう。もし、SIMピンが見当たらない場合は、クリップなどを使ってSIMカードを取り出します。取り出したSIMカードはタオルなどで水分を拭き取り、紛失しないようにしっかりと保管しましょう。

イヤホンジャックやコネクタ部分の水分を拭き取る

iPhoneのイヤホンジャックやコネクタ部分、SIMカード入れの部分などの挿し込み口部分をキレイに拭き取り完全に水分をなくします。タオルなどでは挿し込み口が小さすぎて拭くことができなかったりしますので、ティッシュや綿棒を使って水分を拭き取ります。

ティッシュを先を尖らせて丸めたものを使って中に入れて拭きます。綿棒も同様です。いくらiPhoneの外側の水分を取り除いたとしても、イヤホンジャックやコネクタ部分などの中に水分が残っていたらiPhoneの故障に繋がる場合があります。

iPhoneを自然乾燥させる

付属品やSIMカードを取り除き、iPhoneの水分も拭き取った後は、iPhoneを自然乾燥させます。乾燥剤などを使用して一気に乾燥させる方法もありますが、急に乾燥させることで、故障する場合もありますので自然乾燥がおすすめです。

日陰の風通しの良い場所で自然乾燥をおこないましょう。自然乾燥は2〜3日は最低でもおこなうようにしてください。また、乾燥させている途中で電源を入れたり、充電することは故障の原因にもなり兼ねませんのでしてはいけません。ひたすら2〜3日iPhoneを触らずに待ちます。2〜3日待ってiPhoneが正常通り動くか電源を付けてみましょう。

Appleサポートへ連絡する

iPhoneを自然乾燥させても電源も付かない場合は、Appleサポートへ連絡をしましょう。iPhoneの状況と対応した方法を説明してください。説明すると、別の対処方法を教えてくれるか、AppleStoreへの持込みを指示されます。AppleStoreが近くにない場合は郵送での修理になる可能性が高いです。

近くにAppleStoreがある場合は、AppleStoreへ持込み、スタッフにその場でiPhoneを見てもらい、修理が必要であればAppleStoreから修理センターへ送られ修理で直るのを待つことになります。基本的には1週間程度でiPhoneが手元に戻ってくる場合が多いです。

AppleStoreへ持って行く場合は、使っているiPhoneがAppleCare+for iPhoneなどの保証に加入しているか、加入期間はいつまでなのかをAppleの公式ホームページから確認することができますので、事前に確認したうえで修理代の想定をしておいた方が良いでしょう。

iPhoneが水没した場合にやってはいけないNG行為

iPhoneが水没した場合に、すぐにiPhoneの電源を切るわけですが、それ以後はiPhoneの乾燥が終わるまで電源を付けないようにしてください。電源を付けることでiPhone内部基盤などがショートしてしまう可能性もあります。乾燥が終わる2〜3日後までは電源も付けてはいけませんし、充電もしてはいけません。

また、iPhoneを振る行為もNGです。水分を飛ばすためにiPhoneを振ったりする行為も逆に故障しやすくなってしまいますので、振ってはいけません。乾かすために自然乾燥ではなく、電子レンジやドライヤーを使う行為もNGです。ますますiPhoneが直る可能性が低くなってしまいますので、必ず自然乾燥をするようにしてください。

まとめ

今回、iPhoneの水没を防ぐための対策と水没した場合の解決方法について紹介しました。iPhoneの水没は誰もがいつ起こしても不思議ではありませんので、対処方法は必ず把握しておくようにしましょう!せっかく新しいiPhoneに変えても壊れてしまえば、もう1度買い直さなければいけません!お時間ある際に、ご確認ください!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

000d4a98740df9a3d10895f73f73a1b7_s

iPhoneのアプリを削除する3つの方法と削除できない場合の対処方法

皆さん、不要になったアプリをそ …

Facebookでのご購読が便利です