iPhoneの録音機能の特徴と使い方

LINEで送る
Pocket

6bac08fa789714b72d45463a42ef68b0_s

今回は、iPhoneの録音機能の特徴と使い方について紹介いたします。iPhoneにはデフォルトでレコーダーアプリのボイスメモがインストールされており、さまざまな用途で使うことができます。

録音だけでなく、その場で編集や再生、転送などもできる便利アプリです。今回は、ボイスメモアプリの使い方と、iPhoneで使用できるおすすめのボイスレコーダーアプリを紹介いたします。特に最近iPhoneを使い始められた方は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

iPhoneの録音機能の特徴と使い方

iPhoneのレコーダーアプリ ボイスメモの特徴と使い方について紹介します。

iPhoneのボイスメモとは?

iPhoneにはデフォルトでボイスメモアプリがインストールされています。ボイスレコーダーと同じように好きなタイミングで音声を録音することができます。会議の内容や、忘れたくないアイディア、歌やメッセージの練習など、さまざまな音声をワンタッチで録音することができます。録音した内容はトリミング編集できたり、スピーカー音で聞くことや、共有することもできます。

ボイスメモの録音方法

iPhoneのホーム画面でボイスメモを開き起動します。録音を開始したい場合は、録音(赤い丸)ボタンをタップするだけで、録音が始まります。録音中に一時停止をしたい場合は、一時停止(赤い四角)ボタンをタップすれば、録音が一時停止されます。再度、録音を再開したい場合は、録音(赤い丸)ボタンをタップすれば再開します。

録音一時停止中に、録音内容を確認したい場合は、録音(赤い丸)ボタンの左にある再生ボタンをタップすると、それまで録音した内容を確認することができます。録音中にボイスメモを完全終了させた場合は、それまでの録音内容は自動保存されます。録音しながら他のアプリ操作やホーム画面に戻ることもできます。その場合は、ホーム画面の上部に「録音中」という表示と一緒に録音時間が表れます。

録音した内容を名前を付けて保存する

ボイスメモは、録音した内容に名前を付けて保存することができます。録音が終わり、完了ボタンをタップすると、「ボイスメモを保存」というメッセージが表示され、名前を入力することができます。好きな名前を入力し「保存」をタップすると、保存がされ一覧画面に表示されます。

ボイスメモで録音した内容を再生する

ボイスメモを使って録音した内容を再生させたい場合は、ボイスメモを開くと保存した内容が一覧表示されますので、再生希望のデータをタップします。タップすると再生ボタンが表示されますので、再生ボタンを押すと最初から再生されます。バーを動かすことにより、好きな時間から再生することもできます。画面右上にあるスピーカーボタンをタップすると、スピーカー音で聞くこともでき、タップするごとにスピーカー音のオン・オフを切り替えることができます。

録音したデータを削除する方法

ボイスメモの録音データを削除したい場合は、再生中画面であれば、ゴミ箱マークをタップすることで削除することができます。一覧画面であれば、左にスワイプすることで、「削除」マークが表示されますので、「削除」をタップすることでデータを消すことができます。

ボイスメモの録音データの名前を変更したい場合

1度付けた名前を変更することもできます。名前を変更した録音データの名前をタップすると、入力画面になり名前の変更ができます。新しい名前を入力し「完了」を選択すれば変更完了です。

録音データのトリミングをしたい場合

録音したデータのトリミングをすることもできます。これにより、不要な部分を削除することができ、よりコンパクトな内容にすることができます。トリミングしたい場合は、録音データの再生画面で「編集」を選択し、トリミングのマークをタップします。トリミング画面が表示されたら、画面左右に現れるトリミングハンドルが表示されますので、ハンドルを動かし選択範囲を指定します。

選択範囲を指定したら、「削除」か「トリミング」選択します。「削除」を押せばトリミングハンドルで選択した範囲が削除されます。「トリミング」を押せば、トリミングハンドルで選択した範囲を残り、範囲外の録音データが削除されます。「削除」「トリミング」の編集が完了したら、「オリジナルをトリミング」「新規録音として保存」から保存方法を選択します。

既存のデータを変更して上書きする場合は、「オリジナルをトリミング」を選択します。既存のデータとは別に、新しくトリミングしたデータを保存したい場合は「新規録音として保存」を選択します。どちらかを選び「完了」をタップすれば、トリミングと保存の完了です。

録音データの特定部分を録り直したい場合

録音したデータを再生していて、特定の部分を録り直したい場合は、再生画面で「編集」を選択します。録り直し時間を左右にスクロールして、録り直したい箇所を画面中央の青いラインに合わせます。録音(赤い丸)ボタンを押すと、青いライン部分から録音が開始され録り直しすることができます。上書き録音している部分は、画面上では赤で表示されます。録り直しが完了したら、一時停止(赤い四角)ボタンを押して、「完了」をタップすれば録り直し完了です。

録音データを共有したい場合

ボイスメモでは録音データを簡単に共有することができます。共有する方法は、再生画面で、□の共有マークをクリックすると、「メッセージ」「メールで送信」「その他」と表示されますので、AirDropを含めた共有したい方法を選択することで、共有することができます。

おすすめのiPhoneレコーダーアプリ

ここでは、iPhoneで使えるおすすめのレコーダーアプリを紹介します。

ディクタフォンアプリ

ディクタフォンアプリは、録音時間無制限で録音することができるレコーダーアプリです。MP3やWAVフォーマットに対応しており、録音したデータを他のデバイスと共有することができます。録音したデータを再生する際は、再生のスピードを調整することもできますので、大事な内容の聞き漏れを防げます。バックグラウンドでの録音・再生も可能ですので、録音中も他の操作をすることができます。無料ながら非常に高機能なレコーダーアプリです。

