Home / Apple / iPhone / iPhoneのカメラのシャッター音を限りなく無音に近づける方法

iPhoneのカメラのシャッター音を限りなく無音に近づける方法

Pocket

iPhoneがiOS10にアップグレードされてから、カメラのシャッター音がひときわ大きくなっているのにお気づきでしょうか。静かな室内でカメラを撮るだけでなく、スクリーンショットを撮るときでもこの大きなシャッター音が耳障りなほど大きな音になってしまいました。

スポンサーリンク

日本で売られているiPhoneの独自仕様

iPhoneでカメラのシャッター音が消せないのは、日本で売られているiPhoneだけの独自のガラパゴス仕様です。このシャッター音が消せないことに関しては、Apple社が発表している公式な説明は一つもありませんが、Apple社の日本向けの自主規制、あるいは、盗撮防止のための日本当局の指導ではないかとも言われています。

鉄道の駅など公共の場で人出の多い雑踏で盗撮を繰り返す、困った輩が多いために、善良な利用者までもが、この大きな音のために、周囲の人に盗撮を疑われているのではないかと思ってしまい、人が多い場所でiPhoneのカメラを撮ることさえも躊躇してしまうことが多いのではないかと思っています。

iPhoneのシャッター音を大きくしても、iPhoneを使った盗撮は無くなるかもしれませんが、困った輩達は別のデバイスを使うだけで盗撮は無くなりません。iPhoneを盗撮に使われるのは嫌なことですが、このシャッター音ではカメラを使いたくなくなります。何か、良い解決方法はないものでしょうか。

そもそも、カメラのシャッター音そのものが騒音であり周囲に迷惑をかけることだと思うのですが、駅や電車内での過剰な放送に慣らされてしまっているのが、私たち日本人なのでしょう。

iOS10でシャッター音を消す方法

あらかじめのお断り

ここで紹介いたしますシャッター音の消音方法については、iOS10.0の不具合である可能性が高く、マイナーバージョンアップの際に、この機能が削除される可能性があることにご留意ください。

ここで紹介するカメラのシャッター音の消音には、iOSに備わっているアクセシビリティ機能の一つである「AssistiveTouch」機能を利用します。

AssistiveTouch機能とは、

AssistiveTouchを利用すると、ジェスチャ操作に慣れていない人でも、デバイスをコントロールしたり、ピンチ、複数の指でのスワイプ、3D Touch、Siriの起動といった動作を、ジェスチャ操作なしで実行することができるようになります。

AssistiveTouch を有効にすると、AssistiveTouch のメニューが表示されます。このメニューは画面の四辺のどこにでもドラッグでき、タップすると開きます。

AssistiveTouchとは、「アクセスビリティ(視覚・聴覚・身体機能サポート)」の一つで、
画面上に丸いメニューを表示させて簡単に操作が行えるようにする機能です。
例えば、ジェスチャー操作が苦手な場合は、ここで用意されている機能がワンタップ操作だけで利用が可能となります。

AssistantTouchを使った音を消す設定手順

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

キャリア別に教えます!SMSを拒否する設定方法と注意点2つ

迷惑なSMSや苦手な人からのS …

Facebookでのご購読が便利です