iPhoneのデータを完全に消去してリセット(初期化)する方法

LINEで送る
Pocket

5cae5f17e787e5d9af29b87a64cb445b_s

今回は、iPhoneのデータを完全に消去してリセット(初期化)する方法について紹介いたします。iPhoneを売却する場合や人に譲る場合など、データを完全に消去し初期化する必要があります。

初期化をしないとiPhoneにはさまざまな個人情報が入ったままになってしまいセキュリティ上とても心配です。ここでは、iPhoneのデータをすべて消去したうえで初期化する方法について解説いたします。近々、初期化が必要な場合は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

iPhoneを完全に初期化する方法

iPhoneのデータを完全に消去して初期化したい場合は、次の方法で初期化をおこないます。iPhoneのホーム画面で設定アイコンを開き、一般を選択します。一般の画面を開いたら、一番下にある「リセット」を選択します。

リセット画面にいくつかの項目が一覧表示されていますので、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。パスコードを入力し、「iPhoneを消去」を選択します。これで、iPhoneのデータを完全消去し初期化することが完了です。iPhoneの初期化をおこなう前に、下記で紹介するバックアップなどは必ずおこなうようにしましょう。

iPhoneを初期化する前にやっておくこと

ここでは、iPhoneの初期化操作をおこなう前にやっておくべきことを紹介しています。特にバックアップに関しては、必ずおこなっておくようにしましょう。AppleWatchを使っている方はiPhoneとのペアリングの解除設定も必要です。

iPhoneのバックアップを取っておく(iTunesの場合)

iTunesを使ってiPhoneのバックアップをとりたい場合は次の方法でおこないます。パソコンでiTunesを起動し、iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続します。iPhoneのパスコード入力や「このコンピュータを信頼しますか?」と表示されますので「信頼」をタップし進めていきます。

iTunesの画面でiPhoneを選択し、画面右側にある「今すぐバックアップ」をクリックします。バックアップが完了したら、無事にバックアップが取れているかを確認します。確認する方法は、iTunesの環境設定を開き、デバイスを選択します。「デバイス環境設定」画面にiPhoneの名称とバックアップ時刻が表示されていれば、無事にバックアップが取れている証拠です。

iPhoneのバックアップを取っておく(iCloudの場合)

iCloudを使ってiPhoneのバックアップを取る方法は次の通りです。iCloudでバックアップを取る場合はWi-Fiネットワークでないとできませんので、iPhoneをWi-Fiネットワークに接続し、設定アイコンからiCloudを選択します。

一覧の中から「バックアップ」を選択します。バックアップを選択すると、「iCloudバックアップ」をオンにします。「iCloudバックアップ」がオンになっているうえで、「今すぐバックアップを作成」を選択し、iPhoneのバックアップを作成します。iCloudにバックアップが完了したら、念のためバックアップが無事に完了しているかを確認するようにしましょう。

iCloudのバックアップの確認をする場合は、設定からiCloudを選択し、「容量」選択します。次の画面で「ストレージ管理」をタップすると、バックアップの時刻が表示されています。

iPhoneのバックアップを取る際にiTunesで取るのとiCloudで取るのとの違いは、iCloudはバックアップデータをクラウドのiCloudに保存し、5GBまでは無料で保存することができます。(有料であればもっと大容量保存することが可能です)、バックアップデータに関しては常に暗号化されているためセキュリティも安心です。

また、Wi-Fiネットワークに接続できる環境であれば、どこからでもバックアップデータを作成することや、確認、使用することができます。iCloudのストレージの空き容量を確認するには、設定のiCloudから容量を選択し、ストレージを管理を選びます。すると、空き容量が表示されていますので、どれくらいのiPhoneのデータがバックアップできるか確認します。

iTunesでバックアップをする場合は、MacもしくはWindowsパソコンが必ず必要になります。どれだけの容量のバックアップができるかは、パソコンの空き容量によります。そのためパソコンの空き容量が少ない場合はすべてのデータをバックアップできない可能性もありますし、パソコンの空き容量が大きくある場合はどれだけでも無料でバックアップを取ることができます。

万が一iCloudのストレージ容量が足りない場合は、ストレージプランをアップグレードして使える容量を増やすか、不要なバックアップデータや写真、動画、メールなどを削除して空き容量を増やします。iCloudのストレージプランをアップグレードする場合は、設定からiCloudを選択し、容量を開きます。

そして「ストレージプランを変更」を選択すると、アップグレードの容量ごとの月額利用料金が表示されていますので、希望のプランにチェックをし、画面右上の「購入する」を選択します。メニューは50GB(月130円)、200GB(月400円)、1TB(月1300円)、2TB(月2500円)となっています。購入する際にはAppleIDとパスワードの入力が必要になります。

iPhoneを探す設定をオフ設定にしておく

iPhoneを初期化する前に「iPhoneを探す」設定をオフにしておきましょう。設定を開き、iCloudをタップし、iPhoneを探すを選択します。iPhoneを探す画面でオフ設定に切り替えます。オフ設定にする際にAppleIDとパスワードの入力が必要になりますので、入力し設定変更をおこないます。

iPhoneとAppleWatchとのペアリングを解除しておく

iPhoneを初期化する際に、事前にAppleWatchとのペアリングを解除しておきましょう。AppleWatchとのペアリングを解除する方法は、iPhoneでAppleWatchのアプリを開き、マイウォッチのAppleWatchに進みます。「AppleWatchのペアリングを解除する」とありますので、選択します。

「AppleWatchのペアリングを解除する」を選択すると、iPhoneにAppleWatchのバックアップデータが作成されます。AppleWatchに「ペアリング開始」という表示がされればiPhoneとAppleWatchとのペアリング解除が完了しています。

まとめ

今回、iPhoneのデータを完全に消去してリセット(初期化)する方法について紹介いたしました。機種変更などに伴う、中古店などへのiPhoneの売却の場合や、人に譲る場合は、必ずすべてのデータを消去したうえで初期化するようにしましょう。お店が初期化をしてくれるからといって、すべてを任せてしまうと心配です。

バックアップさえしっかりと取っていれば、完全消去&リセットは簡単な操作で実行することができます。新しいiPhoneが発売された時期でもありますので、初期化をしなければいけない場合は、事前にiCloudの容量なども確認しておくようにしましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です