PCM録音アプリ

PCM録音アプリは、高音質なPCM、AAC形式での録音が可能でな高音質レコーダーアプリです。iTunesと銅器すれば録音データをMacに転送することも可能です。録音時間も無制限で、バックグラウンドでの再生や録音もできるため、iPhoneの操作を妨げません。再生時も10秒送りや60秒戻しなど簡単に送り戻しができます。初心者の方でも簡単に操作することができる扱いやすい高機能レコーダーアプリです。

録音したデータの転送方法

録音したデータをパソコンに落とす方法

iPhoneで録音したデータをパソコンに落とすことが可能です。方法はいくつかありますがここでは「iTunes経由」「メール転送」「AirDrop転送」の3通りを紹介します。どの方法も簡単ですので自分がやりやすい方法でiPhoneからパソコンへデータを移してみましょう。この中で1番おすすめの方法は、容量の大きいデータでもスピーディーに移せるメール転送です。

「iTunes経由で録音データをパソコンに落とす方法」
普段iTunesと同期する機会が多い方におすすめの方法です。

  1. パソコンとiPhoneをLightningケーブルなどで接続します
  2. ミュージックを開き「音楽を同期」と「ボイスメモを含める」にチェックをして「適用」をクリックします
  3. 同期が完了すると「プレイリスト」にボイスメモが保存されていますので、パソコンで録音データを聞くことができます

「メール転送で録音データをパソコンに落とす方法」
iPhoneの録音データをそのままメールに添付してパソコンのメールアドレスへ送ることもできます。特に録音データが長く容量が大きい場合はGmailなどを使うとスムーズです。

  1. パソコンに転送したい録音データを開きます
  2. 「共有」ボタンをタップして「メールで送信」を選択します
  3. パソコン専用のメールアドレスやパソコンでも見れるメールアドレス宛に送信するば完了です

「AirDrop転送で録音データをパソコンに落とす方法」
パソコンがMacであればAirDropによって録音データを移すことが可能です。

  1. iPhoneでパソコンに移したいデータを開きます
  2. 「共有」ボタンをタップして「AirDropで共有」を選択します
  3. データを送りたいMacを選択すれば録音データの移行完了です

録音したデータをCDに移す方法

iPhoneで録音したデータはiTunesやメール、AirDropでパソコンに移すだけでなく、CDに移すこともできます。CDに焼いて残したい場合は、この方法でデータを保存しましょう。

  1. パソコンとiPhoneをLightningケーブルなどで接続します
  2. iTunesを起動して「音楽を同期」と「ボイスメモを含める」にチェックを入れます
  3. 同期が完了するとプレイリストに「ボイスメモ」というデータが保存されます
  4. 「ファイル」から「新規プレイリスト」を選択して、作成されたプレイリストにボイスメモを追加します
  5. 空のCDを用意し「ファイル」の「プレイリストからディスクを作成」を選択すればCDにデータを移すことができます

録音したデータの共有方法Dropbox

Dropboxを使えば、iPhoneで録音したデータを簡単に共有することができます。Dropboxに移せば、どこからでもどんなデバイスからでもアクセスすることが可能です。ただし、Dropboxは無料版であれば容量が2GBまでですので、空き容量とのバランスを見て実行しましょう。

  1. Dropboxへ共有したい録音データを開きます
  2. 「共有」ボタンを選択して「Dropboxに保存」を選択すればデータをDropboxへと共有できます

録音したデータの共有方法Evernote

Dropboxだけでなく、EvernoteにもiPhoneの録音データを共有することができます。共有方法はDropboxと同じくとても簡単です。EvernoteもDropbox同様、空き容量を確認した上で実行しましょう。

  1. Evernoteへ共有したい録音データを開きます
  2. 「共有」ボタンを選択して「Evernote」を選択すれば、該当データをEvernoteへ共有できます

どれぐらいの長さを録音できるのか

iPhoneのボイスメモはどれくらいの時間録音できるのでしょうか。実は、「●時間」「●分」などという録音時間の制限はありません。「iPhoneの空き容量分だけ」録音することができます。つまり、iPhoneの空き容量が大きいと長時間録音することが可能ですし、空き容量が小さいと短い時間しか録音もできません。

そのため、できる限り長い時間録音したい場合は、まずiPhoneの空き容量を確認しましょう。iPhoneの空き容量を確認する方法は、「設定」アイコンを開いて「一般」から「ストレージとiCloudの使用状況」を選択します。すると「ストレージ」の欄に「使用可能」という項目があり、そこに表示されている容量がiPhoneの空き容量です。

ボイスメモの容量は長さ1分で約470KBと言われており、1GBの空き容量で約37時間もの録音ができると言われています。そこまで長い時間録音する機会はなかなかないような気がしますが、iPhoneの空き容量次第では、数十時間〜数千時間録音することが可能ということです。

これだけ長時間録音できるため、日常の数分〜数十分の録音では容量が圧迫されることはほとんどありません。長時間録音する際は、必ず事前に空き容量を確認するようにしましょう。

まとめ

今回、iPhoneの録音機能の特徴と使い方について紹介いたしました。ボイスメモアプリはシンプルで使いやすく非常に便利です。大事なメッセージや会議内容などを簡単に録音することができます。トリミングも素早くできますので、使っていない方は、ぜひ使ってみてみましょう!

また、ボイスメモ以外にも、iPhoneで使用できる便利なボイスレコーダーアプリがあります!無料で使用でき、ボイスメモ同様使いやすいです!いくつかのレコーダーアプリを使ってみて、1番合うものを使用していきましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です