Home / iPhone / iPhoneでスクリーンショットを撮影する方法

iPhoneでスクリーンショットを撮影する方法

Pocket

iPhone6

iPhoneの画面に映っている内容を画像で残したいと思ったことはありませんか? コンピュータ類の画面内容を画像にして残すことを、スクリーンショットを撮影する、スクリーンショットを撮る、また若い子などは省略して「スクショ」などと言います。

良いスコアを残したゲーム画面を見せるためであったり、アプリケーションの不具合を開発元に伝えるためであったり、インターネットで検索していて、気になる画面を撮りたいという時など、あなたにもスクリーンショット撮影が必要なシチュエーションが多々存在するのではないでしょうか?

本稿ではiPhoneでスクリーンショットを撮影する方法について説明します。

スクリーンショットを撮影する

iPhone_earphone

まず、基本的には、iPhoneでスクリーンショットを撮影する時には「スリープ/スリープ解除」ボタンと「ホーム」ボタンを同時押しします。

スリープ/スリープ解除ボタンはiPhone 5sまでは本体上部、iPhone 6以降は本体右側面にあるボタンです。ホームボタンは本体前面のディスプレイ下部にあるボタンです。

ふたつのボタンを完全に同時に押す必要はありません。たとえば、スリープ/スリープ解除ボタンを押しっぱなしにして、そのまますぐにホームボタンを押しても構いませんし、その逆にホームボタンを押しっぱなしにして、そのまますぐにスリープ/スリープ解除ボタンを押しても構いません。

しかし、同時に押さなくてもいいと言っても、やはりかなり大きなiPhone6Splusなどの機種だと、手の小さい女性などでは片手では操作しにくいですね。

また、スクリーンショットを撮影する時、iPhone本体をサイレントモードにしていても、音量を絞っていたり、イヤフォン等を接続していても、一定の音量で本体スピーカーからシャッター音が鳴ります。とくに電車の中や人混みの中では、あらぬ誤解を受けないためにも、スクリーンショットを撮影する場合には注意が必要です。(なおiOS10.2からは、スクリーンショットを撮っても無音になる機能が追加されています)

このスクリーンショット撮影機能は、iPhone操作中のほとんどの場面で有効です。スリープ/スリープ解除ボタンを押しっぱなしにした時に出る電源オフの画面など、一部スクリーンショットを撮影できない場合も存在します。

スクリーンショットを管理する

前節の操作で撮影されたスクリーンショットは標準の「写真」アプリケーションで管理されます。

スクリーンショットは、写真アプリケーションの「カメラロール」アルバム、および「スクリーンショット」アルバムに入っています。写真アプリケーションの機能を用いて、撮影したスクリーンショットを「お気に入り」にしたり、かんたんな画像編集を行うことも可能です。

なぜスクリーンショット撮影時にシャッター音が鳴るのか

b517f7c8c00f972a842f06ddde36187b_s

日本で発売される携帯電話/スマートフォンはカメラ撮影時にシャッター音が鳴るようになっており、消音できません。これはiPhoneも例外ではありません。

カメラ撮影時にシャッター音が鳴るのは、盗撮等の迷惑行為/違法行為を制限する目的ですが、それではなぜスクリーンショット撮影時にもシャッター音が鳴るのでしょうか。

iPhoneのスクリーンショット撮影機能は、iPhoneの操作中ほとんどの場面で有効です。そしてiPhoneのカメラアプリケーションは画面全体に大きくカメラが捉えている内容を表示しています。

このふたつを組み合わせると、カメラアプリケーション起動時にスクリーンショット撮影機能を使うことで、カメラが捉えている内容を撮影できてしまいます。

スクリーンショット撮影時にもシャッター音が鳴るようになっているのは、おそらくこれが原因であると考えられます。

スクリーンショットを管理する

・削除方法、一括削除に関して

それでは、スクリーンショットを間違って撮ってしまった、または一時的に必要だったので撮ったが、もう要らないので削除したいという場合、さらにそういった画像がカメラロールに大量にある場合にはどうしたらいいでしょうか?

