iPhoneでスクリーンショットを撮影する方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneの画面に映っている内容を画像で残したいと思ったことはありませんか? コンピュータ類の画面内容を画像にして残すことを、スクリーンショットを撮影する、スクリーンショットを撮るなどと言います。

良いスコアを残したゲーム画面を見せるためであったり、アプリケーションの不具合を開発元に伝えるためであったり、スクリーンショット撮影が有用であるシチュエーションが多々存在します。

本稿ではiPhoneでスクリーンショットを撮影する方法について説明します。

スポンサーリンク

スクリーンショットを撮影する

iPhoneでスクリーンショットを撮影するには「スリープ/スリープ解除」ボタンと「ホーム」ボタンを同時押しします。

スリープ/スリープ解除ボタンはiPhone 5sまでは本体上部、iPhone 6以降は本体右側面にあるボタンです。ホームボタンは本体前面のディスプレイ下部にあるボタンです。

01-iphone5s

02-iphone6

(画像は https://manuals.info.apple.com/MANUALS/1000/MA1565/ja_JP/iphone_user_guide_j.pdf のページ9-10より引用。赤線の強調は引用者による)

ふたつのボタンを完全に同時に押す必要はありません。たとえば、スリープ/スリープ解除ボタンを押しっぱなしにして、そのまますぐにホームボタンを押しても構いませんし、その逆にホームボタンを押しっぱなしにして、そのまますぐにスリープ/スリープ解除ボタンを押しても構いません。

スクリーンショットを撮影する時、iPhone本体をサイレントモードにしていても、音量を絞っていても、イヤフォン等を接続していても、一定の音量で本体スピーカーからシャッター音が鳴ります。あらぬ誤解を受けないためにも、周囲にひとがいる場合は注意が必要です。

このスクリーンショット撮影機能は、iPhone操作中のほとんどの場面で有効です。スリープ/スリープ解除ボタンを押しっぱなしにした時に出る電源オフの画面など、一部スクリーンショットを撮影できない場合も存在します。

スクリーンショットを管理する

前節の操作で撮影されたスクリーンショットは標準の「写真」アプリケーションで管理されます。

スクリーンショットは、写真アプリケーションの「カメラロール」アルバム、および「スクリーンショット」アルバムに入っています。写真アプリケーションの機能を用いて、撮影したスクリーンショットを「お気に入り」にしたり、かんたんな画像編集を行うことも可能です。

03-photos-app

なぜスクリーンショット撮影時にシャッター音が鳴るのか

日本で発売される携帯電話/スマートフォンはカメラ撮影時にシャッター音が鳴るようになっており、消音できません。これはiPhoneも例外ではありません。

カメラ撮影時にシャッター音が鳴るのは、盗撮等の迷惑行為/違法行為を制限する目的ですが、それではなぜスクリーンショット撮影時にもシャッター音が鳴るのでしょうか。

iPhoneのスクリーンショット撮影機能は、iPhoneの操作中ほとんどの場面で有効です。そしてiPhoneのカメラアプリケーションは画面全体に大きくカメラが捉えている内容を表示しています。

このふたつを組み合わせると、カメラアプリケーション起動時にスクリーンショット撮影機能を使うことで、カメラが捉えている内容を撮影できてしまいます。

スクリーンショット撮影時にもシャッター音が鳴るようになっているのは、おそらくこれが原因であると考えられます。

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではiPhoneでスクリーンショットを撮影する方法について説明しました。iPhoneでスクリーンショットを撮影したい時は本稿を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です