iPhoneの連絡先をiTunesにバックアップを取る手順

LINEで送る
Pocket

皆様、iPhoneを購入してから「バックアップ」をちゃんと取っていますでしょうか?もし、iPhoneを購入してから一度も「バックアップ」を取得していない場合、トラブルが起きてiPhoneが壊れてしまった時など取返しのつかないことになってしまうかもしれません。そうなる前に、連絡先など大切なデータはしっかりと「バックアップ」を取得しておきましょう。

そこで今回は、iPhoneの連絡先をiTunesにバックアップする方法をご説明したいと思います。言葉の響きから難しそうと考えずに、慣れてしまえば誰でも簡単にできることですので、ぜひとも挑戦してみてください。

スポンサーリンク

iPhoneの連絡先をバックアップする方法

iphone-563069_1280

「バックアップ」を取っておいてどういった時に便利なのか?例えば間違ってデータを削除してしまった場合やiPhoneの修理に出したとき、またはiPhoneをどこかに無くしてしまったときなど、iPhoneに何かあったときにバックアップを取っておいて安心できる場面は多々あります。iPhoneにトラブルがあった場合だけではなく、新しくiPhoneを購入したときなども以前のiPhoneのデータを引き継ぐためにバックアップは必要になってきます。

iPhoneのバックアップには、二種類の方法があります。一つは、必要な道具はiPhoneとWi-Fiがあればできる「iCloud」を使用する方法です。iCloudでのバックアップの場合、保存できる容量が少なく完全にバックアップを取ることは難しいです。そこで今回は、「iTunes」を使ったバックアップの方法をご説明していきたいと思います。

iTunesでバックアップを取る場合、必要な道具は「iPhone、Lightningケーブル、パソコン」の三つです。iTunesを使えば、連絡先だけではなく大切な写真や動画、アプリのデータなども保存できます。ぜひとも、iTunesでバックアップを取得するのをオススメします。

iTunesとは?

iTunesとは、Apple社が提供している無料で使用することができるメディアプレーヤーのことを言います。もし、iPhoneの中の消したくはないデータが5GB以上あり、iTunesのバックアップに使用するパソコンが使える環境にあるのであれば、iTunesを使ったバックアップに挑戦してみてください。

iTunesでバックアップを取得する方法

home-office-336378_1280

まず、iTunesがパソコンにインストールされているか確認しましょう。インストールされていない場合は、こちらの「Apple公式サイト」にある「今すぐダウンロード」をクリックしてダウンロードし、パソコンにインストールをしてください。インストールが完了したら、次にiTunesを起動しましょう。もし、既にインストールされている方はiTunesが最新バージョンであるかの確認を忘れないようにしてください。

次に、iPhoneとパソコンをLightningケーブルで繋ぎます。初期設定のままなら、繋いだ時点でiTunesが起動してるかと思います。もし、なんらかの理由で起動しなかった場合、その場合は直接iTunesを起動しましょう。Windowsの場合はスタートメニュー、もしくはデスクトップにあるショートカットから起動してください。

Macの場合、デスクトップをクリックし画面上にある「移動」メニューを開きます。開いたら「アプリケーション」をクリックし、iTunesを探してダブルクリックすれば起動します。WindowsとMacでは、多少選択する項目が違います。Windowsの場合、iTunesが起動したら画面左上にあるアイコンをクリックし、設定をクリックして開きます。Macの場合は、画面左上にある「iTunes」をクリックし、「環境設定」を開いてください。

「デバイス環境設定」が開いたら、次はその中にある「デバイス」の項目をクリックして選択してください。このときに、下のチェックリストにある「iPad、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れておきましょう。「自動的に同期した方が便利なのになんで?」と思った方のためにご説明します。

この項目にチェックを入れておかないと、iPhoneをパソコンと繋ぐたびに自動的に同期をされてしまいます。重要なデータが増えていないのに、毎回同期チェックをされるのは時間の無駄です。それに、データが重複してしまう恐れもあります。確かに便利な設定に感じるかもしれませんが、自動的に同期をしない設定の方が面倒が増えないかと思います。

次に、iPhoneのアイコンをクリックします。表示された情報の中に、「今すぐバックアップ」があるのでそれをクリックすればバックアップが開始されます。「今すぐバックアップ」の下に表示されている、「最新のバックアップ」のところにバックアップした時間が表示されていればバックアップは無事完了です。

更にiPhoneのデータをバックアップしたい場合

iphone-563064_1280

初期の状態から、iPhoneの設定情報や写真、動画や連絡先といったデータはバックアップすることができます。そこから更に、iPhoneのさまざまなデータをバックアップしたい場合は、「iPhoneのバックアップを暗号化」の項目にチェックを入れれば可能です。iPhoneのバックアップを暗号化することにより、メールアカウントのパスワードやWi-Fiのパスワード、一部のアプリのパスワードなどの情報もバックアップすることができるようになります。

暗号化にチェックを入れたときに、暗号化のためのパスワードを設定します。注意しなくてはいけないのが、このパスワードを忘れてしまうとバックアップからiPhoneへとデータを復元することができなくなってしまいます。このパスワードだけはメモなどに書いておき、忘れないよう大切に保管しておきましょう。

更に安全性を高めるために

せっかく取ったバックアップ、これもパソコン次第ではいつ使えなくなってしまうか分かりません。そういったときのために、「外付けHDD」にiTunesのバックアップを保存しておくのをオススメします。パソコンが故障してしまったときやiTunesのバックアップデータが消えてしまったときなど、これがあれば少しは安心できます。

やり方は簡単です、iTunesライブラリ内のデータは「iTunes Media」フォルダの中に保存されています。ですので、外付けHDDの方にiTunesフォルダ事バックアップしてしまえばいいのです。外付けHDDを使ったバックアップで注意する点は、バックアップ先となるHDD内の空き容量がiTunesフォルダより空いているかどうかです。

iTunesフォルダのサイズを調べる方法は、iTunesフォルダを右クリックし「プロパティ」を選択します。表示されたデータの中に、ファイルのサイズが載っていますので、サイズの確認だけはしっかりとしておいてください。iTunesフォルダが置いてある場所ですが、Windowsの場合、デフォルトの設定のままならば「マイミュージック」のフォルダ内に保存されています。

さまざまな大切なデータが保存されているiPhone、事前にしっかりとバックアップを取得しておき、もしもの事態に備えておくよう心がけましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です