iPhoneのカメラのシャッター音を限りなく無音に近づける方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneがiOS10にアップグレードされてから、カメラのシャッター音がひときわ大きくなっているのにお気づきでしょうか。静かな室内でカメラを撮るだけでなく、スクリーンショットを撮るときでもこの大きなシャッター音が耳障りなほど大きな音になってしまいました。

スポンサーリンク

日本で売られているiPhoneの独自仕様

iPhoneでカメラのシャッター音が消せないのは、日本で売られているiPhoneだけの独自のガラパゴス仕様です。このシャッター音が消せないことに関しては、Apple社が発表している公式な説明は一つもありませんが、Apple社の日本向けの自主規制、あるいは、盗撮防止のための日本当局の指導ではないかとも言われています。

鉄道の駅など公共の場で人出の多い雑踏で盗撮を繰り返す、困った輩が多いために、善良な利用者までもが、この大きな音のために、周囲の人に盗撮を疑われているのではないかと思ってしまい、人が多い場所でiPhoneのカメラを撮ることさえも躊躇してしまうことが多いのではないかと思っています。

iPhoneのシャッター音を大きくしても、iPhoneを使った盗撮は無くなるかもしれませんが、困った輩達は別のデバイスを使うだけで盗撮は無くなりません。iPhoneを盗撮に使われるのは嫌なことですが、このシャッター音ではカメラを使いたくなくなります。何か、良い解決方法はないものでしょうか。

そもそも、カメラのシャッター音そのものが騒音であり周囲に迷惑をかけることだと思うのですが、駅や電車内での過剰な放送に慣らされてしまっているのが、私たち日本人なのでしょう。

iOS10でシャッター音を消す方法

あらかじめのお断り

ここで紹介いたしますシャッター音の消音方法については、iOS10.0の不具合である可能性が高く、マイナーバージョンアップの際に、この機能が削除される可能性があることにご留意ください。

ここで紹介するカメラのシャッター音の消音には、iOSに備わっているアクセシビリティ機能の一つである「AssistiveTouch」機能を利用します。

AssistiveTouch機能とは、

AssistiveTouchを利用すると、ジェスチャ操作に慣れていない人でも、デバイスをコントロールしたり、ピンチ、複数の指でのスワイプ、3D Touch、Siriの起動といった動作を、ジェスチャ操作なしで実行することができるようになります。

AssistiveTouch を有効にすると、AssistiveTouch のメニューが表示されます。このメニューは画面の四辺のどこにでもドラッグでき、タップすると開きます。

001_AssistiveTouch

出典:アップル社のサイトから

AssistiveTouchとは、「アクセスビリティ(視覚・聴覚・身体機能サポート)」の一つで、
画面上に丸いメニューを表示させて簡単に操作が行えるようにする機能です。
例えば、ジェスチャー操作が苦手な場合は、ここで用意されている機能がワンタップ操作だけで利用が可能となります。

002_AssistiveTouch

出典:アップル社のサイトから

AssistantTouchを使った音を消す設定手順

それでは、現在発見されているシャッター音を消すための手順を紹介します。ホーム画面の「設定」から、「一般」、「アクセシビリティ」と進みます。

002_PreffMenu

画面を下の方にスクロールすると、「AssistiveTouch」があります。デフォルトはオフに設定されています。

002_PrefMenu2

「AssistiveTouch」の設定画面に入り、オンに変更します。

003_AssistiveTouch

AssistiveTouchをオンにすると、最初にお見せしたホーム画面のように、画面下に透過した濃いグレーに白抜きのボタンが表示されます。このボタンは放置しておくと薄いグレーに変わり存在が気にならなくなります。また、表示位置が邪魔な場合は、ドラッグ操作で画面の任意の位置へ移動させることができます。

次は、「最上位のメニューをカスタマイズ…」に進みます。

004_CustamizeMenu

ここで、画面右下にある「ー」(マイナスボタン)を押して、「カスタム」以外のアイコンを消していきます。
「カスタム」アイコンだけが残りましたら、タップして次のメニューに進みます。

005_CustamizeMenu2

デフォルトでは、「カスタム」がチェックされていますが、「消音」をチェックして「完了」します。
アイコンが「消音」に変更されたら設定は完了です。

006_SetSilent

ホームに戻り、「AssistiveTouch」アイコンをタップすると、「消音」に変更されます。再度タップすると音が出るようになります。

シャッター音が消音されたことを確認しましたら、もう一度、「設定」で「AssistantTouch」を無効(オフ)にします。これで、カメラのシャッター音、画面のスクリーンショットの音は完全に消えます。

しかし、スクリーンショットを撮った場合は、何も音がせず、画面に変化もないので、確実に画像が撮れたかどうかがわかりにくいのが難点です。

ライブフォト機能を使って音を小さくする

iPhone 6s/6sPlusから「LivePhotos(ライブフォト)」機能を使うことができます。このライブフォト機能は、シャッターを押す前後の1.5秒間ずつ、合計3秒間の映像と音声を記録することができます。

ライブフォト機能で撮影するためのiPhoneの設定は、カメラの撮影モードで、画面上部真ん中の「LivePhotos」アイコンをタップしてオンにしておきます。

010_LivePhotosSetting

そして、ライブフォト機能でシャッターを押した際の効果音はカメラのシャッター音とは異なり、かなり小さめの効果音となっています。「ピコッ」という小さな音がシャッターを押してから若干のタイムラグとともに、撮影が終了したときに音がなります。

このライブフォトの動画は、iPhoneで複製を作成しようとすると、「静止画として複製」を選択することができます。撮影後に複製として静止画を保存し、動画を廃棄すればメモリの空き容量を減らしておくことができます。また、ライブフォト機能で撮影された3秒間の映像は、Macへダウンロードすればjpg形式の写真画像として保存されます。

その他の方法、利用上の注意

本記事で紹介したカメラのシャッター音の消音設定は、iOSのプレビューとして提供されているiOS 10.1では機能しなくなるという報告もあります。正式なリリースの際には、この消音機能は有効でなくなる可能性は大です。その場合は、ライブフォト撮影機能以外で、カメラ撮影する時は。iPhoneから音が出るスピーカー部分を指で押さえることで音を小さくすることになります。

ただし、スクリーンショットを撮る場合は、スピーカー部分を指で押さえるのが難しくなります。また、iPhone7では、ステレオスピーカーになっていますので、両方の指で押さえる必要が生じルため、さらに難しくなります。

このような場合の方法としては、「設定」ー「アクセシビリティ」で左右のオーディオチャンネルの音量バランスを調整するスラーダーがあります。このスライダーの位置をスピーカーを指で押さえやすい方向へ移動させておくことでかなりシャッター音を小さくすることができます。

しかし、この設定をしておくと音楽を聴くときは片方のスピーカー(ヘッドフォン)からしか音が出なくなりますので、音楽を聴くことが多い方は、普段は中央にしておき、カメラ使用時にのみスライダーを移動するようにした方が良いでしょう。

これらの操作が煩わしい場合、究極の対処策としては、海外でSIMフリーのiPhoneを買えばカメラのシャッター音を消すことができます。ただし、逆にiPhone7では、Suicaが使えなくなりますので、どちらが良いか究極の選択を行うことになります。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です