Home / Apple / iPhone / iPhoneのSIMロック解除を行うための手順

iPhoneのSIMロック解除を行うための手順

Pocket

auでの手続きの条件としては以下となります。
・ネットワーク利用制限がかかっていないこと
・申し込み者自身で購入した端末でなくても解除可能(ショップのみ対応)
・端末に故障がないこと
・契約を解除していても、解除後であれば期限無く手続き可能

解除にはパソコンからか、auショップでの手続きとなります。auショップでの手続きは手数料3,000円かかりますが、パソコンからの場合は無料ですので、パソコンからの手続きがお勧めです。手続きは「auお客さまサポートサイト」から行って下さい。なお、自分が購入した端末ではない(中古ショップで購入した端末など)端末のSIMロックを解除出来るのは現状、auのみ可能です。

パソコンでSIMロック解除手続き後のiPhoneの設定について

8cb4eaf104821b14e3a7b36a5c846f91_s

以上でご紹介したように、SIMロックの解除手続きは事務手数料もかからず、店舗に行く必要の無い、パソコンからの手続きがお勧めです。しかし、手続きをショップ側でしてもらうのとは違い、申し込み手続き以外は自分で行う必要があるので注意が必要です。

他社製のSIMカードを用意する

SIMロック解除を完全に完了するためには、パソコンからの手続きからでは完結しません。必ず、契約している通信事業者以外のSIMカード(MVNO事業者のSIMカードなど)を用意します。

通信事業者からのロック解除手続き完了通知を受けたら

ロック解除手続きをしたiPhoneの電源を一旦切り、SIMカードを取り出して他社のSIMカードを挿入します。再度電源を入れ、ネットワーク接続が行えた段階でロック解除が完了します。この際、正常にネットワーク接続ができない場合は、iPhoneに通信設定が必要な場合がありますので、挿入したMVNO事業者に問い合わせて下さい。または、通信事業者にロック解除手続きが終了しているか再確認してみてください。

他社製のSIMカードがない場合

通常、他社のSIMカードを使用しないとロック解除が完了しませんが、Appleのサポート情報には、iPhoneをバックアップ、復元する方法でロック解除する方法が記載されています。手順は以下の通りです。

iTunesにiPhoneを接続し、パソコンにバックアップを行います。この際、iCloudへのバックアップでは完全に復元しませんので注意が必要です。バックアップが完了したら、「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」を選び、iPhoneのデータを一旦全て消去します。消去が終わったら、iTunesとiPhoneを接続し、「バックアップから復元」を選んで復元を行います。

以上の操作でSIMカードが無くてもロック解除が完了できます。詳細は、Appleのサポートページを参照して下さい。

SIM解除後はMVNOを活用して費用を抑えましょう

ee88e718d324ad43eba474022a72e3be_s

SIMロック解除が完了したら、ご自身の利用法にあったMVNO事業者を選んで、月々の利用料金を抑えましょう。MVNO事業者を選ぶ注意点としては、動作確認機種にご自身のiPhoneが対応しているか忘れずに確認することが必要です。

MVNO SIMカードに乗り換える時の注意点ですが、当然以前の通信業者との契約を解除するわけですから、2年縛りの場合、違約金が発生します。また、割賦料金が残っていた場合、引き続き支払う必要があります。このため、MVNOへ乗り換えるタイミングによっては余計に出費が増えてしまう可能性もありますので、この点もよく考慮して乗り換えましょう。

本記事でiPhoneのSIMロックを解除してMVNOのSIMカードを活用し、月々の使用料の削減の参考になれば幸いです。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

故障なのか心配!iPhoneに検索中の表示がある場合の原因と対処法7つ

iPhoneに「検索中」と表示 …

Facebookでのご購読が便利です