iTunesを使ってiPhoneに音楽を転送する方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneを、音楽プレーヤーとして使用している方も多いと思います。ですが、パソコンからiPhoneへ曲や音楽を入れるときに、少しばかり手間取ってしまう方も多いかと思います。手順通りにやらないと、失敗してちゃんと音楽が入っていなかったり、音楽をiPhoneに転送することができなかったりと、簡単なことでつまづいてしまい音楽を入れるのが面倒になるなど、誰しも1回は経験があると思います。

今回は、iTunesを使ってiPhoneへ音楽を転送する方法をしっかりとご紹介していきたいと思います。この記事を参考に、ぜひ皆さんも挑戦してみてください。

スポンサーリンク

iPhoneに音楽を転送する方法

iphone-563069_1280

まず、最初にしておかなければいけないのが、iTunesをパソコンにインストールしておくことです。注意しておかなければいけないのが、CD音源をiPhoneに転送するには、iTunes経由からでないと転送することができません。CDをパソコンに読み込ませ、そのまま直接入れるといったことはできないので、この点には注意をしておきましょう。

CDから音楽をiPhoneへ転送する場合

それでは、まずはパソコンでiTunesを起動しましょう。iTunesがパソコンにインストールされていない場合は、Appleの公式サイトから無料でダウンロードできますので、ダウンロードしてインストールをしておきます。

iTunesを起動したら、次はパソコンに音楽CDを入れましょう。iTunesの初期設定では、CDを認識すると「インポート(取り込み)」をするか確認する画面が表示されます。CDをインポート(取り込み)したい場合は、そのまま「はい」をクリックしてください。

もし、ここでインポートの確認画面が表示されなかった場合は、CDの楽曲リスト画面の右上にある「インポート」をクリックしてください。パソコンがインターネットに接続されている場合は、CDを認識した時点で「曲名・アーティスト名・CD情報」が自動でCDDB (Compact Disc DataBase)から自動でCD情報を取得してくれます。もし、自動で楽曲リストが表示されなかった場合は、iTunesの画面左上に表示される「CD」アイコンをクリックすることで、楽曲リストが表示されます。

次に、インポートの設定画面が表示されます。ここでは、「インポート方法(ファイル形式)」「設定(音質)」などを選択することができます。初期設定では、インポート方法は「AAC」になっていると思いますので、ここでお好みの音質を選択しましょう。それぞれのファイル形式は、簡単に説明しますと。

  • AAC 圧縮されており、MP3よりも対応機器は少ない
  • AIFF WindowsでいうWAV、Mac機器の標準の音声ファイル形式、無圧縮なので理論上は音質はCDと同等
  • Apple ロスレス(ALAC) 理論的にはCD音源と音質は同等、一部認識しない機器があるが、Apple製品しか使用しない方はオススメ
  • WAV AIFFと同等、Windowsの標準音声ファイル形式、同じく無圧縮
  • MP3 最もメジャーな音声ファイル形式、対応機種は多いが、圧縮されているため音質は若干落ちる

音質だけで考えた場合、無圧縮の方がいいですが、無圧縮の場合はファイル容量がかなり大きくなってしまいますので、自分のiPhoneの容量と相談しながら決めていくのが良いかと思います。インポート(取り込み)が完了した楽曲は、チェックマークが付くので一目で分かります。

全ての楽曲に、チェックマークが付いたらインポート(取り込み)完了です。「取り出し」アイコンをクリックすれば、CDを取り出すことができます。

次に、iTunesに取り込んだ音楽をiPhoneに転送したいと思います。iPhoneを、Lightningケーブルを使いパソコンと繋ぎ同期をします。同期をすることにより、iTunes内の音楽をiPhoneへ転送することができます。

iTunesとiPhoneの同期方法

iTunesの画面左上に表示されている「iPhone」のアイコンをクリックしましょう。左側に表示される設定欄から「ミュージック」を選択します。「音楽に同期」にチェックをし、iTunesのミュージックライブラリにある音楽全てを転送したい場合は「ミュージックライブラリ全体」にチェックを入れましょう。チェック後、画面右下にある「適用」をクリックすると、iPhoneとiTunesの同期が開始され音楽が転送されます。

iPhoneへ音楽ファイルを転送する場合

file-157956_1280

続いては、MP3やAACといった音楽ファイルをiPhoneに転送する方法をご紹介したいと思います。こちらも同じように、iTunesを起動しiTunesから転送します。このとき、注意しないといけないのがWMAファイルはMP3/AACファイルに変換され追加されるのと、保護されているファイルは保護を解かないと追加することはできません。

あらかじめ、音楽フォルダにまとめておくなどしておけば、複数の音楽ファイルを一括でiTunesに追加することができるので手間が省けます。

 
それでは、音楽ファイル(フォルダ)をiTunesに追加してみましょう。やり方はいたって簡単、iTunes上にドラッグ&ドロップすればいいだけです。または、左上のアイコンをクリックし「ファイルをライブラリに追加」を選択、メニューバーを表示しているならばメニューの「ファイル」から「ファイルをライブラリに追加」を選択することもできます。音楽ファイルをiTunesライブラリに追加する場合、追加した音楽ファイルを「iTunesMedia」フォルダにコピーすることをオススメします。
 
なぜなら、追加した音楽ファイルをパソコン内で別の場所に移したり、削除をしてしまうとiTunes上で再生することができなくなってしまいます。ですので、iTunesライブラリに追加するときに「iTunesMedia」フォルダにコピーをしておきましょう。そうすることにより、移動したり削除した場合でもiTunes上で再生することができます。音楽ファイルを「iTunesMedia」フォルダにコピーする方法は簡単です。
 
iTunes左上にあるアイコンをクリックし、「設定」を選択します。メニューの編集からも「設定」を開くことはできます。「詳細」の項目を選択し、「ライブラリへの追加時にファイルを『iTunesMedia』フォルダにコピーする」にチェックを入れます。そして「OK」を選択すれば完了です。これで、ライブラリにファイルを追加するたびに自動で「iTunesMedia」フォルダにコピーされます。iTunesに、追加された音楽を確認したい場合は、ライブラリの「ミュージック」から確認することができます。
 
そして、上記に書いた通りにiPhoneとiTunesを同期させれば完了です。

iTunesStoreの音楽を転送する場合

iTunesStoreの音楽をiPhoneに転送する場合ですが、こちらは特にこれといった作業は必要とせず、普通にiPhoneとiTunesの同期を始めればOKです。
 

一度設定してしまえば後は簡単に

最初は、慣れない作業なだけに面倒に感じるかもしれませんが、一度設定をしてしまえばOKですので、あとあとのためにもぜひ設定をしておくことをオススメします。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です