スクリーンショットを撮ると、それらの画像はiPhoneの「カメラロール」にあります。iPhoneのトップ画面で言えば、「写真」と書かれている、きれいな色とりどりのアイコンを押せば出てきますね。

もう必要でないのであれば、該当の画像をタップし、右下のゴミ箱のマークをタップすれば削除されます。しかし、それが大量にあるとなるとどうしたらいいのでしょうか?

それには、該当の写真をタップするより前に、右上の「選択」をまずタップします。その上で削除したい写真をタップすると該当の写真の右下に青いチェックマークが現れます。

こうして削除したい写真を選び、最後に右下の「ゴミ箱マーク」を押すと、選ばれた写真が一括で削除されます。

こうすることで、一枚ずつ削除したいスクリーンショットの選択を繰り返して削除を繰り返すのではなく、一括で削除できるのでとても便利な方法です。

無音スクリーンショットの撮り方

・サイレントモード(マナーモードに設定)

従来はiPhoneで写真を撮る場合はもちろん、スクリーンショットを撮る場合にも「カシャッ」という音が出ていましたが、iOSの10.2以降はスクリーンショット音も極小になりました。

さらに側面にある「着信/着信音量ボタン」をサイレントにすることで、スクリーンショットを撮った時にも完全に無音にすることが可能となりました。この機能が追加されたことによって、電車の中などで気になる記事や必要な情報などを、とりあえずスクリーンショットに収める場合にも気兼ねがなくなりますね。

画面タップでスクリーンショット撮影

124eec226b380567d1269512bc795928_s

・アクセシビリティ設定を変える。仮想ボタン表示

iPhoneのスクリーンショットは、「スリープ/スリープ解除」ボタンと「ホーム」ボタンを同時に、または、どちらかを押しっぱなしにした状態で、片方のボタンを押すことで撮れますが、実は他の方法もあります。

それは「画面をタップする」ことでスクリーンショットが撮れてしまうのです。わりと位置の離れたホームボタンとスリープ/スリープ解除ボタンを押さなくてもいいので、さらに便利ですね。

そのやり方は、ホームの設定から一般→アクセシビリティ→上から3番目のグループにある「AssistiveTouch」→最上位メニューをカスタマイズを選択します。

すると、6個ほどアイコンがありますが、右下の「-」(マイナス)をタップして「カスタム」だけを表示します→カスタムをタップ→「スクリーンショット」にチェックを入れ「完了」をタップ→最上位メニューにスクリーンショットが割り当てられます。

さらに、設定→一般→アクセシビリティ→AssistiveTouchのスイッチをONにすることで、iPhoneの画面に黒い半透明のボタンが現れます。

以降はこのボタンをタップするだけで、スクリーンショットが撮れるようになりますので、いままでのスクリーンショットを撮る時の苦労は何だったのかと思うほどに、とても便利です。

なお、このボタンはドラッグすることで、自由に位置が変えられますので、画面の左下などにセットしておくと片手でもスクリーンショットが撮れてとても便利です。是非一度お試しください。

まとめ

いかがでしたか? ここではiPhoneでスクリーンショットを撮影する方法について説明しました。iPhoneでスクリーンショットを楽して便利に撮影したい時は本稿を参考にしてみてください。

また、iPhoneもバージョンがアップデートしてきたことで、スクリーンショット関連の機能もより便利に、洗練されてきました。

iPhoneもバージョンがアップデートする度に機能が向上しており、スクリーンショット関連でも、無音でのスクリーンショットが撮れるようになっています。

また、アクセシビリティ設定を変えることで、画面にある「仮想ボタン」ひとつでスクリーンショットが撮れるようになり、さらに好きな場所にそのボタンの位置を変えられるようになっていますので、是非一度トライしてみてください。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

232e9a5d66102618889fba4af54a67ef_s

iPhoneでモバイルSuicaを使いこなして日常をスマートに!

iPhoneが近距離無線通信で …

Facebookでのご購読が便利です